チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

北海道旅行記

【展望花畑 四季彩の丘】 入場料・駐車場無料! ラベンダーの見ごろが終わった8月でも十分美しい! 3つの乗り物を楽しめます

投稿日:2019年2月5日 更新日:

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 六日目の紹介です。

美瑛白金温泉に宿泊し、六日目は朝から【白ひげの滝】【十勝岳展望台】を見て、次は四季彩の丘(しきさいのおか)へ行きました。

旅行記

北海道には入場無料の美しい花畑がたくさんあるのですが、中でも有名なのはラベンダー畑で有名な富良野町の【ファーム富田】と、美瑛町の四季彩の丘ではないでしょうか。

この前日に訪れた、同じく美瑛町にある無料の花畑【ぜるぶの丘・亜斗夢の丘】も良かったですが、四季彩の丘もすごく素敵でした。

 

四季彩の丘は、入場料無料、駐車場無料です。

私達が訪れたのは八月の平日昼頃でしたが、駐車場はほぼ埋まっていました。(大型バス20台、乗用車100台停められます)

大型連休時は早い時間に行かないと、駐車場待ちをすることになると思います。

 

四季彩の丘の入場料は無料ですが、「維持管理費用として一人あたり200円の募金をお願いします」とありました。

 

四季彩の丘では、別料金で乗り物を3種類楽しめます。

バギーは、一周約1kmの専用コースを走るもので、一人乗りは500円 、2人乗りの場合は800円です。

同じく美瑛町にある無料の花畑【ぜるぶの丘・亜斗夢の丘】では、バギーに乗って花畑を一周できましたが、色彩の丘のバギーコースは花畑周りではなく、白樺林を一周します。

花畑を見ながらバギーを運転できませんので、ご注意を。

 

 

二つ目の乗り物は、写真中央左に写っているカート。

これは15分間貸切りで園内を自由に走行できます。一台を2人で乗る場合は1,500円、4人で乗る場合は2,000円、5人で乗る場合は2,500円です。

 

三つめはノロッコ号(トラクターバス)。途中で下車して記念写真を撮りながら、15分で園内を一周してくれます。

小・中学生は300円、高校生以上は500円で、小学生未満は無料です。

 

 

どれに乗ろうか迷ったのですが、バギーは【ぜるぶの丘・亜斗夢の丘】で乗ったので、今回は迫力のあるトラクターバスに乗ることにしました。

ただ、ここで注意なのですが、トラクターバス「ノロッコ号」は園内の中ほどまでしか行きません

乗り物に乗って園内の端から端まで行きたい方は、カートに乗りましょう。

 


花畑の間にはこのような広い道が通っており、トラクターバスもカートも歩行者も、同じ道を通ります。

 

 

先ほども説明しましたが、バギーのみ別コースで、白樺林の周りを一周します。

 

 

八月末のラベンダー畑。

ラベンダーの最盛期は七月なので、私達が訪れた時は刈り取られた後でした。(少しだけ花が残っており、刈り取り作業をしていました)

以前、ラベンダーで有名な【ファーム富田】へ行きましたが、それも八月末の北海道旅行だったので、私たちは一面に咲き誇るラベンダーを一度も見ていません。(七月に、まとまった休みがとれない)

・・・といっても、【ファーム富田】は花畑の半分がラベンダー畑なのですが、色彩の丘でのラベンダー畑は1割にも満たないのです。

 

「四季彩の丘 = ラベンダー」ではありません。

 

訪れる前に公式HPでお花の見ごろ情報をチェックしてほしいのですが、6月~9月末までなら、様々な種類・大迫力のお花畑を楽します。

 


いろんな可愛い花が咲いて、色鮮やかなじゅうたんのように見えました。

中でも目を惹いたのは、燃え盛る炎のように色鮮やかなケイトウ。

 

四季彩の丘は、お花畑だけではなく、十勝岳連峰も良く見え、絶景です!

ぜひ、お天気の良い日を狙って訪れてください。

→→【十勝岳展望台】の記事はこちら・・・四季彩の丘の前に立ち寄った所。

 

 

銀色の葉っぱ「シルバーダスト」を途中で分断している道が、真横に一本走っているのがわかるでしょうか?

ノロッコ号(トラクターバス)は、あの道から奥へは行きません。

 

ノロッコ号に乗った夫と娘がスタート地点へ戻されていくのを見て、徒歩で園内を巡っていた私と息子はビックリ。

 

「あれ? あれ??? こっちこないの? 戻っていったね!」←園内の中ほどでノロッコ号が戻ることを知らなかった(^_^;)

 

・・・ということで、園内の残り半分は、私と息子の二人でテクテク歩いてまわりました。

 

 

手前の黄色い花はマリーゴールド。

 

 

こちらはブルーサルビア。ラベンダー色をした美しい花で、9月いっぱいまで楽しめます。

余談ですが、以前、8月末に【ファーム富田】に行った際、ブルーサルビアがたくさん咲いているのを見て「なんだ、まだラベンダー残っているじゃない」と勘違いをしたことがあります。

サルビアはラベンダーのように香りが無いのですが、見た目がなんとなく似ていますね。

 

 

薄紫色と白色の、背の高い花はクレオメ。これも、とっても可愛らしい花でした!

マリーゴールドとサルビアは、ノロッコ号(トラクターバス)が走るコースにも咲いているのですが、クレオメは奥に行かないと見れないので、乗り物に乗って見に行きたい方はカートを利用しましょう。(徒歩では、入り口から15分くらいかかる)

クレオメが見ごろなのは6月下旬から7月下旬と、8月下旬から9月下旬の二回です。

 

 

美しい花のじゅうたんの写真をたくさん載せましたが、最後にお願いです。

 

花畑には絶対に入らないようにしましょう!

 

靴の裏に付着している病原菌や害虫が、土の中に入って、畑が駄目になってしまうこともあるそうです。

 

また、色彩の丘は冬季でも営業しています。スノーモービルやソリ遊びができるので、公式HPを見てからお出かけしてください。

 

 

次は、色彩の丘 園内にある「アルパカ牧場」を紹介します。動物好きに、めっちゃオススメです!!

 

関連記事

美瑛町の観光記事です。

→→【十勝岳展望台】 白金温泉から車で10分、青い池からは車で15分。雄大な景色を楽しめます!・・・前回の記事。

→→【白ひげの滝】 青い池とセットでまわろう! 十勝岳の噴火により生まれた美しい滝を、ブルーリバー橋から見下ろす

→→【青い池】 火山災害対策で偶然できた池が、美瑛町を代表する観光地になった。訪れるなら朝がオススメ!

→→【ぜるぶの丘・亜斗夢の丘】 入園無料・駐車場無料のお花畑で、バギーやカートも楽しめます。ケンとメリーの木の近く

●こちらの記事もどうぞ。
→→【ファーム富田】 駐車場・入場料が無料! ラベンダーの見ごろが過ぎた秋も楽しめます!・・・富良野町。

交通アクセス

JR富良野線「美馬牛駅」で下車し、徒歩25分。または美瑛駅よりタクシー利用。

車で行く場合、駐車場は無料です。(普通車100台)

料金

駐車場無料、入場料無料。
維持管理協力金として、一人当たり200円の募金をお願いしています。

バギーは、一周約1kmの専用コースを走るもので、一人乗りは500円 、2人乗りの場合は800円です。

ノロッコ号(トラクターバス)は、小・中学生は300円、高校生以上は500円で、小学生未満は無料。

カートは15分間貸切りで園内を自由に走行できます。一台を2人で乗る場合は1,500円、4人で乗る場合は2,000円、5人で乗る場合は2,500円です。

アルパカ牧場は小・中学生300円、 高校生以上500円。エサは100円。

ウィンターシーズンのアトラクションは公式HPでご覧ください。

近くの宿泊施設

ホテルラヴニール美瑛。美瑛駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-北海道旅行記
-, ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【川村カ子トアイヌ記念館】 日本最古のアイヌ博物館です。大自然と共に生きるアイヌの教え

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 五日目の行程の紹介です。 朝から【神居古潭(かむいこたん)】、【雪の美術館】とまわり、午後は同じく旭川市内にある「川村カ子ト(かわむら かねと)アイヌ記念館」へ行 …

【雪の美術館】 「アナと雪の女王」みたいな美しい美術館。旭川は日本で最も美しい雪の結晶が降るところだった!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 五日目の行程の紹介です。 【神居古潭(かむいこたん)】を散策した後、車で30分ほど離れた旭川市の「雪の美術館」へ行きました。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交 …

【登別温泉】 鬼、鬼、鬼~~! 鬼だらけの温泉地。念仏鬼像を祀った「鬼祠」と、鬼の金棒が並び立つ泉源公園の間欠泉

久しぶりの更新です。 最近、町内会、幼稚園、小学校の行事や当番が重なっており多忙なため、10月はあまり記事を書けないかもしれません(+_+) がんばって書かないと、北海道旅行記事は30を超えるため、終 …

【五稜郭(ごりょうかく)】 五稜郭タワーから見る景色が美しい!  土方歳三が死んだ「函館戦争」の中心地

前回からの続きで、三泊四日の北海道旅行の紹介です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 【函館山の夜景】 【函館朝市、明治館、金森レンガ倉庫 …

【四季彩の丘 アルパカ牧場】 アルパカの赤ちゃんを初めて見た! アルパカにエサをあげる時は、臭いつば吐きに注意!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 六日目の紹介です。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 四季彩の丘は、入場料無料、駐 …