チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

良かったもの

【「怨霊になった天皇」を読んだ】 人を恨んではいけない。「和の文化」は、世界に誇れる日本の心

投稿日:2018年4月23日 更新日:

久しぶりの更新です。

 

淡路島で暗殺された疑いのある淳仁天皇が、実は殺されずに琵琶湖の北の隠里「菅浦」に逃れて、そこで住んだ・・・と、前々回記事にしましたが、淳仁(じゅんにん)天皇が菅浦に逃げず淡路島で暗殺されていたとしたら、崇徳(すとく)天皇のように怨霊にならなかったのだろうかと気になり、ここ数日、明治天皇の玄孫である竹田恒泰さんが書いた「怨霊になった天皇」を読んでいました。

 

 

 

内容を詳しくここに書くと、著作権の問題や、これから読む方の楽しみを削ぐので、あまり書きませんが、この本はとても面白く、過去の出来事から現代を生きる私達の生き方にまで通じる、大変良い本でした。

 

 

「怨霊、怨霊、怨霊が~~! 恐ろしやー!」という本ではありませんので、興味を持った方はぜひ読んでください。

 



では、この本を読んで学んだこと、面白かったことを少しだけ紹介します。

まず、「天皇は幸せな人生を謳歌している」と思っている人が多いと思うのですが、日本の皇紀は2600年以上続いており、今上天皇(平成天皇)で125代です。

 

→→【皇居参観の記事はこちら】・・・皇居は無料でガイドしてもらえます。

 

皇位を継いだ天皇でそれだけの人がおり、皇位継承できなかった方もたくさんいらっしゃいます。

 

公式に記録されているものでは、自殺が二例(弘文天皇、安徳天皇)、暗殺が二例(安康天皇、崇峻天皇)、事故死が一例(四条天皇)、特殊な例として神の怒りに触れて殺された例や、神の呪いによって殺された例(仲哀天皇、斉明天皇)もあり、島流し、幽閉、追放などの憂き目にあった天皇は多数いるようです。

 

 

私が気になっていた、【奥琵琶湖 菅浦の湖岸集落散策】 淡路廃帝・淳仁天皇の御陵と、琵琶湖の古代遺跡の記事で書いた淳仁天皇は、淡路島に追放され、若くして亡くなられた(暗殺説もある)天皇ですが、時代が古いためか、淳仁天皇が死んだ後に、対立していた関係者が立て続けに呪い殺されたとする記述もないようなので、菅浦に逃げ延びて、静かな余生を過ごされた・・・・と、私はそのように思いたいです。

 

 

また話がちょっとそれますが、暗殺された天皇として幕末の天皇である孝明天皇もよく取り上げられます。こちらは落合シリーズの著書である落合莞爾(おちあい かんじ)さんは「孝明天皇は暗殺されたのではなく、裏に隠れた。崩御はフェイクで、新時代の到来を巧みに読んで、京都の堀川御所に隠れて、東京の天皇と役割分担をした」のではないかと推測しています。こちらも興味のある方は、本を読んでみてはどうかと思います。

 

 

 

 

竹田さんの著書に話を戻しますが、驚いたのが南朝が北朝に対して、「南天北闕天皇弥栄(なんてんほっけつすめらぎいやさか)」と呪詛をかけていたということ。

この意味は「南天は南朝が天下を取る。北闕は北朝が欠ける」となり、昭和期から現代にいたるまで、北朝方の皇室に女子が生まれるように、南朝方が呪いをかけていたのだそうです。しかし、日本国民の大多数が男児の誕生を熱望し、悠仁親王殿下がお生まれになったので、「国民の祈りの力」が呪詛(呪い)よりも上回ったのではないか・・・と、書籍で述べてらっしゃいます。

 

 

私には現在の皇室が南朝なのか北朝なのかわかりませんが、「わだかまりが完全に解消した時に、日本は国際社会で本当の力を発揮することができる」と、明治天皇の玄孫さんが述べておられるので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

 


 

さてさて、皇室の危機は幾度かあり、南北朝問題も大変な異常事態であったようですが、今回は「怨霊になった天皇」の話ですので、そちらへ移ります。(前置きが長くてゴメンネ!)

 

 

本で多くふれられているのは、「崇徳(すとく)天皇」。

詳しいことは、崇徳天皇 ウィキペディアをご覧いただきたいのですが、ざっくり書くと、崇徳天皇は鳥羽天皇の子供とされていたけれども、実際には白河天皇(鳥羽天皇のおじいちゃん!)の子供だったのではないか・・・と疑われた方です。

 

今のように遺伝子検査の無い時代なので、本当のところどうだったのかわかりませんが、竹田さんの著書には白河天皇と、母の藤原璋子とが一緒に過ごした時期の表が書かれてあり、「あー、こりゃ確かに怪しいなぁ・・・」と、私の中では「崇徳天皇は白河天皇の子供説」は納得のいくものでした。

 

 

崇徳天皇は、父親である鳥羽天皇からは「あれは叔父子よ(崇徳は祖父の息子であり、私にとっては叔父であり、子供ではない)」と冷たくされていたようです。

(ウィキペディアから借りた崇徳天皇の画)

この時代、天皇本人が実権を握っていたのではなく、その父や祖父が上皇として院政をしていた時期でしたので、崇徳天皇は天皇として即位しながらも実権が無い状態で、祖父である白河上皇(本当は父親?)が権力を持っていました。

 

これに腹を立てたのが、父親(?)である鳥羽上皇。

鳥羽上皇は、白河上皇と崇徳天皇を嫌います。

 

そんなうっぷんだらけの鳥羽上皇にもチャンス到来、白河上皇が亡くなりました。

さらに崇徳天皇を産んだ女性とは別の女性との間に、男児(後の近衛天皇)を授かりました。今度は自分の子供だと確信したでしょうね。

 

鳥羽上皇が、崇徳天皇と、近衛天皇と、どちらを大切にしたか・・・、そりゃ近衛天皇でしょう。

 

崇徳天皇は鳥羽上皇から疎まれて外され、鳥羽上皇と近衛天皇の「実の親子組」が実権を握りますが、近衛天皇は17歳で亡くなってしまったことにより、皇位継承問題勃発。

 

崇徳天皇の子供が継ぐはずが、鳥羽上皇がこれを嫌い、崇徳天皇の異母弟を後白河天皇として即位させます。(気の毒!)

 

ここで、兄弟争い勃発。源氏と平氏をまきこんで、後白河天皇派と、崇徳上皇派で、保元の乱がおこり、崇徳上皇が敗北。

 

淳仁天皇から400年ぶりに島流しにされます。

 

 

淳仁天皇は淡路島へ流されましたが(奥琵琶湖の菅浦では淡路ではなく菅浦に流されたと伝えられている)、崇徳上皇は讃岐に流されました。

 

崇徳上皇は、讃岐で五部大乗経と言われるお経を心を込めて書き、「京の寺に収めて欲しい」と朝廷に送りました。このころのお経は飾り文字などを使った芸術品のようなものだったそうで、崇徳上皇が記したお経も、労力、時間、心を込めて記したものだと思われます。

しかし、そのお経も、「これに呪いでもかけているんじゃないか」と疑いをかけられ、返されます。

 

この辺りは、ぜひ竹田さんの著書「怨霊になった天皇 」をお読みください。

「これは、崇徳上皇が恨むのも無理はないだろう」と思わせるようなエピソードが書かれています。

 

そのあとで、崇徳上皇は憤死して、祟りをもたらすわけですが、この辺りも本をぜひ読んでください。

 

 

かなり激しいです!

 

 

しかし、竹田さんは「怨霊というのは人が認識してこそ、初めて怨霊となる。怨霊は生者が作り出す」といった内容を書いておられます。

 

それは祟り神となった崇徳院も「自分を怨霊というてくれるな」と思われているようで、後に「吉うた」の女将の元に現れ、「死すとも恨み残してはならぬぞよ」と告げたそうです。

この辺りも感動的なので、ぜひ本を読んでいただきたいです。

長い年月が経ち、崇徳院は怨霊ではなく、良い神様になっておられるそうです。

 

 

 

人を恨んで死んだらいけない

そもそも人を恨んではいけない

それが崇徳院からのメッセージ。

今を生きる私たちは、このメッセージを重く受け止めるべきでしょう。

 

 

崇徳天皇は大変和歌を作るのが上手い方だったようで、有名なのがこの歌。

 

「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思う」

 

川の流れが岩に分かたれても、また合流して一つの流れになるように、今はわかれていてもまた一つになれる。

 


 

竹田さんは著書で、「目に見えない存在」に対して恐れを抱くことは、「陰で何をしても見つかれなければいい」「嘘をついてもばれなければいい」という考えに対して、「おてんとうさまが見ている」や、「人を許しなさい」との教訓につながるとおっしゃっています。

 

 

(「怨霊になった天皇」より一部抜粋)

 

しかし、私たちの現代社会にはそれら「見えない存在、かしこまるべき存在」が、拝金主義の横行により見いだせなくなっており、目に見えない鬼や天狗が駆逐された結果、現代人そのものが鬼となってしまった。

弱肉強食の資本主義社会である今、この仕組みの中では必ず勝者と敗者が生まれる。

常に敗者を出し続ける仕組みは本来日本の風土になじまない。

日本人の心がすさんだのは、個人がお金を追いかけた結果である。

日本の国の「許す」文化は世界的に珍しく、日本が「和の国」と言われる所以はそこにあり、皇室が二千年続いてきた理由の一つが許す文化に垣間見られる。

このような「和の文化」こそ、日本が世界に発信しなくてはいけない。

許す文化が広がれば、人を恨まない社会が実現する。

 

古来日本が継承してきた「和の心」を再確認する。

 

 

 

これは、人間同士のものだけではなく、大自然に対してもそうであり、謙虚になって、他者を思いやって、協調を重んじる、「和の精神」こそ、日本が世界に向けて発信せねばならないことであると思います。

 

 

 

最後に、面白い話を一つ。

怨霊になった天皇」の原稿を書き始めたその日に、竹田さんと関係者と事務所のパソコンの合計4台が同時に壊れたのだそうです。

そのほかにも怪現象がたびたび起こっていたようで(このエピソードも面白かったので、ぜひ本を読んでください)、これは神武天皇に殺されてしまった古代の女王ナグサトベについて書いた「名草戸畔 古代紀国の女王伝説〜増補改訂版〜」の著書であるなかひらさんも、怪現象に遭遇したようで、「これらを記すと別の系統の本になるので一つだけ書いておく」とし、密室で社長の強化ガラステーブルが粉砕されていたことや猫が血尿を出したこと、それを知人に言うと「ナグサトベがここに来た」と言われたことなどをあげています。

 

 

それら怪現象をもたらすのはどういった存在であるのか、知りようもないけれども、確かに「目に見えない存在」というのは存在しているのだろうなぁと、私は思います。

 

 

ちなみに、私がブログをやっていて、パソコン不調+故障となった記事が一つだけあって、それは青森のキリストの墓の記事でした。

→→青森の「キリストの墓」に埋葬されているのは、本当にキリストなのだろうか・・・私のパソコンが壊れた記事。壊れたのは、たまたまでしょう。新しいパソコン購入費が痛かったぁ!

 

 

 

いろいろ本を読んだり、日常の気づきから思うこととして、

周りの人を大切にする
自然を大切にする

この二つは絶対的なものであると、私は確信しています。

 

 

 

私たちは、霊性を高めるために日々生きており、「和の国」である日本に生まれたことは、とても意味のあることだと思います。

 

日本は大いなる和の国、「大和(ヤマト)」です。

 

 

 

気になった方は、ぜひ本を読んでください。

 

 

 

 

 

こちらは私の故郷である和歌山市が舞台。初代天皇である神武天皇が、和歌山市の名草にやってきて、女王のナグサトベと戦い、ナグサトベは殺された。「ナグサトベはまだ成仏しておらず、怨霊になってさまよっている気がするから、本にして存在を世に出して、供養してほしい」と知人から頼まれ、探っていくことになります。

 

関連記事

→→名草戸畔(なぐさとべ)の記事はこちら・・・「日本人」は単一民族ではない。土着民と渡来人が、時には争いながらも融合した「和」の国だった。

→→【奥琵琶湖 菅浦の湖岸集落散策】の記事はこちら・・・淡路廃帝・淳仁天皇の御陵と、琵琶湖の古代遺跡。

→→青森の「キリストの墓」に埋葬されているのは、本当にキリストなのだろうか・・・宇宙には様々な星があり、私たちの地球は「カテゴリー1」と呼ばれる悲しみの惑星。人間は霊性を向上させるために、何度も輪廻転生する。

→→【比叡山と高野山、最澄と空海】 比叡山延暦寺紹介の前に、簡単に説明・・・桓武天皇も祟りに苦しみ、密教の加持祈祷に救いを求めた。最澄が空海に弟子入りしたきっかけの一つは、桓武天皇が恐れた「祟り」だった。

-良かったもの
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「超巨大宇宙文明の真相」の動画。宇宙には地球の他に、生命体がいる星がたくさんあり、魂は転生する

「超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」」の動画を貼っておきます。   真偽はわかりませんが、とても面白いですよ。 宇宙人を信じ …

【アミ・三部作】さくらももこ先生が「良い本」と絶賛し、泣いた本を紹介します

昨日のちびまる子ちゃんは、さくらももこ先生への追悼メッセージが流れたのですね。   見たかったのですが、夕飯の準備で見れず(うちには録画機が無い)、今朝のLINEニュースで知ることができまし …

原因と結果の法則。 人工頭脳に任せてしまった、火の鳥未来編の話

今日は、火の鳥 未来編を紹介します。 この話は、「自分達の運命を他所にゆだね、そのまま滅びる人々」が描かれており、とてもおもしろいです。     話を簡単に言いますと・・・ 地球が …

【長期休みは毎回「フォーエバーブルー」】 我が家の神ゲーム

息子が冬休みなので、今日はのんびりwiiソフトの「フォーエバーブルー」をしていました。 発売が2007年と、息子の誕生よりも前に買ったソフトなのですが、これがですね~、もう本当に良いソフトなのです。 …

「君の名は。」の感想。 神様のことを「ムスビ」という。「真心は神様に通じる」ことを教えてくれる映画

去年の8月に公開され、大ヒットとなっている「君の名は。」。   興味があったのですが、なんとなーく見に行かないでズルズル過ごしていましたが、2月の下旬だったでしょうか、新海誠監督がインタビュ …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ