チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

秋田県旅行記

【大湯環状列石】 クマの目撃で立ち入り禁止でしたが、2018年4月末の電気柵設置で、史跡内見学再開

投稿日:2017年9月8日 更新日:

前回の【大湯ストーンサークル館】の続きです。

2017年7月、大湯環状列石史跡内で熊が目撃されたため、私たちが訪れた8月末も、9月現在も史跡内は立ち入り禁止でした。(2018年4月末に電気柵が設置され、施設見学が再開されました)

旅行記

大湯環状列石史跡マップ。

私達が訪れた時は、史跡への入り口に「クマ出没のため立ち入り禁止」の札がかけられ、入れませんでした。

 

 

大湯環状列石を上空から撮影した写真。真ん中の道路が66号線。

写真右下の方に大湯ストーンサークル館があり、徒歩5分ほどしか離れていません。

右が万座環状列石、左が野中堂環状列石で、その中心を結ぶ直線の延長線上は、夏至の日没方向を示しているそうです。

 

 

 

66号線の路側帯から撮った、野中堂環状列石。

「熊出没注意」の看板と、立ち入り禁止ロープが張られていました。

 

 

 

前回の記事でも貼りましたが、もう一度、野中堂環状列石の写真を貼ります。

 

 

 

ストーンサークル館にあった、野中堂環状列石の日時計型組石模型。

 

 


 

 

66号線を挟んで向かい側が、国内最大のストーンサークル「万座環状列石」なのですが、入り口はこのように立ち入り禁止。

 

ああっ、このロープの向こうの道をたどれば、憧れの巨大ストーンサークルがあるのにっ! 

 

残念じゃぁ ヽ(′Д`;)ノ

 

 

発掘されている中では日本一のストーンサークル、見たかった!

 

 

路側帯からアイフォンで撮影。

 

 

 

万座環状列石。

 

 

 

ストーンサークル館にあった、万座環状列石の日時計状組石模型。

まぁ、クマはいつ出没するかわかりませんものね。

 

仕方がないです・・・。

 

本州に生息しているのは、ツキノワグマです。体長120 – 180センチメートル。

鹿角市HP 熊の出没情報はこちら
「2017年7月15日の12時半ごろ、大湯字万座の遺跡敷地を横断」とあるので、それ以降立ち入り禁止になっているようです。・・・にしても、熊の目撃数が多いですねぇ。(秋田に限りませんが)

 

 


 

 

この後訪れた湯瀬温泉も、八幡平も「熊が出た」の話で、「熊ばっかりやなー」と思いました。(←クマの生息地なのでクマばっかりなのは当然ですが)

 

くれぐれも、立ち入り禁止の注意書きを無視して入らないようにしましょう

「●●県 熊出没」
「●●県 熊注意報」

などの検索で、クマに関する情報が出てきます。

 

 

これから秋のハイキング・トレッキング、キノコがりシーズンですが、情報を集めて、複数で行動するのをオススメします。

 

もしもクマに遭遇した時は、背中を見せて走ってはいけません。熊は人間よりも走るのが速い上に、背中を見せて逃げるものを追う習性があるそうです。
ゆっくりと後ずさりして距離をとるのが良いそうです。
「もしも襲い掛かってきたら、あきらめずに戦うべし!」とTVでやっていました。(鼻が弱点なので殴る)

 

北海道で山に入る方は、ヒグマの目撃情報にご注意を・・・。

 

熊は昔から山に住んでいたのですから、むやみに恐れる必要はないけれども、正しく恐れる必要はあると思います。

WWF クマについてのページはこちら
クマとの共存を目指して WWF

 

なにげに、日本国内での「動物による死亡事故で、一番多いのがスズメバチ」だそうで、年間20人ほどが亡くなっているのだそうです。
スズメバチの活動期は秋。
黒い服を着ていかない、ニオイの強いものを身にまとわないなどのご注意を。

 

(追記)

2017年の秋田県内でのクマ目撃数は1,297件にのぼり、前年同時期の872件を大幅に上回り、過去最多となったそうです。

熊捕獲数は、769頭(2016年は476頭)で、冬季捕獲も58頭を上限に、9年ぶりに解禁したそうです。

 

ツキノワグマの生態と人身被害防止・・・人を恐れない熊が増えているそうです。人間は積極的にクマを寄せ付けないなどの、被害防止対策が必要。写真も豊富で、マタギサミットの様子など、大変勉強になるので、ぜひご覧ください。

 

 

大湯ストーンサークルは、2018年4月末に電気柵が設置され、指定のコースのみ見学ができます。必ず、見学時間、見学ルートの指示に従ってください。

 

 

資料館については前回書きましたので、大湯ストーンサークル館の記事でご覧ください。

 

 

次はピラミッド型で有名な、黒又山(クロマンタ)を取り上げます。

→→黒又山(クロマンタ)の記事はこちら・・・日本で一番きれいなピラミッドと言われています。

 

 

関連記事

青森の縄文遺跡です。
→→小牧野遺跡の記事はこちら・・・青森の巨大ストーンサークル。

→→三内丸山遺跡の記事はこちら・・・最大級の縄文集落跡。

→→大石神ピラミッドの記事はこちら・・・青森に5万年前のピラミッド?

→→ゴールデンウィーク(秋も)「クマ」にご用心!  人間を恐がらないクマが、増えているらしい。 

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、鹿角花輪駅からバスに乗車し、環状列石前で下車。
鹿角市内バスはこちらでご覧ください。

車で行く場合、無料駐車場があります。

料金について

4月~10月は毎日開館。午前9時~午後6時まで。
11月~3月までは月曜休みで、午前9時~午後4時まで。
大人300円、子供100円。

近くの宿泊施設

縄文のふる里 大湯温泉 ホテル鹿角。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-秋田県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【尾去沢(おさりざわ)鉱山】 ウィンドブレーカー必須! 一人ではちょっとコワイ

最近いろいろ忙しくて更新が遅くなって、ごめんなさい。 ほぼ一週間ぶりですが、尾去沢(おさりざわ)鉱山について書きます。(午前1時の夜更かし記事・・・)   目次1 旅行記1.1 関連記事2 …

【後生掛自然研究路】 日本一の泥火山を見て、黒たまごを食べる

続けて、秋田県鹿角市の観光記事です。 夫の故郷青森市から南下して、秋田県小坂町を観光してから鹿角市に入り、「四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテル」に宿泊した翌日、八幡平(はちまんたい)を通って、岩手県盛岡 …

【康楽館(こうらくかん)】 約100年前に建てられた、日本最古級の劇場

先週、夫の故郷に帰省し、帰りは青森市から秋田→岩手へと抜けて、盛岡駅から新幹線に乗車して帰りました。   秋田県小坂町観光→秋田県鹿角市観光→八幡平→岩手県の順で書いていきたいと思います。 …

【小坂鉱山事務所】 鉱産額日本一、銀山日本一の栄華を誇った小坂鉱山の資料館

続いて秋田県小坂町の観光です。 前回の【康楽館(こうらくかん)】の隣に、小坂鉱山事務所があります。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅 …

【八幡平ビジターセンター】 大沼の向かい側にあり、泥火山も見れます

続けて鹿角市の観光です。 後生掛温泉の隣にある後生掛自然研究路で、日本一の泥火山を見た後、ビジターセンターへ行きました。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 近くの宿泊施設5 お …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ