チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

青森県旅行記

【立佞武多(たちねぷた)の館】 青森三大佞武多の一つ「五所川原立佞武多」の展示施設

投稿日:2017年6月13日 更新日:

青森ねぶたの紹介が終わったところで、次は青森市の左隣にある五所川原市の「立佞武多(たちねぷた)の館」について書きます。

 

青森三大ねぷた(リンクで、過去の祭りページにとべますのでご覧ください)

 

旅行記

前回紹介した青森ねぶた祭り は、8月2日~7日に開催。

五所川原立佞武多祭りは、8月4日~8日に開催されています。

 

2016年の8月は、4日に青森ねぶた祭りを見て、6日に五所川原立佞武多祭り、7日に弘前ねぷた祭りを見ました。

 

青森ねぶたは、ねぶたの家ワ・ラッセ
弘前ねぷたは、津軽藩ねぷた村
五所川原立佞武多は、立佞武多(たちねぷた)の館と、それぞれ展示施設を持っているので、お祭りの時期以外に訪れても、雰囲気を何となく知ることができます。(でもやっぱり祭りが一番よー!)

 

青森ねぶたは、アスパム裏のねぶた小屋でスタンバイしていましたが、五所川原立佞武多は、立佞武多(たちねぷた)の館に保管されており、出陣がすごいんです~~。

 

 

ウィーンって、開くのよ、窓が!

 

 

出陣の様子は次の記事で紹介するとして、まずは「立佞武多(たちねぷた)の館」の展示から書きたいと思います。

 

 

一階は、土産物店と立佞武多の展示があり、ここまでは無料で入れます。

 

ここから先が有料ゾーン。大人600円、高校生450円、小中学生250円です。

じっくりと巨大な佞武多が観察できるので、ぜひ入ってください!

 

 

 

ハイ、夫はどーーーーこだっ?

一番下にパンダちゃんスタンプが小さく貼ってありますが、それが身長175cmの夫の顔の位置です。

 

どうです~~~~、ドデカーーー!!!!!(驚)

 

 

 

エレベーターで上階へ。カッコイイ~~~!!

 

 


 

 

一番左の白黒写真が、明治40年代の五所川原立佞武多。

明治時代から大正時代にかけて、競うように大きなものが作られましたが、電線が市街地に張り巡らされて運行が困難になり、低形化し、やがて姿を消してしまいました。

 

時は流れ、1993年に、明治時代のねぶた台座設計図が発見されたことが転機になります。

 

翌年の1994年に、市政40周年記念と五所川原青年会議所30周年記記念行事の一環として、市民劇団「橇(そり)の音」が結成され、その劇中で高さ7mのねぷた「若武者」が復元されました。

このねぷた制作により、高さ20mの佞武多復元が可能であることを確信した市民有志により、1996年「立佞武多復元の会」が結成され、同年に「武者」が誕生したそうです。

 

一度消えてしまった五所川原立佞武多は、このような経緯で、1998年に80年ぶりの復活を果たしました。

 

その様子が、最上階のシアターで流されていたのですが、さぞかし嬉しかっただろうと思います。

 

祭りとは、地域の伝統と誇りですものね。

 

継承されてきたものを続けることも大変ですが、消えてしまったものをもう一度再興させるとは、並大抵のことではないと思います。

 

 

青森ねぶたは毎年ねぶたを作り変えるので、大型ねぶた22台は全て新作ですが、五所川原立佞武多は毎年一つ新作を作り、一番古い立佞武多と入れ替えます。

 

 

こちら、2016年出陣の新作、「出雲阿国(いずものおくに)」。

いやー、五所川原立佞武多、復活させて良かったですよ!

こんな見事な山車、ほかには無いです!

 

 

 

こちら、出雲のお国の足。

 

 

 

出雲阿国の裏は、傘と歌舞伎役者などです。かっこいい~~~!


どの佞武多よりも巨大、青森ねぶたのように立体的、弘前ねぷたのように平面に美しい絵!

 

 


 

 

骨組みも立派です。

 

 

 

立佞武多の総重量17トン! 高さ20m!

 

 

 

着色のグラデーションが美しい~~!

 

 

 

 

鬼佞武多の迫力に驚く息子。

 

 

 

館内はらせん状の通路になっているので、子供は走りたくなりますが、「走っければ まね!!」。
津軽弁で、駄目は「まね(まいね)」です。

「ん? 何しちゅんずよ? そったごとせばまね!」← (ん? 何してるの? そんなことしちゃだめ!)

 

あああああ、津軽弁、スッキやーー!

 

青森県民の夫は、子どものころ、弟君と「関西弁でしゃべろう遊び」をしていたそうですが(おもろいかぁ?)、関西圏出身の私は「津軽弁でしゃべろう遊び」をやりたいヨ!

 

 

青森県内のねぶた分布図。


いっぱいあるのよ~~~♪

青森、楽しいとこね~♪

御飯も美味しいよぉ~♪

 

 

 

最後になりましたが、こちら、立佞武多(たちねぷた)の館。

 

あそこの巨大な壁面窓がウィーンって開いて、出てくんのよ、立佞武多がぁぁぁ!

 

 

その様子を、最上階のシアターで見てしまった私と夫は、この日の夜に弘前まで行って、弘前ねぷたを見る予定だったのを、急遽、五所川原立佞武多を見ることに変更したのでした!

 

いやぁ、やっぱりねぇ、見たいよ、ウィーン。

 

立佞武多の出陣まで2時間もあったので、夫、子供、義両親は近くのイオンへ行き、私1人だけ残って出陣式を見物したのでした。

 

 


 

 

夫達が、イオンで蕎麦定食を食べていたころ、私は1人で海鮮丼を食べていた!


500円の「のへ丼」に200円追加するとイクラ、300円追加するとウニを乗せてくれるのだー。

 

どうよ、これで700円よ!(イクラ乗せてもらった♪)

 

おかわりしようかと思ったわ~~!

 

ウマッ! σ(´~`*) ~♪

 

 

 

立佞武多の館前では、ねぶたがスタンバイしていました。何枚か写真を載せておきます。

 

 

立佞武多の出陣式は、次の記事で!

 

関連記事

青森ねぶたの記事です。
ねぶたの家ワ・ラッセ の記事はこちら・・・青森ねぶたを年中展示しています。
2016年の青森ねぶた祭り① の記事はこちら
2016年の青森ねぶた祭り② の記事はこちら

弘前ねぷたの記事です。
津軽藩ねぷた村の記事はこちら
弘前ねぷた祭りの記事はこちら

交通アクセス

五所川原駅から徒歩5分。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。
前回の青森駅から五所川原駅は、電車で1時間10分~1時間40分くらいかかります。料金は970円。

車で行く場合、最初の一時間200円、以降30分ごとに100円追加の有料駐車場があります。立佞武多展示室に入場した方、館内で2000円以上の買物・飲食をした方は2時間無料です。
祭り期間は、駐車場が激混みなので、公共交通機関で来たほうが良いです。

料金について

立佞武多展示室は、大人600円、高校生450円、小中学生250円。
美術展時ギャラリーとのセット券は、大人800円、高校生500円、小中学生300円。

開館時間は9時から。閉館時間は季節により変わるので、公式HPをご覧ください。
料金・利用時間はこちらでご覧ください。

近くの宿泊施設

ホテルサンルート五所川原。五所川原駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-青森県旅行記
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

青森に浦島太郎の竜宮城があった? 和歌山には桃太郎の鬼ヶ島があった?

私たちが訪れた青森の観光スポット紹介が終わりましたので、今日は「青森に竜宮城があった?」という過去のTV番組のお話です。   青森の海底には全長8kmにもわたる巨大海底遺跡がある。 青森には …

【田舎館村役場 第1会場「田んぼアート」】 歴代田んぼアートも見れる!

前回、駅から近い弥生の里(第2田んぼアート)を書きました。 第1田んぼアートは田舎館村役場前にあり、駅から離れているのですが、弥生の里と無料送迎バスで結ばれているのでセットで回れます。   …

【虹の湖公園】 青荷温泉ランプの宿への送迎バス発着所。デカイこけしの〇〇〇!

今日は、ランプの宿「青荷温泉」を紹介したのですが、まずは交通アクセスの紹介からやりたいと思います。   目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の …

青森の「キリストの墓」に埋葬されているのは、本当にキリストなのだろうか

6月26日にこの記事の8割くらいを書いていたのですが、途中でパソコンに不具合が起こったため、今日になってしまいました。   前回の記事、青森の謎スポット「キリストの墓」の記事はこちらからご覧 …

【五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭り①】 山車の出陣は、ぜひ見てください!

前回の続きで、青森三大佞武多の一つ「五所川原立佞武多」を取り上げます。   祭りは毎年8月4日から8日までで、立佞武多の館に展示している大型立佞武多の他、町内・学校・愛好会などで作られる中型 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ