チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

北海道旅行記

【北海道開拓の村 ①】 ディズニーランドより広い敷地に、52棟の歴史的建造物がある。食事は屯田兵定食がオススメ!

投稿日:2018年12月6日 更新日:

前回からの続きで、五泊六日の北海道旅行 四日目の紹介です。

【モエレ沼公園】の後、北海道開拓(かいたく)の村へ行きました。

旅行記

北海道開拓村入り口は、旧札幌停車場(札幌駅)。明治41年(1908)に建てられた札幌停車場の正面外観を、縮小再現したものです。

 

 

ちなみにこちら、現在のJR札幌駅。北海道で一番大きな駅です。

 

現在と昔の建造物を見比べると、昔の建築物はけっこうオシャレだったなぁと思います。(設備や耐震面で言うと現在の建物の方が優れているでしょうが)

 

北海道開拓の村は、一般大人800円。高校生、大学生は600円。中学生以下は無料です。我が家は小学生と幼稚園児連れなので、大人料金二名分で入れました。

 

 

入場口には、顔出しパネルが二つ。

顔出しパネルを見つける度に、ついつい顔を出して、記念撮影してしまう。

 

 

北海道開拓の村全体マップ。

私は現在関東に住んでいて、東京の【江戸東京たてもの園】、神奈川県の【日本民家園(生田緑地内)】といった、古い建物を移築した施設に行ったことがありますが、北海道開拓の村はその二つよりも広大で、建物数が多いです。

 

東京の江戸東京たてもの園は30棟、神奈川の日本民家園は25棟に対し、北海道開拓の村は52棟と、建物数がダントツに多いです。

さらに、【東京ディズニーランド】の面積が約51ヘクタールに対し、北海道開拓の村はそれを上回る54.2haと、ディズニーランドよりも広いです。

 

 

私達は午前中に小樽の【北一硝子三号館(北一ホール)】などを見て、札幌に移動し、【モエレ沼公園】の次に北海道開拓の村へ訪れたため、見学時間は三時間半ほどしかありませんでした。

 

なんとかまわれるだろうと思っていたのですが、甘かった!

全部の建物を回りたい方、じっくりと楽しみたい方は、午前中から訪れるのをオススメします

 


お腹が空いていたので、まずは食堂へ。入場口の右にあります。

せっかく来たのだから、名物的な食事を楽しみましょう♪

 

 

この食堂名物の、屯田兵定食(とんでんへいていしょく)。千円。

ニシンのそぼろ丼(ミニ)、いももち、味噌おでん、豚汁、小鉢がついています。

屯田兵とは、北海道が開拓された明治時代に、北海道の警備と開拓にあたった兵士とその部隊のことを言います。

味噌おでん、いももちは甘いので、小さな子供にウケが良いです。

 

 

私が頼んだのは、やん衆定食800円。

屯田兵定食よりも品数が少な目で、ニシンのそぼろ丼が大きいです。

「やん衆(やんしゅう)」とは、ニシン漁などに従事する季節労働者の事。

ニシンのそぼろ丼は、ちょっと小骨が気になるけれども、御飯が進む味付けで美味しかったです。

 

いももち二個300円。これは、美味しいのでオススメです! 最終日の大雪山ロープウェイでも食べました。

北海道グルメのお気に入りです。

材料はジャガイモと片栗粉なので、自分の家でも作れそうな感じ。

 

 

お腹を満たしたところで、北海道開拓の村散策開始。

雨が降っていたし、平日だったので、お客さんは少な目だったのじゃないかなぁと思います。

園内には、馬車鉄道が走っています。平日は40分間隔、土日は30分間隔、ゴールデンウィークは20分間隔です。

馬車鉄道に乗ると建物の中を見学できないので、帰りに乗ることにしました。

 

 


まず、旧来正旅館へ。

東永山兵村に屯田兵として入ってきた来正策馬さんが、大正8年(1919年)に旅館兼待合所として建てたもの。当時は、旅人の宿泊、汽車の待合などに利用され、にぎわったのだそうです。

この旧来正旅館は、ぜひ中に入ってください。お菓子が買えます。

 

 

「飴がオススメ」とのことで買いました。

写真のようなちょっと大き目のアメを、台に乗せ、石でガツーンと叩き割って食べます。

外国から来た女の子がたいそう気に入ったようで、10個くらい飴を叩いていったとか、おっしゃっていたような気がします。

我が家は、息子と娘用に、2つ買いました。

 

 

写真左が叩き割られた飴。上手に割れたらおじいちゃんが「上手~♪」と褒めてくれるので、楽しかったみたいです。

写真に写っている、2つの黒いお菓子は「黒助」といって黒糖の風味が美味しいおやつ。

その下にある黄土色の塊は「きなこねじ」です。砂糖ときな粉を混ぜた味。

どれも素朴な味わいで、美味しかったです。

 

 

次は、ピンクの外観がオシャレな、旧浦河支庁庁舎。

大正8年(1919)に建築されたものです。

中は博物館として利用されたこともあるようで、現在も古い道具の展示がいくつかありました。

 

右が、昔の薪ストーブ。左が、櫓ごたつ。

 

 

浦川村長室。

 


旧松橋家住宅。

明治・大正・昭和にわたる都市生活者の住宅なのだそうです。

 

中の書斎。

 

旧開拓使工業局庁舎。明治6年(1873)に設置された建物で、開拓使関係庁舎としては現存する唯一のものです。重要文化財に指定されています。

 

 

中は資料が豊富! 札幌冷製麦酒(現在の札幌ビール)に関するものが多かったです。

 

 

明治9年のサッポロビール。右に文字の書かれた樽が積み上げられていますね。

 

 

現在のサッポロビールにも、文字の書かれた樽が置かれてあります。

→→【サッポロビール園】の記事はこちら・・・日本人による初のビール醸造所。雰囲気の良いケッセルホールで、ビールとジンギスカン!

 

 

テクテクと歩いて、道路を挟んだ向かいの旧札幌警察署南一条巡査派出所へ。

白い服を着たマネキン(?)が見えて、「マネキン? 本物?」とか小声でしゃべりながら建物に寄ると、本物でした(笑)

中には白い制服を着たおじいちゃんが二人いて、気さくに記念写真を撮ってくれました。

 

 

北海道開拓の村の建物には、マネキンが置かれている建物と、係員さんがいる建物があります。

例えば、山本理髪店には、

 

こんな感じで、かなりリアルに作られたマネキンさんがいます。

 

遠くから「マネキン? 人間?」と疑問に思いながら近づくのは良いのですが、建物に入って人影を感じ、パッと見ると、

リアルなマネキンだったりして、けっこうゾクッとくるものがあります(笑)

 

 

恐いわーーーー!!!

(((( ;゚Д゚)))

 

 

写真が多くなるので、次回に続きます。

次の記事で、馬車鉄道を紹介!

 

関連記事

●札幌観光の記事です。

→→【モエレ沼公園】 入場無料。世界的な芸術家イサム・ノグチ氏が、ゴミ処理場跡地を美しい公園に変えた!・・・前回の記事です。

→→【サッポロビール園】 日本人による初のビール醸造所。雰囲気の良いケッセルホールで、ビールとジンギスカン!

→→【札幌市時計台、さっぽろTV塔】 札幌駅から徒歩でまわれる観光スポット。札幌の時計台は、日本三大がっかりスポット?

 

●古民家が好きな方は、関東の古民家園の記事もどうぞ。

→→【江戸東京たてもの園】「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになった子宝湯・・・東京都小金井市。

→→【日本民家園(生田緑地内)】 東日本の古い建物が25棟! 古民家好きはぜひ訪れてください・・・神奈川県川崎市。

→→【府中市郷土の森】 旧府中尋常高等小学校を見て水遊びを楽しむ・・・東京都府中市。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、新札幌から開拓の村行きに乗車、終点「開拓の村」で下車。

車で行く場合、駐車場は400台停められ、無料です。

料金

入場料は、一般大人800円。高校生、大学生は600円。中学生以下は無料です。

鉄道馬車は、中学生以上の大人250円、三歳から14歳までは100円。

近くの宿泊施設

ホテルマイステイズ札幌アスペン。札幌駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-北海道旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【小樽を散歩】 小樽出抜き小路から、堺町通りを歩き、メルヘン交差点へ。歴史的建造物と、体験工房がたくさんある!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 三日目の行程です。 三日目の行程最後は、小樽の散歩でした。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイ …

【展望花畑 四季彩の丘】 入場料・駐車場無料! ラベンダーの見ごろが終わった8月でも十分美しい! 3つの乗り物を楽しめます

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 六日目の紹介です。 美瑛白金温泉に宿泊し、六日目は朝から【白ひげの滝】、【十勝岳展望台】を見て、次は四季彩の丘(しきさいのおか)へ行きました。 目次1 旅行記1. …

【雪の美術館】 「アナと雪の女王」みたいな美しい美術館。旭川は日本で最も美しい雪の結晶が降るところだった!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 五日目の行程の紹介です。 【神居古潭(かむいこたん)】を散策した後、車で30分ほど離れた旭川市の「雪の美術館」へ行きました。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交 …

【函館観光】 函館駅から歩いて、函館朝市、はこだて明治館、金森赤レンガ倉庫を散策

前回の【函館山の夜景】の続きで、2007年・3泊4日北海道旅行の紹介です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 【函館山の夜景】を …

【日本銀行旧小樽支店金融資料館】 入館無料。1,000億円をバックに1億円をかつぐ! ニセ札の見分け方も紹介

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 四日目の行程の紹介です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 朝一で、【北一硝子三号 …