チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

青森県旅行記

【三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)】 日本最大級の縄文集落跡。縄文時代は一万年も続いた

投稿日:2017年6月19日 更新日:

前回、小牧野遺跡(こまきのいせき)を取り上げましたので、今日はそれよりも古い時代の遺跡「三内丸山遺跡」を紹介したいと思います。

 

青森駅、新青森駅にも近く、整備された遺跡なので交通アクセスは良く、入場料・駐車場代金無料です。

旅行記

縄文時代の大規模な集落と言えば、青森県の「三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)」。

 

弥生時代の大規模な集落と言えば、佐賀県の「吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)」が有名ですね。吉野ヶ里遺跡はまた後日、紹介したいと思います。

 

 

こちら、新青森駅構内にあった、三内丸山遺跡の顔出しパネル。

 

 

 

遺跡の入り口施設「三内まほろばパーク 縄文時遊館」では、縄文土器の巨大レプリカの前で、記念撮影が出来ます。

 

「芸術はバクハツだ!」の岡本太郎さんは、縄文文化(中でも火焔型土器)を大絶賛しました。

→→岡本太郎美術館の記事はこちら(神奈川県川崎市の生田緑地内にあります)

 

 

クネクネぐるぐると不思議な縄文土器の模様ですが、パプアニューギニアのクウォマ族も、似たような模様の土器を作るそうです。
クウォマ族の模様は「自然の精霊」をかたどったもので、日本の縄文土器の模様も、祭祀的な意味があるのかもしれないそうです。

 

 

 

息子がもらったミニ冊子。クイズがいくつか付いていて、勉強になります。

  • ムラのおじいちゃんが死んだら、穴を掘って土を盛ってお墓を作る。
  • 小さな子どもが死んだら、土器の棺に入れてあげる。
  • 特別な人は、円形に石を並べたお墓にする。
  • 縄文人の成人男性の平均身長は158cm、女性は149cmだった。

 

さんまるミュージアムでは、三内丸山遺跡から出土した重要文化財約500点を含む総数約1700点の遺物が展示されています。

 

 

 

こちら、黒曜石製石槍。

10:30、13:30の二回、20分間のミュージアムガイドがあるので、縄文文化がお好きな方はぜひ参加して下さい。

 

 

 

 

重要文化財。高さ32cmの大型板状土偶。・・・口から何かが出てきそう。

 

亀ヶ岡遺跡からは宇宙人?のような「人物像と呼ぶには奇抜すぎるなぁ」と驚いた遮光器土偶が出土しましたが、それよりも昔の時代である三内丸山遺跡の土偶は、シンプルな板状です。

 

 

 

こちら青森の亀ヶ岡遺跡から出土した「遮光器土偶」。三内丸山遺跡よりも、後の時代のものです。

この遮光器土偶を模した駅舎が、五所川原市にあります。

→→巨大な遮光器土偶の駅舎・木造(きづくり)駅の記事はこちら・・・謎の古文書(?)についても書いてあります。

 

 

 

三内丸山遺跡からは、板状土偶がたくさん出てきたようです。


出土した土偶は1600点を超えるというから驚きですね。一遺跡の出土例としては、列島最多例なのだそうです。

 

館内で板状土偶を作る体験コーナーがあって、やりたかったのですが、時間の都合であきらめました。

 

 


 

 

パンフレットから年表を貼っておきます。


三内丸山遺跡は、前期中頃から中期末葉。この遺跡周辺で、縄文人が定住していたのはBC3500~2000年の1500年間にもなるそうです。

 

 

その後で、前回紹介した小牧野遺跡。

 

 

そのまた後で、前々回紹介した木造駅のシャコちゃんのモデルとなった遮光器土偶の亀ヶ岡遺跡へと続いていきます。

 

 

 

それぞれの遺跡の位置。1~18は、「北海道・東北の縄文遺跡群」です。

北海道・東北の縄文遺跡群 公式HPはこちら

縄文時代そのものは一万年ほど続き、日本列島全土をほぼ覆う地域(沖縄~北海道)に展開されました。

 

 

こんなに持続性のある文化は、世界的に見ても、めずらしいそうです。

 

 

 

ナゾの縄文人・・・。

日本人のご先祖様とも言われていますが、「日本人」にはいろんなルーツがあるようです。(顔つきの濃いのや薄いのや、一つの民族とは思えないところも、確かにある気がする)

 

「縄文人ゲノム解読 私たちのルーツは」・・・日本列島3人類集団の遺伝的近縁性。

 

日本人の祖先のルーツをたどる・・・多くの日本人は祖先の系統ごとに大きく10種の「ハプログループ(ミトコンドリアハプログループ)」に分類される。

 

 

・・・まぁ、同じ地球に住んでいますからね。

 

人の流れは広範囲だったでしょうし、闘争と和合で民族が消えたり混血したりしているでしょう。

 

 

様々なルーツのご先祖様達から、現在の「私達(日本人)」へ繋がれた命のバトン。

 

現在、「日本人」として、仲良く暮らしているのは、とても素晴らしいことであると思います。

 

 

 

パンフレットから拝借。三内丸山遺跡マップ。

見所がたくさんありますが、⑪⑫の大型掘立柱(ほったてばしら)建物跡と、⑤と⑬の大型竪穴住居跡はTVやガイドブックでも有名。

 

 

これもパンフレットの写真でごめんなさい。(忙しくて写真どころではなかった)

⑫の大型掘立柱(ほったてばしら)は、⑪の痕跡から復元された建物です。
柱穴は直径・深さともに2m。穴の感覚は全て4.2mに揃えられており、中には直径1mの栗の柱が残っていたそうです。

 

・・・そう、わかっているのは柱の直径であって、高さではないんですね。推測で復元されているわけですが、実際はどれほどの高さだったんでしょうか。どんな建物だったのでしょうか?

 

「穴を揃えている」ところが、高い技術をうかがわせますね。

 

建物として復元されていますが、この柱が本当に建物だったのかはわからないようで、一説ではこの6本の棒で太陽の動き(夏至・冬至)を見ていたのではないか・・・とも言われているそうです。

 

また、諏訪大社の御柱のような、信仰の対象だった、とする説もあるそうです。

 

 

・・・いろんな説がありますが、どうなんでしょうね~???

 

 


 

 

私は太陽の動き説かなーと、勝手に思ってます。秋田の大湯環状列石と、黒又山(クロマンタ)も、太陽の動きを見ていたとする説があるようです。

 

 

 

こちら、⑬の大型竪穴住居の全体図。パンフレットの写真。

 

 

 

竪穴住居は、これまでに550棟以上見つかり、15棟を復元しています。



この集落には500人くらい住んでいたのでは・・・と推定されているそうです。

 

 

写真には撮っていませんが、「南盛土(みなみもりど)」は、大量の土器・石器・土偶やヒスイの玉などが土と一緒に捨てられて、約1000年間で丘のようになった所を、鎌倉の切通しみたいに切り開いて道にしてくれているので、断面を観察することが出来ます。

 

 

全国の縄文遺跡のゴミ捨て場を調べると、動物質食料の骨として、鹿、イノシシの骨だけで70%を占めますが、三内丸山遺跡ではムササビと野うさぎの骨が70%ほど占め、魚なども食べていたようです。

 

 

狩猟採取だけで暮らしていたのではなく、集落の近くに栗林を作り、栗、くるみを多食していたようです。

 

縄文人は狩猟と移住のイメージが強いですが、栗のほか、豆、ごぼう、エゴマ、ひょうたんなども栽培し、ニワトコでお酒も造っていたようです。

 

豊富な食料を、火と土器を使って煮炊き、保存する技術は、定住化に大きく貢献しました。

 

 

三内丸山遺跡では、一日8回くらい(繁忙期はもっと頻回)ボランティアガイドが1時間ほど説明してくれますので、お時間に余裕のある方、ぜひ説明を聞いてみてはいかがでしょうか。(私も聞きたかった~)

 

縄文シアター、体験工房も面白そうです。

 

北彩館で売っていた冷凍おにぎりは「またぎめし」だったかなぁ? 山菜がたくさん入っていて、なかなか美味しかったです。

 

「れすとらん五千年の里」という飲食店も入っていますので、半日~一日遊べるところだと思います。

 

 

私のオススメはミュージアムショップ。縄文文化関係の書籍がたくさん売られていました。

 

 

以前、「NHKスペシャル アジア巨大遺跡 縄文奇跡の大集落~1万年持続の秘密~」という番組を見ました。

番組HPはこちら

 

縄文時代は1万年以上も続き、世界的に見てもこれほど長く続いた文明はない

 

四大文明にあって、縄文文化に無いのは「農耕」。

 

およそ2300年前に弥生時代に入って、農耕・富の差が出てきて、よく変わる時代になっていったそうです。

 

 

調和と、循環式の社会」が、縄文時代を長く続かせた要因だった。

自然を持続的に活用する方法を、私達は縄文人から学ばなければ破綻してしまう

と番組は締めくくられました。

 

 

 

地球環境に科学者ら1万5千人警告 「時間切れが迫る」 ・・・184カ国の1万5364人の科学者らが「世界の科学者による人類への警告」に署名した。

 

 

 

 

イギリスの初代駐日総領事であるオールコック(初めて外国人で富士山に登った人でもある)は、日本を豊かな土地だと褒めました。

(オールコック著 大君の都より)
「このよく耕された谷間の土地で、人々が、幸せに満ちた良い暮らしをしているのを見ると、これが圧政に苦しみ過酷な税金を取り立てられて苦しんでいる場所だとはとても信じられない。ヨーロッパにはこんなに幸福で暮らし向きの良い農民はいないし、またこれほど穏やかで実りの多い土地もないと思う

 

 

 

縄文人の一万年(三内丸山遺跡では1500年)にもわたった生活を支えたのは、日本の豊かな自然環境と、縄文人の優れた精神性だったのではないでしょうか。

 

 

なんの見返りも求めず、与えられる自然の恵み。

 

 

物言わぬ自然に対し、現代人はゴミの投棄、汚染、乱開発など、恩をあだで返すような事をしているのでは・・・。

 

 

熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」でのお参りに、「人心が神と自然から離れつつある今日」の一文がありましたが、ただ消費し廃棄するのではく、あらゆるものには生命が宿るのだと、感謝して、無駄にしてはいけないのだと思いました。

 

 

 

自然との付き合い方、資源の使い方はもちろん、周辺の人との平和的な関わり方など、大きな転換期に私たちはいるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

次は、謎のスポット 新郷村(旧・ヘライ村)「キリストの墓」について書きます。

 

青森にキリストの墓~~??

 

→→青森の謎スポット「キリストの墓」、キリストの里伝承館の記事はこちら・・・キリストはゴルゴダの丘で死なず、青森に来て、三女をもうけて亡くなったらしい。イスラエルから贈られた石碑まであります。戸来(ヘライ)村は「ヘブライ」から来てる?

 

関連記事

→→国指定史跡「小牧野遺跡(こまきのいせき)」の記事はこちら・・・青森市。三内丸山遺跡よりも少し後の遺跡です。

→→巨大な遮光器土偶の駅舎・木造(きづくり)駅の「シャコちゃん」に会いに行こう! ・・・小牧野遺跡よりも少しあとの遺跡です。遮光器土偶と、亀ヶ岡遺跡についてちょっと書いています。

→→大湯環状列石の記事はこちら・・・日本で一番有名なストーンサークル。秋田県鹿角市。

交通アクセス

青森駅前⑥ 青森市営バス乗り場から乗車、三内丸山遺跡前下車(310円)
青森駅前⑦シャトルバス乗り場から「ねぶたん号」乗車、三内丸山遺跡前下車(200円)
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、駐車場は無料です。

料金について

無料。

近くの宿泊施設

ホテルサンルート青森。青森駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-青森県旅行記
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル】 奥入瀬渓流に近いホテル

前回、奥入瀬渓流を取り上げたので、次は「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」について書きます。   目次1 宿泊記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイ …

青森の「キリストの墓」に埋葬されているのは、本当にキリストなのだろうか

6月26日にこの記事の8割くらいを書いていたのですが、途中でパソコンに不具合が起こったため、今日になってしまいました。   前回の記事、青森の謎スポット「キリストの墓」の記事はこちらからご覧 …

【五所川原立佞武多祭り②】 とにかくデカくて首が痛い! 吉幾三さんの生唄を聴いた!

前回、立佞武多の館から山車が出陣するところまで紹介したので、その続き。 いよいよ祭り開始だよ~♪ 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行 …

【虹の湖公園】 青荷温泉ランプの宿への送迎バス発着所。デカイこけしの〇〇〇!

今日は、ランプの宿「青荷温泉」を紹介したのですが、まずは交通アクセスの紹介からやりたいと思います。   目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の …

青森に浦島太郎の竜宮城があった? 和歌山には桃太郎の鬼ヶ島があった?

私たちが訪れた青森の観光スポット紹介が終わりましたので、今日は「青森に竜宮城があった?」という過去のTV番組のお話です。   青森の海底には全長8kmにもわたる巨大海底遺跡がある。 青森には …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ