チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

滋賀県旅行記

【彦根城】 全国に5つしかない国宝の天守の一つで井伊直弼の居城だったけれども、「ひこにゃん」の方が有名

投稿日:2018年7月1日 更新日:

米原駅から始まった、琵琶湖一周旅もこれが最後です。

最終日の行程は、

【河内の風穴】・・・55万年以上前にできた日本で三番目の長さの鍾乳洞

【多賀大社】・・・全国にある多賀神社の総本社で延命長寿にご利益がある

と、まわりまして、最後は彦根城でした。

旅行記

私達が彦根城に訪れたのは、春休み中の木曜日、昼頃でした。

春休み中とはいえ、平日。

そんなに混んでいないだろうと思っていたのですが、彦根城周辺の駐車場はどこも満車!

「えええ、どうしよう。停めるとこない~~」

彦根城は諦めるしかないかなぁと思いながら、城のまわりを二周し、三周目に前の車についていったところ、臨時駐車場が開かれ、なんとか停めることができました。

平日でこれですから、土日祝日や大型連休に訪れる時は、早く行った方が良いと思います。

 

 

「やっと停められた~。彦根城、人気やな~」と驚きながら、お城へ向かってお堀沿いの道をテクテク歩き、表門橋から入りました。

臨時駐車場からここまではけっこうな距離でしたが、桜が満開で奇麗でした。

彦根城の桜は、お堀沿いを中心に約1,200本植えられているそうです。(昭和初期に、観光目的に植えられた)

 

 

彦根城は、幕末に「安政の大獄」を断行し、「桜田門外の変」で殺された大老・井伊直弼(いいなおすけ)が生まれ、藩主となった城です。

全国に5つしかない国宝の天守を有する城なのですが、どちらかというと歴史がどうのこうのよりも、彦根城のマスコットキャラクター「ひこにゃん」の方が印象が強い・・・でしょうか。

 

ひこにゃん目当てで行く方は、彦根城入場窓口にある、「本日のひこにゃん」をチェックしましょう。

 

 

彦根城博物館前にて。さっそく、ひこにゃん。

一時半から博物館近くに、ひこにゃんが出てくるとのことだったので、行ってみました。

 

 

なんと、ヒコニャンには近寄れないことが判明。

観光客はちょっと離れた所から写真撮影するしかないのだ・・・。

「並んで写真撮れないのかぁ」と、ちょっとガッカリ。

 

 

30分間、ひこにゃんがポーズを変えてパフォーマンスをしてくれます。(無言)

私達は数枚写真を撮って、3分ほどで立ち去りました。

 

 

うーーーーん、並んで写真撮れないのが、残念じゃぁ。人気キャラは囲まれると大変そうだから、仕方ないかぁ。

 

 

ちなみにひこにゃんは2007年に彦根城築城400年記念イベントで登場したそうなので、もう10年も活躍しているんですね。

これだけ長い間、愛されているのはスゴイことだと思います。

 


 

では、彦根城・玄宮園のセット券、大人800円、子供200円払って、天守へ向かいましょう。

 

廊下橋(非常時には落とし橋となる)と、天秤櫓(てんびんやぐら)。

天秤櫓は重要文化財です。このような左右対称の櫓は、彦根城だけ。

長浜城の大手門を移築したと考えられているそうです。

→→【長浜城】の記事はこちら・・・琵琶湖一周旅初日に訪れた。羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が初めて築城した城です。

 

 

なんと、この貴重な天秤櫓は、中に入れます。

 

 

 

凹型の天秤櫓からぜひ見て欲しいのが、佐和山(さわやま)。

鎌倉時代から戦国時代にかけての400年間、畿内と東国を結ぶ要衝として、軍事的にも政治的にも重要な拠点となった境目の城「佐和山城」があった所でした。

一時期、豊臣方の石田三成の居城であったところで、関ヶ原の戦いで三成が敗れた後、徳川家康方の小早川秀秋らに攻められ、佐和山城で三成の父や妻が亡くなりました。

 

 

天秤櫓を出て天守を目指して上り、太鼓門櫓(たいこもんやぐら)に到着。

本丸への最後の関門で、重要文化財です。

 

 

けっこう階段を上り、ついに天守前に到着。

ひこにゃんのパネルがありました。

ひこにゃんは、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝が雨宿りをしていた際、手招きして誘い、落雷から直孝を救った白猫をモデルとしています。
ひこにゃんの兜は、「井伊の赤備え」として有名な、井伊家の伝来品をモデルとしているというから、実はよく考えて作られたキャラクターなんですね。

 

 

天守前は、本丸跡です。

天守以外の建造物は、明治時代に取り壊されてしまったそうです。

もともと天守もつぶされる予定でしたが、明治天皇により取り壊しを免れました。

 

 

橘紋(たちばなもん)の幕を見て、いよいよ天守へ。

 


 

日本には、現存天守が12あります。

(ウィキペディアより)

  • 修復などを繰り返しつつ、ほぼ創建当時のままを維持してきたもの(姫路城・彦根城
  • 現存天守が在籍していた城が存城であった当時に再建、改築されたものがほぼそのまま残っているもの(犬山城・松本城・高知城・松江城など)
  • 付属する一部の建物を焼失または改築されたもの(宇和島城)
  • 明治維新以降に保存されるまでの経緯で付属する建物を撤去、または損失したことにより主に主体のみが保存されることになったもの(備中松山城・松山城・【弘前城】・丸亀城など)
  • 損失したが遺材を組み直して再建されたもの(丸岡城)

彦根城の天守は、この中でも、国宝です。

 

国宝5城・・・松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城。

(長野の松本城と、愛知県の犬山城は、また今度書きます)

 

天守の廊下に、「彦根城の古写真」コーナーがあったのでぜひご覧ください。

 

天守は狭い階段を上り下りするので、足腰の弱い方や、小さな子連れはご注意を。

 

改修されながらも400年経った天守かぁ、すごいなぁ。

・・・と、キョロキョロしたかったのですが、後から後から人が来るので、あまり留まることもできず。

 

 

あ、落書き!

国宝ですよ~~!

文化財と自然は、大事にしよう!!!

 

 

第13代彦根藩藩主で、後に江戸幕府の大老となった井伊直弼(いいなおすけ)。

井伊直弼 ウィキペディア

 

時代劇にもよく出てくるし、吉田松陰をはじめとする尊皇攘夷派が大量に処刑された「安政の大獄」と、井伊直弼が惨殺された「桜田門外の変」は学校で必ず習うので、知らない方はいないでしょう。

 


 

 

以前、皇居東御苑(旧江戸城)桜田門に行ったので、そちらの記事も併せてお読みください。

→→【旧・江戸城本丸跡(皇居東御苑・江戸城天守跡)】 江戸は結界で守られていた・・・桜田門は江戸時代のまま残っており、重要文化財。井伊邸は、桜田門から西に500メートルほどの所にあり、直弼は水戸浪士に襲撃され、絶命した。

 

 

井伊直弼が生まれたのは、彦根城の西の丸です。

井伊直弼生誕地の石碑と、説明パネルが立っていました。

ひこにゃんは大人気なのに、こちらは誰もおらず、みんな通り過ぎるだけで、なんだか寂しかったです。

 

井伊直弼について。彦根城博物館HP

 

 

 

井伊直弼の銅像。

 

 

銅像の近くには、

一身に責負ひまして、立ちましし、大老ありてこそ、開港はなりぬ

と、ありました。

 

 

天皇の許しがないまま日米修好通商条約に調印したり、安政の大獄をしたイメージで「悪人」であったり、桜田門外の変で暗殺されたことから「恨みをかってしまった人」といったイメージが先行してしまう井伊直弼ですが、幕末は、開国を迫る外国勢力、将軍家の跡継ぎ問題、尊王譲位派の台頭、日本中で蔓延するコレラ、続く大災害・・・と、大大大混乱な時代でした。

 

こんな時代に、大老(将軍の補佐役!)だった、井伊直弼。

 

舵取りが大変だっただろうなぁ・・・と思います。

 

直弼の死後、大政奉還、王政復古。新政府となり、西洋文化を取り入れて富国強兵・脱亜入欧を目指し、明治・大正・昭和と、日本は外国勢との大きな戦乱へ突入し、現代へ結びつきます。

 

 

もしも、直弼が、開国していなければ、どうなっていただろう?

 

 

私は、遅かれ早かれ開国することになっただろうなぁ・・・と思うのですが、皆様はどのように思われたでしょうか。

 

そして、もしも直弼が、現代の日本、世界を見たら、どのように思うのでしょうか。

 

 

あちこち「ひこにゃん」だらけで何だかほのぼのとした彦根城でしたが、歴史の動乱期に思いを馳せ、過去から未来への繋がりを意識するのも面白いと思います。

 

 

 

以上で、琵琶湖一周旅は終わりです。

4月から書き始めて、やっと終わりました。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

→→【黒壁スクエア】 琵琶湖一周旅は長浜観光からスタート・・・琵琶湖一周旅、第一回目の記事。

 

関連記事

→→【増上寺】徳川将軍家墓所・・・井伊直弼は公武合体(朝廷+幕府)を目指しました。後に、孝明天皇の妹・皇女和宮が降嫁し、家茂と結婚。お二人のお墓は、仲良く並んで増上寺にあります。

→→【旧・江戸城本丸跡(皇居東御苑・江戸城天守跡)】・・・直弼が暗殺された桜田門。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、彦根駅で下車し、徒歩15分。

車で行く場合、周辺にたくさん有料駐車場があるのですが、混雑するので早めに行きましょう。

彦根城観光駐車場一覧

料金

彦根城・玄宮園のセット券、大人800円、子供200円
(博物館とのセット券もあります)

近くの宿泊施設

ホテルサンルート彦根。彦根駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-滋賀県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【豊国神社】 長浜を栄えさせた豊臣秀吉が御祭神。浅井三姉妹と、秀吉の子供

前回の続きで、琵琶湖一周旅を取り上げます。 海洋堂ミュージアムショップの後、長浜城跡に向かったのですが、近くに「豊国神社」があったのでお参りをしていきました。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通ア …

【阿賀神社(太郎坊宮)】 悪い心のある者は、巨石にはさまれる? 勝運の神様がいるパワースポット

前回の続きで、琵琶湖一周旅五日目の行程です。 【水のめぐみ館 アクア琵琶】で豪雨体験→【三上山、御上神社】でピラミッド?を見る→【道の駅 竜王かがみの里】で昼食の次は、パワースポットとして有名な阿賀神 …

【ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ宿泊】 うれしいことが二つあった♪   「サラダパン」と「瀬田の唐橋」について

前回の続きで、琵琶湖一周旅です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 長浜の【黒壁スクエア】から、反時計回りにスタートした琵琶湖一周旅。 …

【海洋堂ミュージアムショップ】 ここだけでしか入手できない「ドラゴンのフィギュア」ゲット!

前回の続きで、長浜観光をとりあげます。 体験コーナーたくさん、見どころたくさんの黒壁スクエアの中でも、一番楽しみにしていたのが「海洋堂ミュージアムショップ」。 ここは楽しいので、ぜひ入ってください! …

【奥琵琶湖 菅浦の湖岸集落散策】 聖武天皇の娘・孝謙天皇と争って敗れた、淡路廃帝・淳仁天皇の御陵。琵琶湖に古代遺跡?

今週、娘が幼稚園に入りまして、久しぶりの更新です。   前回の【余呉湖(よごこ)】の続きで、琵琶湖一周旅行を取り上げます。 目次1 旅行記・レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ