チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

滋賀県旅行記

【琵琶湖最大のパワースポット 竹生島観光②】 都久夫須麻(つくぶすま)神社、八大竜王拝所

投稿日:2018年4月27日 更新日:

【竹生島】の続きで、琵琶湖最大のパワースポット竹生島観光です。

参拝記

舟廊下を渡った先にあるのが、都久夫須麻(つくぶすま)神社。

都久夫須麻神社本殿は、秀吉が天皇を迎えるために造った「日暮御殿」という伏見場内最高の建物を、神殿としてここに寄進したもので、内部には狩野永徳・光信筆の天井絵や襖絵があるそうです。

 

 

【都久夫須麻神社の祭神】
市杵島比売命 ・・・弁才天、宗像大神。
宇賀福神 (うがふくじん。龍神)
浅井比売命 (あざいひめのみこと)・・・ 産土神。

 

この神社は、もともと、 産土神の浅井比売命を祀る小祠が建てられたのが始まりだそうです。

 

 

 (ウィキペディアより抜粋)

『近江国風土記』には、夷服岳(伊吹山)の多多美比古命が姪にあたる浅井岳(金糞岳)の浅井姫命と高さ比べをし、負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を斬ったところ、湖に落ちた首が竹生島になったという記述がある。一説には首が沈む時に「都布都布(つふつふ)」という音がしたので「都布失島」という名前になったとも、最初に生えたのが竹であったことから「竹生島」という名前になったともいう。

 

「浅井」と言えば、浅井長政と、その三姉妹(茶々、初、江)ですが、その三姉妹の生みの母であるお市の方が「浅井の血を絶やしてはなりませんぞ!」と言っていたとかで、この「浅井」というのは浅井比売命と何かつながりがあるのでしょうか?

 

浅井長政は、古代豪族だったと思われる浅井比売の子孫なのでしょうかね・・・?(例えば、和歌山県の丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)は、古代豪族である丹生氏の比売を祀っている)

 

 

 

神社本殿前には、江島大神と、厳島大神。

→→江ノ島の記事はこちら(神奈川県)

 

 

 

少し離れた所に、白巳大神。御祭神は宇賀神(龍神)です。

 

 

白巳大神の右隣には、弁天様。

大和国 天川大神は【天河大弁財天社】の記事で、相模国 江島大神は【江ノ島】の記事で、ご覧ください。

 


 

琵琶を持つ弁天様の近くに、このような絵がありました。

こちらも琵琶を持っていますが、琵琶の名手として知られた平 経正(平清盛の甥)で、木曽義仲討伐に赴く途中、竹生島に訪れて琵琶を奏でました。その澄んだ音色に、神仏が白龍となって袖の上に現れたそうです。

 

経正は、「ちはやぶる神に祈りの叶えばやしるくも色のあらはれにける」と歌を詠んで、戦の勝利を確信して、竹生島を後にしたそうです。

 

平経正が討ちたかった木曽義仲は、源氏に討たれて死にましたが、この命令を出したのが後白河天皇。前回書いた、「怨霊になった天皇」で出てきましたね。崇徳天皇の異母兄弟で、この後白河天皇の意地悪で、崇徳天皇が猛烈な怨霊となったという・・・。(崇徳天皇は、今は良い神様になられているそうです)

 

 

次は都久夫須麻神社の前にある、八大竜王拝所へ。

 

 

 

龍王は、大宇宙根源の御祖の御使いで、一切を産み、一切を育て、萬物を支配する王神で、一二三四五六七八九十の十種の御寶を巳がすがたとし、自在自由に天界地界人界を治める・・・と、近くに書いてありました。

 

 

ここでは、かわらけ投げができます。

二枚一組300円で、一枚に名前、もう一枚に願い事を書き、鳥居の見える竜神配所に向かって投げるのだそうです。

鳥居の下が白くなっているのは、すべてこのかわらけ(土器)です。

八大竜王拝所の柵の下がスカスカなので、小さな子供を連れた方は、落ちないようにしっかりと手をつないであげてください。

 

 

 

帰りは舟廊下の下の細道を通りました。

 

 

舟廊下は「かけづくり」。

清水の舞台も、このような造りですね。

→→清水寺の記事はこちら・・・京都。世界遺産。

 


見所の多い竹生島。最後は黒龍大神、黒龍姫大神。

龍神で、ヒメ・ヒコみたいなペアの祀り方が珍しいなぁと思いました。

 

 

右が、ご神木。

 

 

これで、竹生島一周は終わりです。

10時7分に島に上陸して、ここまでで11時4分なので、だいたい一時間あれば見てまわれます。

 

 

 

帰りの船まで時間があったので、売店で草餅を買いました。

売店前の「琵琶湖周航の歌」歌碑。

 

今津港には「琵琶湖周航の歌 資料館」があり、無料で入れるので、次の記事で紹介します。

 

 

帰りの船が来たので、二階のデッキ席に座りました。

さようなら、美しい竹生島~~~。

 

 

景色を楽しみたかったので、二階デッキから、屋根のない船の最後尾に移動。

モーター音がうるさいけれども、見晴らしが抜群!

右が竹生島で、左に見えているのがつづらお崎です。

【奥琵琶湖 菅浦の湖岸集落散策】の記事に書きましたが、つづらお崎と竹生島の間には、多数の土器が沈んでおり、古代の祭祀跡か、古代遺跡かと言われています。

 

 

 

琵琶湖。

海のように広大。

モーター音のする遊覧船ではなく、カヤックなどで漕ぎだしたら、無臭、無音の世界なのではないでしょうか。

 

お天気が良かったのですが、モヤ~~~っとしていて対岸が良く見えず、琵琶湖の水はなんだかトロ~~~ンとしているように見え、特殊な環境のように思えました。

 

 

ちなみにですね、琵琶湖で一番深いのは竹生島の西の方らしいので、今津港と竹生島間航行のクルーズ船は、ちょうどその深いエリアを通過すると思います。

この不思議な感覚、ぜひ体験してください。

 

 

琵琶湖一周旅はとても面白かったのですが、私も夫も、この琵琶湖クルーズと竹生島がダントツで濃い思い出です。

 

 

 

さて、次は入館無料の「琵琶湖周航の歌 資料館」について書きたいと思います。

 

トイレを借りようと思ってフラ~ッと入ったのですが、過去に琵琶湖で大事故があったことなどがわかり、勉強になりました。

 

 

 

関連記事

→→【宿・つづらお】 菅浦散策、竹生島観光に便利な、奥琵琶湖を望むお宿です・・・前回の記事。つづらおから竹生島へは、船で片道10分です。宿泊者は船を手配してもらえます。

→→【長浜城】 羽柴(豊臣)秀吉が初めて築城したお城。大出世した秀吉の出身が謎・・・長浜港のすぐ近くです。

→→彦根城(また後で記事を書きます)・・・彦根港のすぐ近くです。

→→【奥琵琶湖 菅浦の湖岸集落散策】 淡路廃帝・淳仁天皇の御陵と、琵琶湖の古代遺跡・・・竹生島の北に古代遺跡?

→→不忍池辯天堂(不忍池の弁天堂)。天海が琵琶湖の竹生島と宝厳寺になぞらえて建てた。・・・東京都上野公園。

 

 

弁天様で有名な神社の記事です。

→→【天河大弁財天社】の記事・・・奈良県天川村。特徴的な五十鈴守りがある。

→→江ノ島の記事はこちら・・・弁天と五頭竜伝説がある。

交通アクセス

長浜港、今津港、彦根港から、竹生島へ向かう船が出ています。事前予約不要で、所要時間は片道25~40分。所要時間と往復料金は下の料金欄にありますのでご覧ください。

また、奥びわ湖を望む宿つづらお宿泊者は、宿側から菅浦の漁師さんに連絡してくれ、船が空いていれば片道10分で竹生島へ渡してくれます。

料金

竹生島に渡る船は4航路あります。

  1. 長浜港発・・・片道30分。往復運賃大人3,070円。
  2. 今津港発・・・片道25分。往復運賃大人2,590円。
  3. 彦根港・・・片道40分。往復運賃大人3,000円。
  4. つづらお・・・奥びわ湖を望む宿つづらお宿泊者は、宿側から菅浦の漁師さんに連絡してくれます。片道10分。往復運賃大人4人で7,000円(人数により料金が異なるので問い合わせてください)

近くの宿泊施設

竹生島の立ち入りは夜間禁止のため、宿泊は島外となります。

今津港近くの宿泊施設は、丸茂旅館。

 

長浜港近くの宿泊施設は、ホテル&リゾーツ 長浜。

 

彦根港近くのホテルは、彦根キャッスル リゾート&スパ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-滋賀県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【道の駅 竜王かがみの里】 源義経が元服した地

前回の続きで、琵琶湖一周旅五日目です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 前回の【三上山、御上神社】から、次の目的地である阿賀神 …

【余呉湖(よごこ)】 日本のウユニ塩湖? 賤ヶ岳の戦いがあった所。余呉湖の天女は菅原道真の母?

前回の続きで、琵琶湖一周旅行を取り上げます。 旅の始まりは長浜観光からスタートで、黒壁スクエア周辺と、長浜城を見た後、余呉湖(よごこ)へ向かいました。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 …

【たねや、クラブハリエ、八幡掘り散策】 日牟礼八幡宮参拝の後は、近江商人が行き交った八幡掘りを散策。時代劇ロケ地!

前回の続きで、琵琶湖一周旅です。   【水のめぐみ館 アクア琵琶】で豪雨体験 【三上山、御上神社】・・・ピラミッド? 【道の駅 竜王かがみの里】 【阿賀神社(太郎坊宮)】・・・勝運のパワース …

【ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ宿泊】 うれしいことが二つあった♪   「サラダパン」と「瀬田の唐橋」について

前回の続きで、琵琶湖一周旅です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 長浜の【黒壁スクエア】から、反時計回りにスタートした琵琶湖一周旅。 …

【白髭神社】 近江最古の大社で、全国の白髭神社の総本宮。湖中の鳥居と、山の磐座

琵琶湖一周旅、二日目の行程の続きです。 今津港からクルーズ船に乗って竹生島観光をし、琵琶湖周航の歌資料館を見た後は、車で20分離れた「白髭神社」へ行きました。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通ア …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ