チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

北海道旅行記

【早朝の洞爺湖と、洞爺湖ロングラン花火大会】4月末から10月末までの毎夜8:45から20分間の花火が見られる!

投稿日:2018年11月20日 更新日:

前回からの続きで、五泊六日の北海道旅行の紹介です。

二日目の最後の行程は、「洞爺湖ロングラン花火大会」でした。

旅行記

【洞爺湖サミット記念館】【金毘羅火口災害遺構散策路① 安らぎの家】【②桜ヶ丘団地】を見学した後、ホテルに戻りました。

 

夕方の洞爺湖。

およそ11万年前にドーーーン!と大噴火を起こし、くぼんだ所に水が溜まってできたカルデラ湖です。

写真中央に映っている島は「中島(大島、ポロシリともいう)」で、5万年前に溶岩ドーム群としてつくられた島です。

中島は移入されたエゾシカが繁殖している島で、冬季以外、洞爺湖汽船で渡れます(大人1420円)。島内には、洞爺湖森林博物館(大人200円)があるようです。

中島へ渡してくれる船の一つ、洞爺湖汽船の「羊蹄(ようてい)」。559人が乗れる遊覧船です。

なぜ「トム・ソーヤの冒険号」という名前がついているのかよくわからず・・・。

 

 

こちら、宿泊したホテルの部屋から撮った写真。

洞爺湖畔にはたくさんのホテルがあり、私たちはリーズナブルな「洞爺湖温泉 洞爺観光ホテル」に宿泊しました。

全客室が洞爺湖に面しており、洞爺湖ロングラン花火大会を部屋から眺めることができます。

写真右に映っている小さなお城みたいな船は、700人乗れる「エスポアール」という船で、大人1,600円の料金で洞爺湖ロングラン花火大会を船上から観賞することができます。

 

 

私達が訪れたのは2018年の8月末。

8月末と言っても、北海道の夜はけっこう冷え込むので、子供達と一緒に窓辺に座って花火時間を待ちました。

 

洞爺湖ロングラン花火大会は、4月末から10月末までの、毎夜8:45からで、20分間花火が打ち上げられます

 

同じ場所でずーーっと打ち上げているわけではなく、西から東へ移動していくので、20分間ずっと花火を見たい方は、外で見るか、大人1600円払ってエスポアールに乗り船で花火を追いかけながら観賞するか、のどちらかになります。

エアスポールの出航時間は20時半。所要時間は40分です。

 

 

花火の左後ろで輝いている船が、エアスポール。

けっこう近い距離で見られるようです。

 

 

部屋の電気を消して窓辺に集まり、花火観賞。

5~10分ほどで移動してしまいましたが、ホテルの窓から花火を見たのは初めてだったので大満足!

 

繰り返しますが、洞爺湖ロングラン花火大会は四月下旬から十月下旬まで。冬季は開催していないのでご注意を。

 

 


花火に満足してスヤスヤ眠り、翌朝4時41分に起床。(めっちゃ早起き!)

 

 

五時半の洞爺湖。

家族のいびき、寝息を聞きながら、窓辺で一人、今日(五泊六日旅行 三日目)の行程を確認。(旅行計画は私が全部立てる。車の運転も終始つとめるので、朝の確認作業は大事!)

 

 

スマホとにらめっこし、窓の外をふと見やれば、

朝もやが立ち込めて神秘的!

 

なんて美しいんでしょう!

 

幻想的な景色を一人で堪能し、6時過ぎから朝風呂に行きました。

 

 

朝風呂から帰ってきた、6時半ごろ。

すっきりとした快晴!

写真左奥に見えるのは、「蝦夷冨士(えぞふじ)」とも言われる「羊蹄山(ようていざん)」です。羊蹄山は、日本にある111の活火山の一つです。

 

 

こちら、朝食に行く前に撮った、8時すぎの写真。

羊蹄山が雲にすっぽり隠れてしまいました。

 

前日は曇りだったので、快晴の洞爺湖を堪能でき、満足満足♪

 

 

この後、ホテルをチェックアウトして西山山麓火口散策路へと向かいました。

これは前々回前回の2回にわたって紹介した2000年の金毘羅山噴火の前日に噴火した所で、金毘羅火口災害遺構散策路と同じく、無料で見学できます。

 

 

関連記事

→→【金毘羅火口災害遺構散策路① 安らぎの家】・・・前々回回の記事です。

→→【金毘羅火口災害遺構散策② 桜ヶ丘団地】・・・前回の記事です。

→→【洞爺湖サミット記念館】・・・すぐ近くです。

→→【橋杭岩から昇る朝日と、串本ロイヤルホテル】 こりゃもう、絶景よ~~!・・・このホテルから見た早朝の景色も絶景だった!(和歌山県)

交通アクセス

洞爺湖畔。洞爺湖温泉バスターミナルより徒歩5分。

料金

無料。

開催期間は四月末から十月末。開催時間は20時45分から20分間。

公式サイトで調べてからお出かけしてください。

近くの宿泊施設

洞爺観光ホテル。全客室洞爺湖に面しています。洞窟風呂があり、夏季は部屋から花火が見えます。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-北海道旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【金毘羅火口災害遺構散策路① 安らぎの家】 2000年4月1日に、洞爺湖温泉街を襲った噴火と、熱泥流の被害を今に留める施設 

忙しかったボランティアも終わり、一カ月ぶりに「五泊六日北海道旅行記」再開です。 がんばって書いて、今年中に北海道旅行記を終わらせたいと思います。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金 …

【登別温泉 地獄谷】 ボコボコボコ! 激しく沸く鉄泉池と、モクモク吹き上がる火山ガス。登別温泉三大史跡も見てね

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行の紹介です。 旅行二日目の午前は、登別温泉地獄谷を散策しました。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト …

【東蝦夷地南部藩陣屋跡モロラン陣屋跡(元室蘭南部藩陣屋跡)】 国指定史跡。江戸幕府が外来船警戒のために造った陣屋の跡

前回からの続きで、五泊六日の北海道旅行、二日目の紹介です。 午前中は【登別温泉】周辺、昼からは室蘭市の【地球岬、金屏風、トッカリショ】を見て、車で15分ほど離れた元室蘭南部藩陣屋跡(もとむろらんなんぶ …

【登別温泉】 鬼、鬼、鬼~~! 鬼だらけの温泉地。念仏鬼像を祀った「鬼祠」と、鬼の金棒が並び立つ泉源公園の間欠泉

久しぶりの更新です。 最近、町内会、幼稚園、小学校の行事や当番が重なっており多忙なため、10月はあまり記事を書けないかもしれません(+_+) がんばって書かないと、北海道旅行記事は30を超えるため、終 …

【休暇村 支笏湖】 カヌーなど、ふれあいプログラムがたくさんある楽しいホテル。支笏湖で泊まるならココ!

前回からの続きで、5泊6日北海道旅行の紹介です。 目次1 宿泊記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 宿泊記 【支笏湖、千歳川 カヌー体験】の後、旅行初日 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ