チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

青森県旅行記

【青荷温泉 ランプの宿】 館内の照明はランプのみ! 初めて天の川を見た!

投稿日:2017年7月19日 更新日:

前回、ランプの宿 青荷温泉への無料送迎バスが出ている虹の湖公園を紹介しました。

今日は、ランプの宿について書きます。

宿泊記

赤い丸で囲んだところが、「ランプの宿」です。


道の駅虹の湖(虹の湖公園)から、ランプの宿までは、車で20分くらいです。

 

公共交通機関で行く場合、
1)最寄駅から東京駅へ。東京駅から新青森駅へ新幹線で移動
2)新青森駅→青森駅→弘前駅→黒石駅と電車を乗り継ぐ
3)黒石駅から虹の湖公園へバスで移動
4)虹の湖公園から宿まで無料送迎バス
と、ずいぶん遠いですが、いろんな乗り物を乗り継いで楽しかったです。

 

→→虹の湖公園の記事はこちら・・・ランプの宿への無料送迎バスが出ています。

 

 

 

こちらがランプの宿。山の中にあります。

 

 

 

部屋は32部屋(全和室)で、浴衣・タオル・ハブラシがあり、自分で布団を敷きます。

 

部屋の照明はランプのみで、テレビ、冷蔵庫、ドライヤーなどの家電製品がありません。

 

 


コンセントが無いので、携帯電話の充電もできません。

もちろん、クーラーも、扇風機もありません。

 

私たちが訪れたのは2012年の9月でしたが、宿は渓流沿いにあり森林に囲まれているので、涼しい風が吹き、快適でした。

網戸がちょっと破れていて「虫が入ってこないかなー」と思いましたが、大丈夫でした。

本館の他に、いくつか「離れ」があり、満室のようでした。

 

 

 

宿の近くには渓流があり、散策できます。

 

 

 

渓流にかかる橋を渡って散策道へ。




散策道は、シューベルトの小径、モーツァルトの小径と名前がついていました。

写真からも雰囲気が伝わると思いますが、すごく空気が清涼で、気持ちの良い所でした。

 


 

 

散策を楽しんで、宿へ帰る。

夫の後ろの建物は、男湯です。

青荷温泉ランプの宿は、部屋風呂が無いので、浴場のみの利用になります。

これがですねぇ・・・、私たちが訪れた2012年はシャワーがありませんでした。今でも無いのかな?

2014年に本館内湯が新装オープンしたそうですが、写真を見る限り桶のみでシャワーが無さそうです。

 

温泉はちょっとぬるく、内湯はちょうどいい湯加減でした。

お風呂は、
・シャワーが無い
・ボディソープのみ(シャンプー、リンス、クレンジング、フェイスウォッシュなどなし)
です。

 

2012年に訪れたときは、渓流への散策道から男湯が見えた(おじさんのお尻が見えた)ので、横を通るときはちょっと気まずかったのですが、新装オープンしたのでどうなっているのかな?

 

女湯は見えませんので、ご安心を。

 

 

ご飯は部屋食ではなく、大広間でみんなで食べます。

 

金曜日は津軽三味線の生ライブを聞けます。

 

部屋も食堂も風呂も、照明はランプのみなので薄暗いです。

料理が見えないということはないですが、ワサビが見つけにくかった!

ランプの光とワサビの色が合わさると、認識しづらい色になるのかな?

お出汁のきいた味噌汁、体に良さそうな山菜を中心とした食事で、おいしかったです。

お味噌汁とご飯はお代わり自由。部屋の真ん中にどーんと置かれているので、自分たちでお代わりします。

 

長いテーブルを囲んでみんなで食事するので、今まで泊まった宿の中で一番他人としゃべった宿でした。

 

食後は二度目のお風呂を楽しみましたが、照明がランプだけなので暗い!

お年を召された方・小さな子供は転ぶと危ないので、明るいうちに入るのをオススメします。

 

 

 

寝る前、外に出て満点の星空を愛でました。

山の中にぽつーんとある宿なので、星がめっちゃ奇麗!

 

天の川をあんなにハッキリ見たのは、初めてでした。

 

 

天の川を見たい方は、町から外れたところで、夏の、月あかりが無い日を狙いましょう!

 

めっっっっっっっちゃ感動しました!

 

 

 

国立天文台三鷹キャンパスの記事にも張りましたが、天の川銀河の様子です。

地球は太陽系に属しており、太陽系は天の川銀河に属しています。

 

「天の川」とは、私たちが属する銀河の中心を、地球から見たものです。

 

→→国立天文台三鷹キャンパスの記事はこちら・・・東京都三鷹市。国立天文台の本部で、無料で見学できます。

 

 

 

想像してください。

山の中の宿。

聞こえるのはせせらぎの音と、虫の声。

空を見上げると・・・

 

 


こんなきれいな天の川が、頭上にバーーーーーーーッとあるんです!!!(写真はPAKUTASOから借りました)

 

 

「星が降ってきそう」と思いました。

 

 

思い出すとまた行きたくなる!!!

 

 

TVもないしラジオもないし、ランプの明かりだけで暗いので本も読めない!

だから、早く寝る!

体に良いですよ~。

電気のある生活で、確かに便利になりましたが、暗くなったら家に帰る、暗くなったら休むというリズムが無くなり、遅くまで仕事、遅くまで遊び・・・と、なんだか忙しくなった現代人

 

 

電気の明かりで星は見えづらくなり宇宙とのつながりが薄れ、電化製品やエンジンの雑音で自然の音からも遠ざかり、草花の香りよりもはるかに強烈な人工香料で、ちょっとした自然の臭いも感じ難くなる・・・。

 

 

 

ここに泊まって、

    • 私たちが、得たもの
    • 私たちが、失ったもの

が、はっきりとわかったような気がしました。

 

 

 

これも奇麗!
姫神の音楽にのせて、素晴らしい天空ショーをどうぞ!

なんて神秘的な世界!

 

 

 

付け足しておきますと、ランプの宿は「電気がない」わけではありません。

本館には自動販売機があるので、冷たい飲み物を買えますし、駐車場は普通に明かりが灯っていました。

けれども、電気を限りなく使わない宿で、とても雰囲気が良かったです。

 

 

ランプは石油ヒーターのようなにおいがするので、呼吸器系が弱い人にはちょっと辛いかもしれません。

また、身長170cm以上の人は、ランプに頭をぶつけるので気を付けてください。

私の身長は155cmなのでかすりませんでしたが、175cmの夫は何度か頭をぶつけていました。

 

夜中にトイレに行くときも暗いので、心配な方は懐中電灯を持っていきましょう。

一泊二食1万円くらいから泊まれます。

 

ランプの宿 青荷温泉 プランで検索してください。

 

 

 

次は、田舎館村の紹介をしようと思います。

 

 

場所はこんな感じ。ランプの宿(赤い丸)の最寄駅である黒石駅の南です。

 

田舎館村は、田んぼアートで有名です。

 

 

 

 

関連記事

→→虹の湖公園の記事はこちら・・・ランプの宿への無料送迎バスが出ています。

 

ランプの宿の近くに、十和田湖、奥入瀬渓流があります。
→→十和田湖(とわだこ)の記事はこちら・・・奥入瀬渓流の水源です。

→→奥入瀬渓流の記事はこちら

→→国立天文台三鷹キャンパスの記事はこちら・・・東京都三鷹市。国立天文台の本部で、無料で見学できます。「やっぱり宇宙人っているよね」って思う。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、まず「虹の湖公園」へ行きましょう。
→→虹の湖公園の記事はこちら・・・ランプの宿への無料送迎バスが出ています。

青森駅→弘前駅→黒石駅と電車を乗りつぎ、黒石駅からバスに乗車します。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

黒石駅から虹の湖公園へのバス時刻表は虹の湖 インフォメーションでご覧ください。
お得などさ湯さ券もあり、二日間有効で往復700円で利用できます。注意事項をよく読んでご利用ください。
虹の湖公園から、宿行きの無料送迎バスが出ています。
時刻表は、こちらでご覧ください。

下調べが面倒な方は、クラブツーリズムでツアープランを探してください。バスツアーはラクで便利です。

近くの宿泊施設

ランプの宿。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-青森県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)】 銚子大滝など、めっちゃ奇麗~~~!

前回、十和田湖(とわだこ)を紹介しましたので、今日は奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)です。 ツアーなどでもお馴染みの観光スポットですね。 私たちが訪れたのは、2009年の9月でした。 紅葉には少し早い …

【弘前城】 東北で唯一の「現存天守」があります。石垣と天守台が修復作業中

青森三大ねぶた(ねぷた)祭りの紹介が終わりました。 →青森ねぶた祭りの記事はこちら →五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭りの記事はこちら →弘前ねぷた祭りの記事はこちら   &nb …

【五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭り①】 山車の出陣は、ぜひ見てください!

前回の続きで、青森三大佞武多の一つ「五所川原立佞武多」を取り上げます。   祭りは毎年8月4日から8日までで、立佞武多の館に展示している大型立佞武多の他、町内・学校・愛好会などで作られる中型 …

【青森県観光物産館 アスパム】 青森県内で一番高い建物で、津軽三味線ライブなどが楽しめる

今日からしばらく青森県旅行記の紹介をしていきたいと思います。   2016年の1月に、八甲田山雪中行軍遭難資料館と、八甲田山の樹氷の記事を書いて、およそ一年半ぶりの青森県記事です。 目次1 …

【八甲田神社】 雪中行軍遭難資料館のすぐ近く。蝦夷の砦の跡、征伐軍の戦勝祈願の地が近くにある

「そういえば、青森の八甲田神社、まだ書いていなかったなぁ・・・」と最近気になっていたので、今日は、青森市の八甲田神社(はっこうだじんじゃ)を紹介します。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス …