チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

和歌山県旅行記

【紀州東照宮】 関西の日光。108段ある侍坂を上ってお参り

投稿日:2016年9月29日 更新日:

ずーっと和歌山の観光スポット、神社へのお参りを取り上げていますが、今日から和歌山市和歌浦のお参り・観光スポットについて書きたいと思います。

 

以前、マリーナシティ①ポルトヨーロッパマリーナシティ②黒潮市場の記事を書きましたが、マリーナシティから和歌浦湾をはさんだ北側に和歌浦があるので、神社へのお参りがお好きな方、綺麗な景色を見たい方はマリーナシティと併せて行くと良いかと思います。 (マリーナシティから和歌浦口までは、和歌山バスで22分、340円です)

 

和歌浦は平成22年8月、国の名勝に指定された景勝地で見所はたくさんあるのですが、2016年9月の三連休に訪れた、紀州東照宮、和歌浦天満宮、不老橋、玉津島神社、塩釜神社、妹背山と観海閣について順番に取り上げたいと思います。

参拝記

和歌浦のマップは和歌の浦ウォーキングガイドマップが見やすいのでご覧ください。

正式には「わかのうら」と言うのですが、和歌山市民は「わかうら」と言います。

万葉集にも詠まれた古くからの風光明媚なところですが、宅地開発、観光開発がかなり進んでいる地域です。

昔はどんな風景だったんでしょうね。

 

 

駐車場近くの鳥居。
マリーナシティの帰りに行ったので、時刻は16:25でした。

駐車場の係員さんに「参拝は17時までです」と言われ、「あらー、あまりゆっくり出来ないなー」と少し急ぎ足でお参りをしました。

 

 

参道。
途中左手側に稲荷台明神、右側に弁財天が祀られています。

 

 

 

紀州東照宮は山の上にあるため、お参りするためにはたくさん階段を上らないといけません。

写真は108段ある侍坂。108・・・、煩悩の数と同じですね、除夜の鐘も108つ。

この階段数は神仏集合の名残でしょうね。

 

侍坂の左手側に、ゆるやかな階段がありますので、この階段がこわいなーという方は左側へどうぞ。

傾斜の強い長い階段は、紀州東照宮の大祭「和歌祭」で神輿が降ります。

のぼりはそんなに怖くないのですが、下りはちょっと怖そう・・・。
和歌祭りの動画はこちらでご覧ください

 

 

私はラクでしたが、夫は傘をさしながら11kgもある娘を抱っこして上ったので、ちょっとしんどかったそうです。

立派な負荷運動ですな!

 


写真は紀州東照宮の楼門。重要文化財です。

ここよりももっと辛い階段が、新宮市の神倉神社にあります。

 

神倉神社は、今までお参りした神社の中で一番恐い階段で、538段もありました!

東京タワーの階段で600段ですからね・・・。なかなか上り甲斐がありましたよ・・・。

 

 

 

楼門はこんなふうに鮮やかでとても綺麗です。

 

 

 

階段を上りきり、後ろを向くと和歌浦の町を見渡せます。

昔は湿地帯だったそうですが、現在は写真のようにたくさん建物が建っています。

台風が接近中(この翌日、和歌山を直撃した)なので、海が灰色ですが、お天気の良い日は和歌浦湾がキラキラして綺麗でしょうね。

 

 

 

唐門。重要文化財。
この向こうに拝殿があります。 最後にお参りに来たのが十数年前で改修工事をしていたため、唐門をはっきり見たのはこの時が初めてでした。

 


 

500円納めると、国指定重要文化財の本殿・拝殿・唐門を職員の説明つきで拝観できるそうなのですが(所要時間10~15分)、輪になってお祈りをしているグループがいて、そちらが気になってしまい説明を見落としました。

お祈りグループの邪魔をしたら悪いよね・・・、と拍手を控えめにしてお参りをさせていただきました。

 

本殿には左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の襖絵があるそうです。(見たかったなー。紀州東照宮HPに写真があります)

紀州東照宮は今から400年ほど前の元和7年(1621)、南海道の総鎮護として紀州藩祖徳川頼宣公(徳川家康の10男で、8代将軍徳川吉宗の祖父)によって創建されました。

規模はかなり小さいですが、「関西の日光」とも言われているそうです。(日光東照宮はまた後日取り上げます)

 

御祭神は、江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現と、紀州藩初代藩主徳川頼宣を神格化した南龍大神。

 

 

 

猫目石のブレスレットが開運厄除けの御利益があるとのことで、社務所でお一つ授与して頂きました。
ピンク、黄色、青色の三色あり、1000円。
知らなかったんですけれども、猫目石(キャッツアイ)って天然石ではなく人工ガラスなんですね。

 

 

 

境内図。

108段の侍坂を下るのはちょっと怖かったので、帰りは楼門を出て右側にあるゆるい階段道を下りました。

 

うーん、あの階段を、神輿を担ぎながらおりるなんて、すごいな~。

 

和歌祭りは日曜日に行われるそうなので、また和歌山帰省とタイミングが合えば、見てみたいな。

 

 

まだ時間があったので近くの和歌浦天満宮へ行こうかと思い、紀州東照宮の駐車場係員さんに道を聞いたとき、「今日は玉津島神社で観月短歌祭をやってるから行ってみたらどう?」と教えていただいたので、和歌浦天満宮へのお参りのあと、玉津島神社へも行くことに。

 

 

次は、和歌浦天満宮を取り上げます。

紀州東照宮駐車場から和歌浦天満宮駐車場までは300mくらいしか離れておらず、徒歩4分です。
(和歌浦天満宮には参拝者専用無料駐車場があります)

 

 

関連記事

→→【和歌山城】徳川御三家の一つ紀州徳川家。8代将軍徳川吉宗と、忍者集団お庭番

→→【旧・江戸城本丸跡(皇居東御苑・江戸城天守跡)】 江戸は結界で守られていた・・・江戸幕府を開いた徳川家康の居城。

交通アクセス

JR和歌山駅または南海和歌山市駅で電車を下車し、和歌浦口行きのバスに乗車します。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。
おりるバス停は和歌浦口か権現前。権現前バス停が一番近いのですが運賃が高く乗車時間も長くなるので、ちょっと歩く必要がありますが和歌浦口で降りるのをおススメします。JR和歌山駅から25系統のバスに乗り和歌浦口で降りた場合、運賃は310円、乗車時間16分。
和歌山バス運賃・路線検索
車で行く場合、1時間まで300円、以降一時間毎500円追加の紀州東照宮専用有料駐車場があります。

フリー切符

和歌山バスの全線フリー 一日乗車券・・・大人1000円、子ども500円。30施設で特典が受けられます。
和歌山バスと貴志川線の乗り歩きっぷ1日券・・・大人1600円、子ども800円。2日券なら大人2400円、子ども1200円です。
乗り歩きっぷ
貴志川線はネコの駅長「たま」で有名になった「貴志駅」へ行く電車路線です。
和歌山電鉄貴志川線フリー切符の記事はこちら

近くの宿泊施設

和歌の浦 木村屋。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【熊野那智大社(世界遺産)】 熊野三山の一つ。もともと那智の滝の近くに祀られていた

前回の続きです。 熊野那智大社の別宮である 飛瀧神社と大滝から、徒歩15分ほど離れたところに、那智山 青岸渡寺と熊野那智大社があり、この2つは隣り合っています。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通 …

【海南市わんぱく公園】 入場無料。芝そりには、ダンボールを使いましょう

地元(和歌山市・海南市近辺)の人しか訪れないだろうなぁ・・・と思いながらも、楽しかったので簡単に書いておきます。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について レジャー記 わんぱ …

【塩釜神社と不老橋】 子授け・安産・製塩の神様。丹生都比売神社と関わりがある

前回からの続きで、和歌山市和歌浦のお参り・観光について書きます。 今回取り上げるのは、塩釜(しおがま)神社で、前回の玉津島(たまつしま)神社のすぐ隣。 不老橋は塩釜神社の向かい側です。 目次1 参拝記 …

【二川ダム】 1953年の紀州大水害がきっかけで作られた。祖母の苦労話を紹介

前回からの続きで、有田川町です。 あらぎ島→蔵王橋の次は二川(ふたがわ)ダムです。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 見学記 あらぎ島、 …

【瀬戸内海国立公園 友ヶ島②】 日本標準子午線、日本最南端の地。ここは、ラピュタの島に見えるのだろうか

前回からの続きで友ヶ島を取り上げます。 目次1 散策記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト 散策記 前回、①と②を書きました。 ②の第二砲 …