【海南市わんぱく公園】 入場無料。芝そりには、ダンボールを使いましょう

地元(和歌山市・海南市近辺)の人しか訪れないだろうなぁ・・・と思いながらも、楽しかったので簡単に書いておきます。

レジャー記

わんぱく公園は、入場料無料です。

 

 

池もあるのよ~。

 

 

 

 

芝そりができます。

シートは売店で一時間100円で貸してくれますが、あまり滑らないので、ダンボール板を細工して作ったほうが良いかも。

ちなみに、樹脂製などのボードは芝を傷める為、使用禁止です。

芝が傷むと、芝の養生のために滑る面積が制限されるので、ぜひ、ルールを守りましょう。

 

 

 

売店で100円のシャボン玉も買いました。
プ~~~~♪

ふわふわ~~~♪ きらきら~~~♪

 


 

ほかにもいろんな遊具があります。

 

 

 

こちら、巻貝みたいな建物「風の子館」の内部。ネットの遊び場になっています。

大人も入れますが、靴を脱がなくてはいけません。(子供は靴でOK)

 

 

 

 

風の子館では、小さな子供用のボールプール、絵本コーナーもあります。

 

他に、クラフト教室もあるようなので、上手に使ったら一日遊べると思います。

 

 

お弁当の販売のほか、ボールなどの遊び道具の販売、レンタルもありました。

 

入場料は無料、駐車場料金も無料です。

 

 

 

17時に全ての門を閉めるそうなので、お帰りは気をつけてください。

「17時を過ぎると、全ての門を閉めます。お車の出庫ができなくなるので、ご注意ください~」
のアナウンスがかかって、

あ、まずいわ、まずいわ~

と、急いで出ました。

 

 

 

それにしても、芝生で遊ぶのは、気持ちが良いですね~。

 

 

 

さてさて、次は、道成寺(どうじょうじ)について簡単に書いておこうと思います。

 

白崎海洋公園から南へ車で20分のところにあり、行きたかったのですが、息子が、

「そんな恐い話のところには行きたくない」

と拒否したため、海南市のわんぱく公園になったのでした。

 

 

道成寺は、能、歌舞伎、浄瑠璃の演目として名高い、「安珍・清姫伝説」で知られるお寺で、絵巻物を見せながらの絵説き説法してくれます。

結婚する前に遊びに行ったので、もう記憶がだいぶ薄れていますが、思い出しながら書きたいと思います。
(湯浅御坊道路を走っていると、いくつかのトンネルの入り口に、安珍・清姫物語の絵があります)

 

 

殿方よ、女心をもてあそんじゃいけませんぜぇ~~~。(コワッ・・・)

 

 

関連記事

同じく海南市にあります。

→→和歌山県立自然博物館の記事はこちら

交通アクセス

JRきのくに線海南駅下車 タクシーで10分。

車で行く場合、無料駐車場があります。(全170台)

料金について

無料。
9:00~17:00まで。
休業日は月曜日。