【義経公園、東神楽神社】 源義経は岩手の平泉で死なず、北海道に逃げた? 北海道に残る義経伝説 

前回の【大雪山旭岳 ②】の続きです。

長い北海道五泊六日旅行の最終目的地である大雪山旭岳のハイキングが終わり、旭川空港へ向かったのですが、レンタカーの返却時間まで1時間あったので、空港近くの公園で時間つぶしをすることにしました。

なんと、その公園の名前は「義経(よしつね)公園」。

そう、あの源平合戦で有名な、源氏の棟梁・源頼朝(みなもとよりとも)の異母弟の、源義経(みなもとのよしつね。幼名は牛若丸)です。

→→2018年5泊6日北海道旅行記の行程はこちら・・・5泊6日で36か所を巡りました。

旅行記

義経公園は、旭川空港まで約4kmの所にあります。

私達は、小学生と幼稚園児の子連れ旅行なので、旭川空港で1時間つぶすよりも、公園で時間をつぶしたほうが良いだろうと、義経公園に立ち寄りました。

 

 

けっこう立派な複合遊具。

これなら1時間は遊べるでしょう!

 


 

奇麗な噴水もありました。

 

 

広いグラウンドもあります。

息子と娘は夫に見てもらい、私は一人でふらふらと周りを散歩しました。

 

「義経公園」…、気になる~~!

 

 

源義経について書いた記事がいくつかあるのでご覧ください。

→→鞍馬寺(くらまでら)の記事はこちら・・・京都府。義経が幼少の頃に預けられた寺。鞍馬寺の天狗に武術を教わった義経(幼名は牛若丸)は、異母兄の頼朝に加勢するため、京都を出る。

→→小町通りと、鶴岡八幡宮の記事はこちら・・・神奈川県鎌倉市。鎌倉幕府の中心地だったところ。頼朝と政子、義経と静御前について書きました。

 

簡単に説明すると、頼朝(よりとも)の異母弟の義経(よしつね)は、「治承・寿永の乱(源平合戦ともいう)」の、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦で大活躍し、源氏を勝利に導きます。

しかし、頼朝に「日本一の大天狗」と言われた後白河天皇の策略により、頼朝と義経は対立。

義経は頼朝(異母兄!)から、命を狙われることになりました。

 

義経は武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)と共に逃げ、奥州平泉(現在の岩手県平泉町)の奥州藤原氏を頼るものの、後に藤原氏に攻められてしまいます。

この時、武蔵坊弁慶は義経を守るため、壁のように立ちふさがり、無数の矢を受けて立ったまま死んだと言われています。(弁慶の立ち往生)

→→闘鶏神社・弁慶生誕地の碑の記事はこちら・・・弁慶は和歌山県出身。

 

義経は敵の攻撃から逃れることはできず、平泉の衣川館で妻子と共に自刃(自殺)した、と言われています。(享年31歳の若さだった)

 

・・・が、その一方で、「義経は平泉で死なず、モンゴルに渡ってチンギスハンになった」との伝説もあるのです。

 

岩手の平泉(義経堂があるところ)から、北海道の義経公園まで、どんなルートできたのだろう・・・。

青森県の竜飛岬に義経伝説を伝える寺があるらしいので、現在の北海道新幹線(青函トンネル)が通っている海峡を船で渡ったのかもしれません。

 

 

グーグルマップで「義経公園」で検索すると、北海道に三か所出てきます。

 

中でも有名なのは、平取町の義経神社。義経の御神像が安置されており、御祭神は源義経。

 

・・・義経は、岩手の平泉から逃れて、北海道(蝦夷地)へ渡ったのだろうか????

 

なんの縁も無ければ、名前も残らないのでは・・・。

 


 

 

義経公園をふらふら歩き、すぐ隣の神社へ。

東神楽(ひがしかぐら)神社、一の鳥居。

 

 

階段を上って、二の鳥居。

 

 

本殿。

祭神は、天照大神(アマテラスオオカミ)、大国主大神(オオクニヌシノカミ)、少彦名大神(スクナヒコナノカミ)です。

天照大神は天皇の祖先神。

大国主大神(オオクニヌシノカミ)、少彦名大神(スクナヒコナノカミ)は、国土の開拓をした神様です。

 

 

明治30年、義経台(よしつねだい)に神楽神社を創建し、大正5年に東神楽神社となったようです。

 

神社の歴史が比較的新しいのは、北海道はもともと蝦夷地(えぞち)でアイヌの土地であり、アイヌは神社の習慣が無かったためです。(アイヌは自然神を崇拝し、社を建てない)

 

 

神社が建立された丘、「義経台」の説明。

 

 

義経は奥州から逃れ、アイヌの導きで北海道に渡り、各地で「カムイハンガン」と尊称され、英雄と仰がれた。

義経は東神楽のこの丘に登り、アイヌと酒を交わし、アイヌ達は義経を音読みして「ギケイコウ」と呼んだ。

義経が旅立った後も、数百年間、アイヌ達は義経を慕ってこの丘に登り、酒をのみ、ギケイコウととなえ、拍手して散会する様子を、開拓の古老が聞き伝えて、この丘を義経台と名付けた。

 

 

東神楽神社の本殿横の階段を下りて、義経台を横から見る。

 

 

過去の歴史ミステリーTV番組で放送していた内容。

・北海道の義経神社の紋は、源氏の紋と同じ笹竜胆(ササリンドウ)。
・北海道には弁慶岬、義経の馬岩、判官岬など、義経に関係する名前が110箇所もある(これらはアイヌ民族の集落沿いにある)。
・奥州藤原氏とアイヌ民族は交易でつながりがあったため、義経はアイヌと接触していたかもしれない。奥州藤原氏は義経を討たず、蝦夷地へ逃して、別人の首を鎌倉幕府に差し出した・・・かもしれない。
・留萌(るもい)で義経の消息は消える。留萌は大陸に近い。
・奥州藤原氏は大陸の日本海沿岸部とも関わりがあった。現在のロシアのナホトカには、なぜかしら源氏の家紋であるササリンドウ紋が残る。
・中国に義経の墓がある・・・???

 

 

 

この地に、義経が来た・・・???

 

真偽はわかりませんが、あなたはどのように思われたでしょうか。

 

 

それにしても、北海道からモンゴルは遠い!

 

モンゴルでチンギスハンになったのは、私の中では「?」ですが、北海道に来たというのは、あり得るかもしれない・・・。

 

 

五泊六日の北海道旅行最後の地で「義経伝説」の石碑を見、旭川空港から飛行機に乗って神奈川へ帰ったのでした。

神奈川県の鎌倉市は、鎌倉幕府の中枢部分であった所です。

興味のある方は、鶴岡八幡宮の記事もご覧ください。

→→鶴岡八幡宮の記事はこちら・・・鎌倉八幡宮とも言われる。鎌倉幕府の中枢となる施設が数多くあった。

 

これで2018年8月の五泊六日北海道旅行は終わりです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

関連記事

→→2018年・秋  北海道 五泊六日旅行の行程・・・この旅行の行程まとめ。

→→【小町通りと、鶴岡八幡宮】 源平の争いにゾッとする。頼朝と政子、義経と静御前(神奈川県 鎌倉市。鎌倉幕府の中心地)

→→【鞍馬寺(くらまでら)】 本殿前の金剛床はパワースポット。鞍馬寺の教え「すべては尊天にてまします」とは?(京都府。義経が幼少時代を過ごしていたと伝えられる寺)

→→【闘鶏神社(世界遺産)と、弁慶生誕地の碑】 武蔵坊弁慶の父とされる湛増(たんぞう)が、神意を確認した神社(和歌山県。弁慶は和歌山県出身だと言われている)

交通アクセス

旭川空港から4kmほど。車での所要時間6分。無料駐車場があります。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。