【十勝岳展望台】 白金温泉から車で10分、青い池からは車で15分。雄大な景色を楽しめます!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 六日目の紹介です。

北海道の旅行最終日!

朝一で白ひげの滝を見た後は、車で10分ほど離れた十勝岳展望台(とかちだけてんぼうだい)へ行きました。

 

→→2018年5泊6日北海道旅行記の行程はこちら・・・5泊6日で36か所を巡りました。

旅行記

 

十勝岳展望台は、美瑛白金(びえいしろがね)温泉から車で10分で、北海道の中央あたりに位置します。

 

 

展望台駐車場は50台ほど停められ、無料。

私達が訪れた時は、自衛隊の車が一台止まっており、自衛隊員が噴煙を上げる十勝岳(とかちだけ)を眺めていました。

前回も書きましたが、十勝岳は常時観測されている50の活火山のうちの1つです。(日本には活火山が111あり、そのうち50はずっと観測されている)

気象庁 活火山とは・・・日本の火山と、常時観測火山のマップがあります。

 

 

十勝岳の大正の噴火では大規模な火山泥流を起こし、富良野川流域と美瑛川流域に大災害をもたらしました。(死者行方不明者約150人)

 

8月末、十勝岳展望台からの眺め。

 


 

右が石垣山で、左の雲がかかっている山はベベツ岳だと思う。

 

 

噴煙が見えました。

 

噴煙のアップ。

 

 

十勝岳展望台からは、雄大な十勝岳連峰を眺めることができます。

娘(ピンクの服を着ている幼児)の、右ななめうしろに人がたくさん集まっているのが見えるでしょうか。

あそこは「望岳台」と刻まれた石とケルンがあり、記念撮影スポットになっていました。

 

 

グーグルマップから持ってきた画像。

私達が訪れたのは晴天だったため、十勝岳連峰が良く見えましたが、曇天時に訪れると山並みは見えないようです。

 

ぜひ、晴天時を狙って行ってください。

 

 

登山道にはたくさんの石積みがありました。

私達は十勝岳を眺めて終わりでしたが、年配の登山客がぞろぞろと山へ向かって歩いていきました。

十勝岳には3つのルートがあり、展望台から入るコースが一番容易なのだそうです。

 

 

十勝岳連峰は、大雪火山群、石狩岳連峰と共に「大雪山国立公園」に指定されています。

大雪山国立公園は、日本の国立公園の中で最も広く、北海道内で最高峰の大雪山旭岳(だいせつざんあさひだけ。2291m)を擁します。この日の昼から旭岳を見に行ったので、また後日記事にします。

 

 

現在(2019年冬)、十勝岳の噴火警報レベルは1です。活火山であることに留意し、火口周辺には近づかないようにしましょう。

 

 

グーグルマップの航空写真。

十勝岳はこのように雪渓がたくさん残る美しい山です。(8月はほとんどが溶けてしまうそうですが)

雄大で、美しい山だなぁ・・・と感動しました。

【青い池】や白金温泉から近いですし、駐車場も無料なので、お天気の良い日はぜひ訪れてください。

 

 

次は、四季彩の丘(入場料・駐車場無料)を紹介します。

 

次の記事はこちら

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 六日目の紹介です。 美瑛白金温泉に宿泊し、六日目は朝から【白ひげの滝】、【十勝岳展望台】を見て、次は四季彩の丘(しきさいのおか)へ行きました。 →→2018年5泊6日北海道旅行記の行程はこちら・[…]

 

関連記事

→→2018年・秋  北海道 五泊六日旅行の行程・・・この旅行の行程まとめ。

 

美瑛町の観光記事です。

→→【白ひげの滝】 青い池とセットでまわろう! 十勝岳の噴火により生まれた美しい滝を、ブルーリバー橋から見下ろす・・・前回の記事です。白金温泉にあります。

→→【青い池】 火山災害対策で偶然できた池が、美瑛町を代表する観光地になった。訪れるなら朝がオススメ!

→→【ケンとメリーの木、北西の丘展望公園】 美瑛町には景観の良い無料スポットがたくさんある

→→【ぜるぶの丘・亜斗夢の丘】 入園無料・駐車場無料のお花畑で、バギーやカートも楽しめます。ケンとメリーの木の近く

交通アクセス

美瑛白金(びえいしろがね)温泉から車で10分。駐車場は無料です。

公共交通機関で行く場合、十勝岳展望台行きのバスはありませんので、白金温泉からタクシー利用。

料金

無料。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。