【大雪山旭岳 ②】 北海道で一番高い山・旭岳は、噴煙モクモクの大迫力スポットだった! 噴気孔に大接近!

前回の大雪山旭岳(だいせつざん あさひだけ)の続きで、北海道五泊六日旅行の紹介です。

→→2018年5泊6日北海道旅行記の行程はこちら・・・5泊6日で36か所を巡りました。

旅行記

前回は大雪山旭岳ロープウェイと、高山植物について書いたので、今回は散策路について書きます。

 

もう一度マップを貼っておきます。

麓から大雪山旭岳(だいせつざんあさひだけ)ロープウェイに乗り、姿見駅(すがたみえき)から散策スタートです。

山頂まで片道2.5時間かかりますが、私たちは山頂には向かわずに青い丸で囲った散策路を、左回りに一周しました。大人の足なら1時間で回れる距離です。

 

 

姿見駅前から、大雪山旭岳(だいせつざんあさひだけ)を見る。

旭岳は北海道最高峰(北海道で一番高い山で、標高2,291mです。

活火山なので、噴煙がもくもくと上がる姿は、なんとも雄大で大迫力!

 

噴煙上げる旭岳を見ながら、ロープの張られた散策路を進む。

噴煙と雲が風に流され、旭岳の姿か出たり、隠れたり・・・と風景が目まぐるしく変わります。

前回の記事に書きましたが、散策路は高山植物が美しいです!

山を見たり、足元を見たり・・・でキョロキョロしっぱなし。

大人の足だと一時間で一周できるので、時々立ち止まてて景色を楽しみながら、ゆ~~~~~~~っくり歩いてください。

 


 

散策路をテクテクと歩いて、

 

第一展望台に到着!

 

旭岳、美しい~~~! カッコイイ~~~!!

 

展望台はコース上に全部で6つあり、第一展望台には木製ベンチとテーブルがありました。

私達はここで5分ほど休憩しました。

 

 

第一展望台からしばらく進むと、第二展望台があり、擂鉢池(すりばちいけ)を見下ろせます。

訪れたのが8月の半ば過ぎでしたが、擂鉢池に雪渓(せっけい)が残っていました!

 

 

擂鉢池を眺めていると、池の一部分が真っ青になってきました。

空を見上げると、

 

ぽっかりと円形に雲が開けていており、透き通るような青空が!

雲一つない快晴が好きな方もいるでしょうけれども、私は断トツで雲のある日が大好きです!

刻々と移ろう雲のアートは見飽きない。

 

 

擂鉢池(すりばちいけ)のすぐ隣には、ひとまわり大きな鏡池(かがみいけ)があります。

 

 

鏡池に旭岳が映りこんで美しい~~!

まさに鏡のような池!

ここでも記念写真を撮りながら、5分ほど休憩しました。

 

 

左側が雪渓の残っていた擂鉢池(すりばちいけ)、右側が鏡池(かがみいけ)で、この二つは「夫婦池」とも呼ばれます。

旭岳は3万年前から数千年前に火山活動で噴火しましたが、同じ時期に小噴火した火口に水が溜まってできたのが、この二つの池です。

噴火した当時は荒涼とした地だったでしょうが、今ではこんなに緑と水の豊かな美しい山。

 

自然の変化はダイナミックですね!

 


 

美しい池やカワイイ高山植物、雄大な旭岳にも目を奪われるのですが、ところどころに巨石がゴロゴロしているのも気になりました。

不思議な恰好でポンと置かれている岩は、噴石でしょうか。

よくあの角度で落ち着きましたねぇ・・・。

岩石がたくさん。

山の力強さと荒さを見せてくれます。

モノレール姿見駅周辺は高山植物が生い茂り、なんともカワイイ雰囲気だったのですが、山が近づくとこのような荒々しい風景が増えます。

 

 

旭岳の噴煙が近くなってきました!

ボボボボボボボボボと音がスゴイ!

 

 

第4展望台に到着。

一体、何か所から噴煙が出ているのだろう???

10箇所はあるのではないかなぁと思いました。

第4展望台でも飲み物を飲んで5分休憩。この辺りは噴煙の音がけっこううるさいので、なんだかソワソワした気分になります。

 

散策路はこのまま噴気孔へと続き、大接近!

ボボボボボボボボボボボボッボボボボボボボボ!

 

手前のロープと噴気孔の近さを見て欲しい。

 

ええええ、接近しすぎ~~~~!!!

こんなに近寄って良いの!?

 

 

空気を震わせる爆音。

すごい迫力でした!

風向きがこちらに来なかったので、火山ガス臭はほぼありませんでした。

 

今まで、神奈川県箱根町の大涌谷、熊本県の阿蘇山火口に行きましたが、大雪山旭岳は断トツの大迫力でした!

 

→→大涌谷(おおわくだに)の記事はこちら・・・神奈川県箱根町。大涌谷は箱根山の火口です。現在、火山活動が活発化し、立ち入り禁止になっています。(2019年6月現在の情報)。
→→阿蘇山(また今度、記事を書きます)・・・熊本県。こちらも私達が訪れた数年後に噴火したため、現在は立ち入り禁止です。ロープウェーも破壊されてしまいました。

 

 

ものすごい噴煙を上げていたので、元気な活火山だなーーーと思いました。

 

 

北海道にはたくさんの活火山があり、気象庁が詳しく説明してくれています。

これによると、大雪山旭岳の最近の噴火は、500~600年前なのだそうです。

 

北海道の活火山で一番最近噴火したのは、2000年の有珠山(うすざん)と2004年の十勝岳(とかちだけ)だそうです。

→→有珠山(うすざん)の記事はこちら・・・有珠山の他、2000年の有珠山噴火による災害遺構を巡ってきました。
→→十勝岳展望台の記事はこちら・・展望台からはるか遠くに噴煙が見えます。私達が訪れた時、自衛隊の方が望遠鏡で観察していました。

 

 

地球は生きていますから、また大雪山旭岳も噴火する時が来るのでしょうね。

それにしても、噴気孔にあんなに近寄って大丈夫なのだろうかーーーと、ちょっと心配になりました。(いったん噴火が始まったら噴気孔の近くでも麓のロープウェイ駅でも危険ですが・・・)

 

 

噴気孔の反対側にも美しい池があります。これが「姿見の池(すがたみのいけ)」。

姿見の池の対岸には、山小屋(避難所)がぽつんと立ってあり、中に入ってみたのですが、「これでどこまで防げるのかなぁ?」と思いました。

 

 

姿見の池の対岸へ移動。

噴煙上げる旭岳と、美しい池との記念写真を撮りたいなら、ここが一番良い場所かもしれません。

私達が訪れた時は、雲が厚くて、池に山が映りませんでした。(鏡池の方で奇麗な写真が撮れた)

 

 

「すごい迫力だったねー」と噴気孔から離れ、ロープウェイ駅に戻る。

ちょろちょろと小川が流れ、高山植物が豊かに茂ります。

先ほどの荒々しさとは正反対の、穏やかな風景。山は恵みですね~。

 

 

ロープウェイ駅が近づいてきたので振り返り、大雪山旭岳に別れを告げる・・・。

 

ホント、美しくて、カッコイイ山だったなぁ~~~・・・(ためいき)

 

 

写真を見て思い出すと、また行きたくなってしまいました!(最寄り空港は旭川空港です)

 

素晴らしい所だったので、北海道旅行にぜひ組み込んでくださいね、オススメです!

 

 

この後、38km離れた旭川空港まで向かったのですが(車での所要時間約50分)、レンタカー返却時間まで時間があったので、空港近くの公園で時間を潰すことにしました。

面白いことに、その公園は、「義経(よしつね)公園」というのです。

義経は源平合戦で有名な源頼朝(みなもとのよりとも)の異母弟・源義経(みなもとのよしつね)のことですね。

なぜ北海道に義経の名前があるか。

義経は岩手県で死なずに北海道へ逃げたとする歴史ミステリーがあるのです。

北海道旅行の最後が歴史ミステリーとは面白いですが、次が最後の記事です。

 

 

次の記事はこちら

前回の【大雪山旭岳 ②】の続きです。 長い北海道五泊六日旅行の最終目的地である大雪山旭岳のハイキングが終わり、旭川空港へ向かったのですが、レンタカーの返却時間まで1時間あったので、空港近くの公園で時間つぶしをすることにしました。 […]

 

 

関連記事

→→2018年・秋  北海道 五泊六日旅行の行程・・・この旅行の行程まとめ

→→【大雪山旭岳①】の記事はこちら・・・前回の記事です。

→→【有珠山ロープウェイ、昭和新山】の記事はこちら・・・北海道の活火山。こちらもロープウェイで上れます。

→→【八甲田ロープウェー】の記事はこちら・・・大雪山旭岳ロープウェイに次いで高かったのが青森県の八甲田ロープウェイ。猛吹雪の八甲田山で、樹氷を見ました。冬の八甲田山は過酷だった!

→→【北八ヶ岳ロープウェイと、溶岩坪庭自然保護区】の記事はこちら・・・山梨県。こちらもロープウェイ下車後、一周散策できるコースが造られています。

→→【天上山公園カチカチ山ロープウェイ】の記事はこちら・・・山梨県。富士山ビュースポット。

→→【箱根元宮(はこねもとつみや)と駒ケ岳ロープウェイ】の記事はこちら・・・神奈川県。箱根山の最高峰・神山の隣の駒ケ岳。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、旭川駅発、旭川空港経由のシャトルバス「いで湯号」に乗車。

車で行く場合、駐車場は500円です。普通自動車150台停められます。
駐車場係りのおじさんが「バックで入れるのは苦手か得意か」ときいて、停めやすい位置を教えてくれるので、バックでの駐車が苦手な人も安心。

料金

トップシーズン(2019/6/1~2019/10/20)は大人往復2900円、子供は往復1450円。未就学児は大人一人につき一人無料。例年6月第3週末が山開きになっており、それから9月下旬に初冠雪が降る頃までが登山シーズンです。

シーズン(2018/12/8~2019/5/31)はスキーができ、大人往復1900円、子供は往復950円。未就学児は大人一人につき一人無料。

クレジットカード決済はできないので、ご注意を。(2019年6月現在の情報)

近くの宿泊施設

ラビスタ大雪山。JR旭川駅より無料送迎サービスがあります(要予約)。旭岳ロープウェイ乗り場まで、650m。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。