チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

和歌山県旅行記

【晴天時の和歌浦】 昔はもっともっと、も~~~~っと綺麗だったはず!!!

投稿日:2017年5月10日 更新日:

先ほど、東京の六義園(りくぎえん)について書いたので、そのモデルとなった「和歌浦」について書きます。

 

和歌浦の場所は、和歌山県和歌山市。
車で行く方は、「片男波公園」を目指すと、大きな駐車場があるので停めやすいです(一日400円)。
7月8月は海水浴場となり、駐車料金が1,000円になるのでご注意を。

散策記

片男波公園から妹背山へテクテク進む。

 

晴天時はこんなに綺麗!

左手側に見えている橋は「あしべ橋」で、写真中央にコンモリとした小さな山がありますが、それが妹背山(いもせやま)です。

六義園の「中の島」は、この妹背山がモデルになっています。

昔は、妹背山(いもせやま)、鏡山、奠供山(てんぐやま)、雲蓋山(うんがいやま)、妙見山、船頭山の、六つの小島が和歌浦にありました。
現在は、妹背山を残して、五つの山は陸地化しています。

 

 

 

 

こちら、去年の秋に帰省したとき。台風が来てました。

晴天時の方が、奇麗な写真が撮れますねぇ。

 


 

 

和歌浦の周辺マップはこんな感じです。


片男波公園駐車場に車を停めて、妹背山、塩釜神社、不老橋、玉津島神社へはすぐ近くです。

紀州東照宮と和歌裏天満宮は1kmくらい離れています。

 

 

 

 

妹背山はちょっと置いておいて、片男波公園~あしべ橋の間から撮った景色。

左の山は、名草山(なぐさやま)で、昭和天皇が皇太子の頃に行啓(ぎょうけい)された紀三井寺があります。

また、名草山は紀三井寺ができる前から「神様が宿る山」として信仰されてきました。近くには、縄文の女王ナグサトベと、初代天皇となるイワレヒコとの戦いの伝承があります。

 

 

 

晴天時の和歌浦は、とっても綺麗ですね~。鵜が魚を捕っていました。

 

 

さてさて、妹背山へ渡りましょう。

観光客が妹背山へと渡る橋を「不老橋」と間違えるそうですが、こちらは「三断橋」です。

不老橋は、あしべ端の左となりにあります。

 

 

 

手前が不老橋。奥があしべ橋。

 

 

不老橋は、こっち。

説明は→→塩釜神社と不老橋の記事で、ご覧ください。

 

 

 

妹背山へ渡る三断橋。青緑色の石は、紀州青石です。

 

 

 

紀州青石。
和歌山城の石垣や石畳も、紀州青石です。

→→和歌山城(国の史跡)の記事はこちら・・・ 徳川御三家の一つ紀州徳川家の居城。国宝だったのに戦争で焼けた!

 

橋を渡るとお堂があります。

 

 

 

もっと奥へ行くと、「海観閣(かいかんかく)」があります。


徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が慶安年間(1648~1652)に、木造の水上楼閣として妹背山(いもせやま)の海辺に建立したもので、ここから名草山にある紀三井寺を遥拝したと伝えられており、現在の建物はコンクリートで再建されたものです。

 

 

 

 

ちょっと水が少ないなぁ。

干潮に近いタイミングで訪れたようです。

 


前回の帰省時は、台風接近で曇天。
今回は晴天だけども、満潮ではない・・・。

 

なかなかタイミングが難しいですね~。

 

 

子どものころ、私はここで潮干狩りを楽しんだそうです。(30年前だから、もう覚えてない・・・)

 

今はあさりが不漁であることや貝毒のため、2008年から中止されているらしい・・・。

徳島から来たとおっしゃる方に「小さなころは、このあたりで潮干狩りしたんですよ~」って話したら、びっくりしてました。

あさりの天敵であるエイやツメタガイなどが増えたそうですが、目視ではやたらにカニが多かったなぁ。

 

 

この無数のアナには、何が棲んでいるんだろう・・・?

 

 

 

 

海観閣の後ろには階段があって高さ13mの多宝塔があります。

 

 

 

和歌山市指定文化財「海禅印多宝塔」。 紀州家初代藩主徳川頼宣(よりのぶ)の生母「お万の方(養珠院)」が亡き夫徳川家康の33回忌追善供養のため、多数の小石に書写した法華経題目を妹背山に埋納し、その上に小堂を建てたのが始まりだそうです。

お万の方が亡くなると、頼宣は母を弔うために多宝塔を改建したのだそうです。
お万の方(養珠院)は、紀州徳川家の家祖徳川頼宣、および水戸徳川家の家祖徳川頼房の母なんだそうです。

 

 

 

多宝塔の横には坂があって、妹背山の頂上へ上れます。
こちらが、そこから撮った写真。

もうちょい水が欲しいな!

 

 

 

もう一度、片男波公園~あしべ橋間で撮った水が豊かな写真を貼っておきます。

 

山部赤人(奈良時代の歌人)の歌

「若の浦に 潮満ち来れば 潟(いた)を無(な)み 芦辺(あしべ)をさして 鶴(たづ)鳴き渡る」

 

 

6つの小島は1つになり、芦もなく、鶴もいなくなってしまった和歌浦・・・。

 

大宰府へ左遷される道中の菅原道真公は、和歌浦へ寄り、景色を見て歌を詠みました。

 

いまから1300年ほど前、聖武天皇(奈良の大仏を建立させた人)は初めて和歌浦玉津島に行幸し、和歌の浦の景観を絶賛して、景観保全のために番人を置き、地霊祭祀の制度を定めました。

 

 

和歌の上達を願って玉津島神社へ参拝した小野小町も、和歌浦の景色にはうっとりしたことでしょう。

 

 

ああ、和歌浦、和歌浦よ・・・。

 

昔は、どんな景色だったの?

 

タイムマシーンがあればなぁ~~~~~~~~。

 

 

東京に、和歌浦を模した庭園があります。
→→六義園(りくぎえん)のツツジの記事はこちら

 

 

次は、同じく和歌山市の「岩橋千塚古墳群(紀伊風土記の丘)」を取り上げたいと思います。
日本一、古墳が密集したところです。

→→紀伊風土記の丘の記事はこちら・・・紀氏によって造られた古墳群です。

関連記事

和歌浦観光の記事は、過去に書きましたので、参考にご覧ください。

→→和歌浦①紀州東照宮(関西の日光)の記事はこちら
→→和歌浦②和歌浦天満宮(学問の神様・菅原道真公が大宰府へ向かう途中寄った所)の記事はこちら
→→和歌浦③玉津島神社(天皇や有名歌人も参拝した和歌の神様を祀る神社)の記事はこちら
→→和歌浦④塩釜神社と不老橋の記事はこちら
→→和歌浦⑤妹背山の記事はこちら

 

→→【吉原の中言神社(なかごとじんじゃ)】 名草山の北に位置する、中言神社の総本社。名草彦、名草姫(ナグサトベ)を祀る・・・名草山周辺にはかつて名草一族が住んでおり、神武天皇と戦った。

交通アクセス

JR和歌山駅または南海和歌山市駅で電車を下車し、新和歌浦行に乗車し、玉津島神社前又は不老橋バス停下車です。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。
バスの時刻表・運賃は和歌山バス運賃・路線検索でお調べください。

車で行く場合、片男波(かたおなみ)公園の駐車場が広いです。
200台停められ、駐車料金は一日400円です。(7月8月の海水浴シーズンは一日1000円になる)

フリー切符

和歌山バスの全線フリー 一日乗車券・・・大人1000円、子ども500円。30施設で特典が受けられます。
和歌山バスと貴志川線の乗り歩きっぷ1日券・・・大人1600円、子ども800円。2日券なら大人2400円、子ども1200円です。
乗り歩きっぷ

貴志川線はネコの駅長「たま」で有名になった「貴志駅」へ行く電車路線です。
和歌山電鉄貴志川線フリー切符の記事はこちら

近くの宿泊施設

和歌の浦 木村屋。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【吉原の中言神社(なかごとじんじゃ)】 名草山の北に位置する、中言神社の総本社。名草彦、名草姫(ナグサトベ)を祀る

前回の続きで、神武天皇と名草戸畔(ナグサトベ)伝承の紹介です。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 参拝記 古事記と日本書紀にある話から、 …

【蔵王橋(ざおうばし)】 有田川(二川ダム湖)にかかる赤い吊橋。ちょっとコワイ

前回からの続きで、和歌山県有田川町の観光を取り上げます。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト レジャー記 前回とりあげた「あらぎ島」か …

【白良浜(しららはま)と円月島】 ハワイのワイキキビーチよりも綺麗だと思う

続けて白浜町の観光を取り上げます。 今日、紹介するのは白良浜(しららはま)と円月島(えんげつとう)。 白良浜はハワイ・ワイキキビーチと友好姉妹浜であるところで、石英の砂からできている真っ白な砂浜です。 …

【トルコ記念館】 映画「海難1890」のもととなった「エルトゥールル号遭難事件」を伝える資料館。トルコが親日の理由

本州最南端の和歌山県串本町の観光を続けて取り上げます。 今日から数回に分けて、本州最南端潮岬(しおのみさき)の隣にある紀伊大島の見所を書いていきます。 紀伊大島は、映画「海難1890」の元の話となった …

【紀州東照宮】 関西の日光。108段ある侍坂を上ってお参り

ずーっと和歌山の観光スポット、神社へのお参りを取り上げていますが、今日から和歌山市和歌浦のお参り・観光スポットについて書きたいと思います。   以前、マリーナシティ①ポルトヨーロッパ、マリー …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ