チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

和歌山県旅行記

【丸新本家・湯浅醤油】 和歌山は醤油と金山時味噌発祥の地。無料で醤油蔵の見学

投稿日:2017年5月19日 更新日:

前回の続きです。

息子&両親と別れ、私たちは「日本のエーゲ海」とも呼ばれる白崎海洋公園の後、醤油の発祥地である湯浅町へ行きました。

見学記

湯浅町と醤油のことは、

発祥の地 日本の味のルーツは和歌山にあり

のページに詳しく載っています。

 

 醤油は和歌山で生まれた

今から約750年前、鎌倉時代のことだ。覚心和尚が中国の径山寺(きんざんじ)で「なめ味噌」の製法を学び、現在の由良町の興国寺で金山寺味噌としてその製法を広めた。大豆等で作った麹に塩を加え、夏野菜を熟成させる。その時湧き出る上澄み液が非常に美味だったことから醤油は生まれ、醤油作りとって重要な「水」に恵まれた周辺地域を中心に広まった。

 

 

 

こちら、湯浅醤油有限会社。

 

 

 

向かい側に「丸新本家」というお店があり、金山時味噌のほか、ギフト用の湯浅醤油詰め合わせなどを取り扱っています。

丸新本家は湯浅醤油有限会社の親会社です。

 

「金山時(きんざんじ)味噌」は、なめ味噌の一種で、酒の肴や、御飯・キュウリ・冷奴などと一緒に食べます。

入れる野菜がいろいろあるのですが、私のオススメは生姜。

めちゃウマで、御飯がすすみまくります!
生姜のとこばっかり食べちゃう!

 


 

醤油蔵の見学の前に、まずは蔵カフェで休憩。


白崎海洋公園の散策が暑かったので、喉が渇いていました。

買ったのは、しょうゆソフトクリームと柚子サイダー。

しょうゆソフトクリームは、しょうゆの味がほとんどせず、不思議なコクがあっておいしかったです。

丹波黒豆と五島灘のにがり塩を、杉樽で二年間熟成させた本物の醤油「生一本黒豆(きいっぽんくろまめ)」を使用しているそうです。

 

 

 

 

カフェには、いろんな方のサインが飾られていました。

 

 

 

蔵カフェの隣は売店になっているので、醤油蔵の見学は一度建物を出て、こちらから。

見学は随時可能ですが、時間帯により20分間の見学会も開催しているようです。

解説してもらうのが一番勉強になるのでしょうが、時間が合わない方は見学コーナーにパネル展示やQRコードがあるので説明を読めます。

 

 

 

 

外には、顔出しパネルがありました。

 

 

さあ、見学スタート!

 

まずは、大きな杉樽!  齢100年以上になる醤油が入った杉樽なのだそうです。

杉樽は吉野杉で作られており、80~130年前のものもあるそうです。

この1樽で、一升瓶(1.8リットル)で約3000本分の醤油が仕込まれます。

 

 

 

お醤油の作り方は、パネル展示で詳しく書かれていました。


煮た大豆と炒った小麦をほぼ同じ量まぜて、種麹を加えて麹を作り、食塩水と一緒にタンクに仕込んでもろみを作って、かくはんを重ねながら8ヶ月~2年寝かせます。

通常のお醤油造りは大豆を蒸しますが、湯浅醤油では煮込む「古式製法」で、茹で汁は仕込み水として使用するそうです。

 

 


 

こちら、発酵させているところ。一年半から二年熟成させるそうです。

長いですね~~~。

 

 

 

ハッピがあるので、記念撮影できます。

 

 

 

もろみを圧搾する機械。

醤油がしみ出してくるのを3~4日待つそうです。

この染み出した醤油が「生醤油(きじょうゆ)」で、これを樽に入れて2週間おいてオリをおとし、上部の醤油を取り出して火入れし、2週間すまし、タンクで冷やして瓶詰めするのだそうです。

絞った後のカスは、家畜の肥料に使われます。

 

 

 

醤油つくりの材料。

醤油づくりは、シンプルだけど、手間がかかってますね~~~。

 

 

 

5年ほど前に知ったのですが、醤油原材料で「大豆」とありますが、あれは油分を絞った後の「脱脂加工大豆」だそうで、「丸大豆」とはそのまんまの大豆なのだそうです。

安い醤油は脱脂加工大豆を使ったもので、ちょっとだけお値段が高い丸大豆しょうゆは大豆そのままを使用したもの。

 

脱脂加工大豆による醤油作りは今から約70年前からはじめられたことであり、もともとの醤油作りは丸大豆です。

 

 

これらのことを知って、我が家は調味料の見直しをしました。

みりん風調味料→本みりん
しょうゆ→丸大豆しょうゆ
スーパーで売っている1キロ300円くらいの味噌→三年寝かせた1キロ1500円の味噌。

 

お金はかかりますが、コクがあって美味しいです。

 

煮込み用としてたくさん使うのは、丸大豆しょうゆ。
ちょっと割高な湯浅醤油は、お刺身やヒヤヤッコなどに使うと、美味しくて金銭面の負担が少ないです。

 

 

 

最後の売店では、いろんな醤油を味見して2本買いました。


ゆずぽんは、ゆずが濃くてめっちゃ美味しいです! そのままティースプーンでペロペロしちゃうくらいおいしい~♪

「生一本黒豆」は、ソフトクリームに加えられていたもので、丹波黒豆、五島灘のにがり塩を使用したもので、杉樽仕込み1年半~2年熟成しょうゆ。
色が濃くて、甘くて、コクがあり、トロッとしてます。

 

 

 

(ネットでも買えます。生一本黒豆はこちら)

 

 

(ペロペロ~~。私のお気に入り、ゆずぽん酢。和歌山有田の無農薬ゆずを使用)

 

 

面白かったのが、「いぶししょうゆ」。

スモークチーズみたいな味のするお醤油で、めっちゃ美味しい!

 

私「もうこれ、何にもかけないで、そのままペロペロするわっ」
夫「何にもかけないんだったら、スモークチーズ食べればいいじゃない」

 

 

いろんな醤油、金山時味噌のお試しが出来るので、オススメです。

お醤油マカロンも、おいしかった♪

 

湯浅町は、熊野三山へと続く熊野古道の宿場町として栄え、江戸時代の全盛期には92軒の醤油醸造所があったそうです。

熊野三山詣の記事・・・・熊野本宮大社(世界遺産)の記事はこちら(熊野本宮、速玉、那智、奥宮の玉置神社などへ行きました)

 

 

町には、重要伝統的建造物群保存地区に選定された一帯もあるようですが、両親に息子を預けて公園へ連れてもらっていたので、そちらへ合流するため、街並み散歩はしませんでした。

 

次は、息子が遊んだ海南市のわんぱく公園について簡単に書きます。

 

関連記事

→→白崎海洋公園の記事はこちら・・・この前に訪れた所。日本のエーゲ海と言われています。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、湯浅駅から徒歩1km、15分です。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、無料駐車場があります。

料金について

工場見学無料。
9時から16時まで。

近くの宿泊施設

湯浅温泉 湯浅城。
なんと面白い。お城の宿泊施設です。天然温泉にも入れます。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【熊野那智大社の別宮「飛瀧(ひろう)神社」と、御神体「那智大滝」】 日本三名瀑の一つ

間に、三重県の花の窟・花窟神社(世界遺産)と、獅子岩、鬼ヶ城の記事が入りましたが、また和歌山に戻ります。   ・熊野本宮大社(世界遺産)の記事はこちら ・大斎原と熊野川(世界遺産)の記事はこ …

【蔵王橋(ざおうばし)】 有田川(二川ダム湖)にかかる赤い吊橋。ちょっとコワイ

前回からの続きで、和歌山県有田川町の観光を取り上げます。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト レジャー記 前回とりあげた「あらぎ島」か …

【和歌浦天満宮】 日本の三菅廟の一つ。大宰府へ左遷させられる道中、菅原道真公が和歌浦に来ていた!

前回からの続きで、和歌山市和歌浦のお参り・観光を紹介します。 「関西の日光」とも呼ばれる紀州東照宮の次は、和歌浦天満宮。 この二つの神社は300mくらいしか離れていません。 目次1 参拝記1.1 関連 …

【欄島(あらぎ島)】 江戸初期に開拓された棚田が奇麗!

高野山の観光記事 → 和歌山県最高標高「護摩壇山(ごまだんざん)」を取り上げました。 今回紹介するのは、高野山から南西へ1時間ほど車で移動したところにある、有田郡有田川町の観光を取り上げたいと思います …

【太地町立 くじらの博物館②】 本館の展示が、ちょっとキビシイ人がいるかも

前回の続きで、太地町の「くじらの博物館」についてです。 ショーやふれあい体験を紹介したので、次は水族館と博物館について書きます。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近く …