チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

青森県旅行記

【十和田湖(とわだこ)】 静かなカルデラ湖ですが活火山。奥入瀬渓流の水源

投稿日:2017年7月15日 更新日:

青森の謎スポット「キリストの墓」大石神ピラミッドと書きましたので、次はその西にある十和田湖について書きます。

十和田湖は奥入瀬渓流の水源なので、セットでまわると良いかと思います。(奥入瀬渓流は次の記事で紹介します)

 

旅行記

 

十和田湖国立公園協会のパンフレットの地図を借りました。

十和田湖遊覧船は、休屋と子ノ口を結むルートと、休屋から出て中湖で引き返して戻るルートの2通りあります。

私たちは写真の、休屋~子ノ口ルートに乗りました。

 

 

 

休屋で船を待つ間に撮った写真。

付近は遊歩道になっていて、散策を楽しめます。

十和田湖は、過去に何度か大噴火を起こして形成された、カルデラ湖です。

現在も「活火山」として指定されています。

915年の大噴火は、過去2,000年間、日本国内で起きた最大規模の噴火であったそうです。(すごいなー)

 

→→防災のためには「まずは知ること」が大事。見やすいサイトの紹介・・・まずは活火山の場所を知りましょう

 

 

この小島は「恵比寿大黒島」。

十和田火山の活動の際、中央火口丘溶岩が露出したものだそうです。

 

 

 

遊覧船が近づくと波が立って、ザザザ・・・と心地よい音が聞こえました。

 

 

 

休屋近くの御前ヶ浜には、乙女の像があります。高村光太郎さんの代表作なのだそうです。


乙女の像の少し南側には、十和田神社があります。

 

 


 

 

お昼ご飯の時間になったので、近くのお店へ入りました。

十和田湖は、青森県と秋田県にまたがっているので、秋田名物のきりたんぽや、十和田湖名物のヒメマスを食べられます。

 

この写真は、ヒメマス定食。(ちょっと食べかけの写真です。タクアンが欠けている・・・)

 

 

こちらが、きりたんぽ定食。

 

 

 

2009年、平日の写真です。たくさんのスワンボートが並んでいました。

 

 

 

2009年の遊覧船。

2011年に東日本大震災が起こり、東北へ遊びに行く人が減り、十和田湖観光船(十和田観光汽船と十和田観光電鉄の二社)もその煽りを食らいました。

 

十和田湖、良いところですよ~♪

 

ぜひ遊びに行ってください。

 

 

 

 

さあ、船で十和田湖へ!

日本の湖沼では12番目の面積規模、深さでは3番目に深い湖です。
エメラルドグリーン色で、とっても奇麗でした。

 

海抜401m、周囲は約46.2km、最大深度は326.8mもあるので、東京タワーがほぼ沈んでしまうくらいの深さです。

 

→→東京タワーの記事はこちら・・・333m!

 

 

 

兜島、えびす島、大黒島。

紅葉の時期に来たら、もっと奇麗だったでしょうね~~。

十和田湖名物のヒメマスを食べましたが、ウィキペディアによると十和田湖に生息していたのはサワガニだったようで、現在生息している魚類はすべて、人の手による放流なのだそうです。

 

十和田湖にヒメマスを移植したのは和井内貞行さんという方だそうで、ヒメマスはもともと北海道の阿寒湖に生息しており、アイヌが「カパチェプ(薄い魚)」と呼んでいた魚で、神奈川県の芦ノ湖、山梨県の西湖と本栖湖、長野県の青木湖などに生息しているヒメマスも、北海道から移植したのだそうです。

 

→→芦ノ湖(あしのこ)の記事はこちら・・・箱根火山の一つである神山が山体崩壊してできた、カルデラ湖です。九頭龍伝説で有名。

 

ニジマスは、1900年と1919年に日光の中禅寺湖から移入されたのだそうです。中禅寺湖はまた今度、紹介します。

 

ちなみに、十和田湖で養殖の上手くいったヒメマスの卵は、後に北海道のクッタラ湖へ移され、クッタラ湖は現在ヒメマス釣りで有名です。

→→【倶多楽湖(くったらこ)】の記事はこちら・・・北海道。ここも十和田湖と同じくカルデラ湖。登別温泉のすぐ近くです。

 

 

中湖と東湖の間にある御倉半島の千丈幕。

220mもの絶壁だそうです。

ドバーン!と噴火してできたところなので、あの岩は溶岩なのでしょうね。

 

 

ネットで有名な火山の威力一覧。

西暦864年の富士山噴火を「1」にした場合、1万3000年前の十和田湖噴火パワーは「56」になるらしいです。

鬼界カルデラのフルパワー220(7300年前)は、九州に住んでいた縄文人が和歌山にわたるきっかけになった災害かな?

 

 

シーン・・・と静かな十和田湖を思い出すと、これが活火山かぁと不思議な気がします。
気象庁 活火山一覧はこちら

 

 

以前書いた、八甲田山も活火山です。

 

 

過去に何度も大災害があったでしょうが、人間も動物もしっかりと生き残っているのだから、たくましいですねぇ。

 

・・・それにしても、十和田湖にはネス湖のネッシーならぬ「トッシー」がいるらしい、とどこかで見たような気がするのですが・・・。

 

もともとサワガニしか生物がいなかった、とするとトッシーはいないのかな?

 

十和田湖には龍がすみついていた、という伝説があるようですが。
十和田湖の伝説

 

 

トッシーがいるにしろいないにしろ、自然を大切にし敬うことは、とても大切なことですね~。(トッシー、いるといいな)

 

 

次は、奥入瀬渓流について書きます。

 

 

 

関連記事

十和田湖の東側にあります。
→→青森の謎スポット「キリストの墓」の記事はこちら
→→大石神ピラミッドの記事はこちら・・・(5万年前のピラミッド?)

 

十和田湖の秋田県側は、小坂町です。

康楽館(こうらくかん)。 約100年前に建てられた、日本最古級の劇場。

小坂鉱山事務所。 鉱産額日本一、銀山日本一の栄華を誇った小坂鉱山の資料館。

交通アクセス

私たちは八戸で新幹線を降りて行きました。
十和田湖への交通アクセスはこちらでご覧ください
JRバスが運休する機関があるのでご注意ください。

手軽にバスツアーで楽しみたい方は、クラブツーリズム バスツアーがおすすめです。ツアーはラクで便利です。

料金について

中学生以上の大人1400円、子供700円。

近くの宿泊施設

十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-青森県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

青森に浦島太郎の竜宮城があった? 和歌山には桃太郎の鬼ヶ島があった?

私たちが訪れた青森の観光スポット紹介が終わりましたので、今日は「青森に竜宮城があった?」という過去のTV番組のお話です。   青森の海底には全長8kmにもわたる巨大海底遺跡がある。 青森には …

【八甲田ロープウェー】 猛吹雪の八甲田山で、樹氷を見た。冬の八甲田山は過酷だった!

今日取り上げるのは、八甲田山と、八甲田ロープウェーです。 「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群です。 東北の脊梁奥羽山脈の北端にある常時観測火山で、 …

【奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)】 銚子大滝など、めっちゃ奇麗~~~!

前回、十和田湖(とわだこ)を紹介しましたので、今日は奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)です。 ツアーなどでもお馴染みの観光スポットですね。 私たちが訪れたのは、2009年の9月でした。 紅葉には少し早い …

【青森ねぶた祭り①】 好きだんず、青森ねぶたぁ~♪ アスパム裏の「ねぶた小屋」で記念撮影

今日は、青森ねぶたを紹介します。 TVや雑誌で有名ですね!   青森県は各地にねぷたがありますが、中でも有名なのが「青森三大ねぷた」です。リンクで、過去の祭りページにとべますのでご覧ください …

【八甲田山雪中行軍遭難資料館】 対ロシア戦を想定した訓練に参加した210名中、199名が死亡。雪山は恐ろしい事を、多くの人に知ってほしい

今日は、青森市にある「八甲田山雪中行軍遭難資料館(はっこうださん せっちゅうこうぐんそうなんしりょうかん)」について書きます。 高倉健さん主演で「八甲田山」という映画がありますね。 あの映画の元になっ …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ