チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

和歌山県旅行記

【日前宮(にちぜんぐう)】 日前(ひのくま)神宮と、國懸(くにかかす)神宮からなる、2,600年以上の歴史ある御宮

投稿日:2017年5月15日 更新日:

2017年5月25日追記・・・著作権の問題があるので「週刊日本の神社90号 日前宮」の一部文章を削除しました。

日前宮について書くのは二回目です。

前回の記事はこちら。
→→紀伊国一宮「日前神宮・國懸神宮」

 

参拝記

帰省した翌朝、和歌山駅近くのレンタカー会社で車を借りて、1人でお参りに行ってきました。

 

日前宮(にちぜんぐう)は、日前(ひのくま)神宮と、國懸(くにかかす)神宮の二社からなる御宮です。

 

駐車場は無料。


2,600年以上の歴史を持つ神宮で、豊臣秀吉の紀州攻めにあうまでは、現在の5倍ほどの境内があったようです。

 

日前宮は、和歌山市で一番、新年三が日に参拝者が多いお宮で、三日間で35万人が詣でるそうです。

 

ちなみに、日本一、正月三が日の参拝者が多いのは、東京の明治神宮です。

 

 

 

手水舎。


(結婚3ヶ月前に参拝に来て、恋みくじで大吉を引いたなぁ~。あれから9年、としくったなー)
と思いにふけりながら清めました。

 

実家から自転車で20分くらいの所にあるので、悩み事がある時や、受験や結婚などの節目にお祈りに来た、思い出深い神宮なのです。

 

 

 

手水舎の奥には、絵馬堂があります。6点の絵馬がかけられ、すべて江戸時代に寄贈されたものです。

 


 

 

犬を連れての参拝は禁止。境内はもちろん、禁煙です。


日前宮(にちぜんぐう)は、左に日前(ひのくま)神宮、右に國懸(くにかかす)神宮があります。

 

左右対称に作られたお宮で、どちらも同格のため参拝順に決まりはありませんが、初詣は人の流れの都合で日前神宮から参拝することになります。

 

普段は10分くらいで参拝できるのですが、初詣は1時間くらいかかります。

 

 

ウィキペディアに詳しく書いてあります。
ウィキペディア「日前宮」

(ウィキペディアより抜粋)

1つの境内に日前神宮・國懸神宮の2つの神社があり、総称して日前宮(にちぜんぐう)あるいは名草宮とも呼ばれる。

両社とも式内社(名神大)、紀伊国一宮で、旧社格は官幣大社。現在は神社本庁に属さない単立神社。

神体の鏡はいずれも伊勢神宮内宮の神宝である八咫鏡と同等のものとされる。

 

八咫鏡は伊勢神宮で天照大神の神体とされていることから、日前宮・國懸宮の神はそれだけ重要な神とされ準皇祖神の扱いをうけていた。

日神(天照大神)に対する日前神という名称からも、特別な神であると考えられている。

また、伊勢が大和への東の出口に対して、当社は西の出口にあるため、伊勢神宮とほぼ同等の力を持っていたといわれている。

神位を授けられることがなかったのは伊勢神宮をおいては日前・國懸両神宮しかなかった。

なお、日前大神が天照大神の別名とされることについては諸説がある。

日本で最も歴史のある神社の一つで、神話と関わりが深い。

天正13年(1585年)に豊臣秀吉に攻め込まれ、社領が没収された。

その際社殿が取り壊され境内が荒廃したが、江戸時代に紀州藩初代藩主徳川頼宣により社殿が再興された。

しかし現在は最盛期の5分の1の広さになっており、社殿や施設などは往時を忍ぶに及ばない。

明治4年(1871年)、近代社格制度において両宮ともに官幣大社に列せられた。

現在は神社本庁などの包括宗教法人に属さない単立神社となっている。

 

 

 

こちら、境内左にある「日前(ひのくま)神宮」。

ご祭神は、日前大神 (ひのくまのおおかみ)で、御神体は日像鏡(ひがたのかがみ。【伊勢神宮内宮】のご神体のヤタノカガミの前に作られた神鏡)。

相殿神は、思兼命(おもいかねのみこと。知恵をつかさどる神様。岩戸に隠れた天照大神を出す案を考えた)、石凝姥命(いしこりどめのみこと。ヤタノカガミを作った)。

 

 

 

 

こちらが、右側の國懸(くにかかす)神宮。

ご祭神は、國懸大神 (くにかかすのおおかみ)。御神体は、日矛鏡(ひぼこのかがみ。ヤタノカガミの前に作られた神鏡)。

相殿神は玉祖命(たまのやのみこと。ヤタノカガミと同じく三種の神器の一つであるヤサカニノマガタマを造った神)、明立天御影命(あけたつあめのみかげのみこと。鍛冶刀工の祖神)、鈿女命(うづめのみこと。岩戸前で舞を踊り、天照大神を出した芸能の神)。

 


 

日前・國懸神宮はともに、鳥居、拝殿、神門、本殿の造りになっています。
左右対称、同じ造り。

 

 

 

 

 

三種の神器は、【伊勢神宮内宮】のご神体ヤタノカガミ、【皇居】にあるヤサカニノマガタマ、熱田神宮のご神体アメノムラクモノツルギ(草薙の剣)。

 

日前神宮の御神体「日像鏡(ひがたのかがみ)」と、國懸神宮の御神体「日矛鏡(ひぼこのかがみ)」は、ヤタノカガミの前に造られたものとされているそうです。

 

 

左の日前神宮と、右の國懸神宮の間には、摂社、末社があります。

写真左に映っている鳥居は、「天道根(あまのみちね)神社」です。両宮に2体の御神鏡を祀った「天道根命」が御祭神。

 

 

 

 

天道根(あまのみちね)神社の右となりにあるのが、「中言(なかごと)神社」。

この神社は【吉原の中言神社(なかごとじんじゃ)】から勧請されました。

中言神社に祀られているのは、古代からこの地を支配していたけれども神武天皇に敗れた地主神なのだそうです。

御祭神は、左が名草姫命(なぐさひめのみこと)、右が名草彦命(なぐさひこのみこと)。

現在の和歌山市名草山周辺の、統治者だったようです。

 

 

 

市戎社などもあります。江戸時代中期、周辺で市が賑わっていたのだそうです。

 

 

 

 

鎮守の森は立ち入り禁止。


昔の境内は、この5倍だったというから、鎮守の森もずいぶん小さくなってしまったでしょうね。

神話とつながりの深い御宮だそうで、国学者の本居 宣長らを魅了したそうです。

 

 

昔と今では多少気候が違うでしょうが、紀伊半島は温暖で資源が豊富な土地なので、かなり住みやすかったのでは・・・と思います。

 

住みやすいところには人が集まります。

 

「紀伊半島」は、歴史と謎のある地域なのだと思います。

 

 

「週刊日本の神社90号 日前宮」に、豊富な写真と解説がありますので、興味のある方はバックナンバー購入してください。

週刊日本の神社 90号 日前神宮・國懸神宮

 

 

また、日前宮、【伊太祁曽神社】【竈山神社(かまやまじんじゃ)】の3社を巡ることを「西国三社参り」というそうです。どれも同じ路線上にあるので、お参りしてください。

 

 

日前宮を代々守ってきた紀氏が造った古墳群が近くにあります。こちらも併せて行ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

→→名草戸畔(なぐさとべ)。「日本人」は単一民族ではない。土着民と渡来人が、時には争いながらも融合した「和」の国だった。

→→【竈山神社(かまやまじんじゃ)】 西国三社参りの一つ。戦死した神武天皇の兄「五瀬命(イツセノミコト)」の墓がある・・・伊太祁曽神社、日前宮、竈山神社は、西国三社参りと呼ばれています。

 

●日前宮と同じく、紀伊国一ノ宮を称するお宮が二つあります。
→→伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)の記事はこちら・・・御祭神は、スサノオの子であるイタケルノミコト。

→→丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)の記事はこちら ・・・和歌山市ではなく、かつらぎ町にあります。弘法大師空海と縁のある神社で、古代豪族「丹生氏」が関係しています。

交通アクセス

JR和歌山駅9番ホームから、和歌山電鉄貴志川線に乗り、2駅先の日前宮駅で下車、徒歩1分です。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

遠方から行く場合、 新大阪駅で新幹線をおります。(飛行機なら関西国際空港)

車で行く場合、参拝者車両は駐車無料です。(100台)

フリー切符

和歌山電鉄貴志川線一日フリー切符がお得です。
大人780円、子ども390円。
和歌山駅9番ホーム、伊太祁曽駅、貴志駅売店、たまカフェ、和歌山駅前和歌山バス営業所で買えます。
貴志川線一日フリー切符
(グルメがお得になる特典つき)

和歌山電鉄貴志川線だけでなく、和歌山バスを利用してマリーナシティマリーナシティ徳川御三家紀州藩・和歌山城(国の史跡)、和歌浦(また後に紹介します)にも訪れたい方には、乗り歩きっぷがお得です。

1デイチケットは大人1600円、子供800円。2デイチケットは大人2400円、子供1200円です。
乗り歩きっぷ

近くの宿泊施設

ホテルグランヴィア和歌山。JR和歌山駅のすぐ隣にあります。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-, ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【白浜エネルギーランド】 トリックアート、迷路、足湯、映像体験が楽しめます

続けて白浜町の観光を取り上げます。 エネルギーランドは、前回の白良浜から徒歩2~3分くらいのところにあります。 好みも有るでしょうが、私が小学生のころは、アドベンチャーワールドよりもエネルギーランドを …

【紀三井寺】 関西一の早咲き桜で有名。西国三十三ヵ所巡りの第二番札所

前回まで和歌浦の観光を取り上げましたので、今日は和歌浦の妹背山にある観海閣から見える、「紀三井寺(きみいでら)」を紹介しようと思います。 私が最後に紀三井寺へ行ったのは2007年でした。 目次1 参拝 …

【高野山の総門「大門」】 高野山という山は無い。高野山名物、胡麻豆腐は独特的な味

「高野山(こうやさん)」・・・知らない方のために簡単に説明すると、平安時代に弘法大師「空海(くうかい)」が、修禅の道場として開いた聖地です。 高野山(和歌山)、比叡山(京都)、恐山(青森)は、日本三大 …

【紀伊風土記の丘。特別史跡岩橋(いわせ)千塚古墳群】 日本一、古墳が密集したところ

間に宅配の記事が入りましたが、また和歌山紹介に戻ります。 私のふるさと和歌山市には「紀伊風土記の丘」があります。 ここは「特別史跡岩橋(いわせ)千塚古墳群」と呼ばれ、和歌山県内に1500基ある古墳のう …

【初のネコ駅長「たま」と貴志駅】 たまが死に、ニタマ駅長が、がんばっております!

ずっと貴志川線沿線一日フリー切符を使った観光・お参りを取り上げてきましたが、今回が最後の記事。終点の14番目の駅、貴志(きし)駅を紹介します。 11番目の大池遊園駅から先は、和歌山市ではなく「紀の川市 …