【札幌市時計台、さっぽろTV塔】 札幌駅から徒歩でまわれる観光スポット。札幌の時計台は、日本三大がっかりスポット?

前回からの続きで、2007年の三泊四日北海道旅行の紹介です。

二日目の夜、【サッポロビール園】で食事後、駅近くで一泊し、三日目の朝は札幌市内を観光しました。

→→2007年3泊4日北海道旅行記の行程はこちら・・・公共交通機関を利用して、3泊4日で10か所を巡りました。

旅行記

札幌市時計台、大通公園(東にさっぽろTV塔がある)、北海道一の歓楽街すすきのは札幌駅から歩いていける距離にあります。

 

 

札幌駅。北海道で一番利用客が多い、大きな駅です。

 

 

札幌駅から10分ほど歩いて、札幌市時計台に到着。130年以上前の時計で、重要文化財です。

正式名称を「旧札幌農学校演武場」(きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう)と言います。

 

中に入りたかったのですが、休館日でした。

札幌市時計台は、入館料大人200円で、休館日は年始のみですが、時々工事などのために臨時休館することがあります。

私達が訪れた時は修繕工事でした。中に入りたい方は、訪れる前に公式HPを見てから行きましょう。

 

 

札幌市時計台は高層ビルに囲まれて立っているため、「日本三大がっかりスポット」の一つと言われ、過去に移転案も出たそうです。

しかし、街というものは常に発展しているわけですから、隣に高層ビルがあって当然と言えば当然なのではないでしょうか。

過去と現在を一枚の写真に収められるので、これで良いと思います。

 

雰囲気を損なわずに昔の建物を楽しみたい方は、同じく札幌市内にある「北海道開拓の村」へ行きましょう。

→→北海道開拓の村の記事はこちら・・・ディズニーランドよりも広い敷地に、昔の建物がたくさん集められています。NHKドラマ「マッサン」のロケ地でもあります。雰囲気の良い鉄道馬車がオススメ。

 

 

130年以上前の時計台が、今も大切にメンテナンスされ、コチコチと時を刻んでいるのは、大変素晴らしいことだと思います。

 

 

私が訪れた中で、最大のがっかりスポットは、故郷・和歌山県の千畳敷です。

→→千畳敷(せんじょうじき)の記事はこちら・・・すごく良い所なのに落書きがひどすぎて、本当にガッカリ! 自然と文化財は後世のためにも大事にしよう!

 

 

 

「時計台の中に入れないねぇ」と、大通公園の方に移動しようとしたら、写真を撮ってあげているおじいさんがいました。

「撮っていただけますか?」と尋ねると、「いいですよ」と快く引き受けてくださったので、撮っていただきました。

 

 

あのおじいさんは、観光ボランティアさんだったと思うのですが、記念写真を撮ってもらい、良い思い出になりました。

 

 


 

次は、札幌市時計台から徒歩5分ほど離れた、さっぽろTV塔へ。

さっぽろTV塔は大通公園の東にあります。

大通公園は冬季に「さっぽろ雪まつり」が行われることで有名ですね。

 

 

さっぽろTV塔は、高さ147.2メートル。昭和32年に造られました。

東京タワーは昭和32年に着工したというから、同じような時期に作られたのですね。

→→東京タワー 階段で上がるの記事はこちら・・・スカイツリーができるまで、日本で一番高い電波塔だった。333m。

 

 

さっぽろTV塔は、札幌市のランドマークです。

 

 

塔の緑色の部分は土産物店なので誰でも入れるのですが(一部有料エリアあり)、展望台は有料で、大人720円、高校生600円、中学生400円、小学生300円、3歳以上の幼児100円かかります。(2018年の料金)

 

私達はこの後、旭山(あさひやま)動物園へ向かう予定だったので、お土産屋さんだけ見て札幌駅へ戻りました。

 

 

さっぽろTV塔のキャラクター、テレビ父さん。上半身だけ見ると、暴君ハバネロの仲間かと思う(^_^;)


暴君ハバネロ。(東ハトのおかし)

 

 

夜の電波塔。走行中のバスから撮影。

 


 

青森から青函トンネルを通って函館へ。翌日は函館から札幌へ。そのまた次の日は、札幌から旭川へ。

電車に乗ってぐんぐん移動した2007年の私と夫。

 

 

私達は、サッポロビール園、札幌市時計台、さっぽろTV塔を見て、旭川へ移動しましたが、札幌は他にも見どころがたくさんあり、2018年8月の旅行では、モエレ沼公園、北海道開拓の村、北海道一の歓楽街すすきのへ行きました。

→→2018年の北海道旅行の行程はこちら・・・レンタカーを利用して、五泊六日で36箇所を巡りました。

 

 

札幌駅から旭川駅まで運んでくれた781系特急ライラック。私達が乗車した翌月末(2007年9月30日)に運行終了となりました。

 

 

現在、緑色の新型車両が走っているようです。

 

札幌駅から旭川駅までは、特急電車で一時間半ほど。料金は2018年現在、4290円。

公共交通機関で旅をする方は、「北海道 フリーパス」で検索するとお得な切符が出てくるので、ぜひ調べてください。

 

 

 

電車の車窓から、北海道らしい景色を堪能した、2007年の北海道旅行。

 

2018年8月の旅は、ずっとレンタカーで移動していたため、ドライバーの私はよそ見運転するわけにはいかず、移動中の景色をあまり楽しめなかったので、「電車は電車で良いなぁ」と改めて思います。

 

 

次は、旭川(あさひかわ)市の旭山(あさひやま)動物園を紹介します。

 

次の記事はこちら

前回からの続きで、2007年の三泊四日北海道旅行の紹介です。 三日目の午前中は札幌駅前の【札幌市時計台、さっぽろTV塔】を観光し、昼から旭川市に移動して、旭山(あさひやま)動物園へ行きました。 →→2007年3泊4日北海道旅行記の行[…]

 

関連記事

→→2007年・秋  北海道 三泊四日 公共交通機関利用旅行の行程・・・この旅行の行程まとめ。

→→【サッポロビール園】の記事はこちら・・・前回の記事。札幌市にあります。日本人による初めてのビール醸造所で、工場直送のビールとジンギスカンを食べられます。

→→【東京タワー 階段で上る】の記事はこちら・・・東京都。スカイツリーができるまで、日本で一番高い電波塔だった。

 

●札幌市の観光記事です。

→→【札幌は、味噌ラーメン発祥の地】 

→→【北海道開拓の村 ①】 ディズニーランドより広い敷地に、52棟の歴史的建造物がある。食事は屯田兵定食がオススメ! マッサンのロケ地

→→【モエレ沼公園】 入場無料。世界的な芸術家イサム・ノグチ氏が、ゴミ処理場跡地を美しい公園に変えた!

交通アクセス

札幌市時計台は、JR札幌駅から徒歩10分。

さっぽろTV塔は、札幌市時計台から徒歩5分です。

車で行く場合、近くの有料駐車場を利用することになります。

料金

札幌市時計台は、入場料大人200円。2018年6月1日から2018年10月31日まで塗装修理工事中のため、中に入れません。

さっぽろTV塔展望台は有料で、大人720円、高校生600円、中学生400円、小学生300円、3歳以上の幼児100円かかります。

近くの宿泊施設

JRタワーホテル日航札幌。札幌駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。