チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

和歌山県旅行記

【三段壁】 断崖絶壁の観光地、恋人の聖地、日本初クリフダイビング会場、自殺の名所

投稿日:2016年10月17日 更新日:

続けて和歌山県南部の観光スポットを取り上げます。

前回はアドベンチャーワールドで、今回は三段壁(さんだんべき)。

私はいつも「さんだんぺき」と呼んでしまうのですが、「さんだんべき」が正式なようです。

アドベンチャーワールドからはバスに乗って10分です。

散策記

バスを降りてテクテクと歩くと、途中に、だんご、イカ焼き、ソフトクリーム、飲み物などが摂れるお店があります。

 

 

私達が訪れたのは2008年5月。
ゴールデンウィークだったので、観光客がたくさんいました。

 

 

三段壁は、長さ2km、高さ50m ~60mに及ぶ柱状節理の大岩壁です。













崖の下で釣りをしているおじさんがいました。(左側に映っています)

 


 

ここは断崖絶壁の名勝として知られる観光地で、見晴らしがとても良いです。

柵やロープがあるのは一部分なので、崖のフチギリギリに立って下を覗けます。(目もくらむような高さなので、落ちないように気をつけてくださいね)

 

 

崖の近くには、
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」
「重大な決断をするまえに一度是非ご相談下さい。連絡お待ちしています」
と書かれた命の電話(自殺防止)の看板と、投身自殺者・海難死没者供養塔、口紅の碑がありました。

 

 

(ウィキペディアより抜粋)

「三段壁にはあまり人目のつかない茂みの中に大きな岩に文字が刻まれた「口紅の碑」がある。
1950年6月10日、許されぬ結婚と病苦から岩に「白浜の海は、今日も荒れている」と口紅で書き遺し、生まれ変わって一緒になることを誓い合って若い男女が青い海に身を投じた。
口紅で書き遺された文字は二人の思いが成就するようにと、友人が翌年の同じ日に岩に刻みこんだといわれている。
二人とその友人の想いには、恋愛成就の意が込められていることからか、カップルや夫婦で触れるといつまでも一緒に幸せになれるという噂や、好きな人と一緒に触れると両想いになれるという噂もある。
近年では、カップルが岩場に座って景色を楽しんでいたり、ウェディング写真を撮影したりと人気のデートスポットになっている。平成28年4月には、プロポーズにふさわしいロマンチックな場所として恋人の聖地に認定されている。」

 

 

先ほど調べて知ったのですが、2016年10月16日(昨日ですね)、三段壁で日本初となるクリフダイビング大会が行われたそうです。

 

クリフダイビングとは、高さ28mの飛込み台から水中に飛び込む競技で、踏み切り、空中での姿勢、入水の3項目で採点し、その合計に技の難易率をかけて出た得点を競うもの。
高さ28mとは、水泳の高飛び込みの2倍以上、ビル8階建て相当の高さです。

 

 

 


三段壁とは、

・断崖絶壁の名勝で観光地
・恋人の聖地
・レッドブルの日本初クリフダイビング会場
・自殺の名所

こうやって書き出してみると、不思議な気分になります。

 

三段壁は「ただそこにあるだけ」なのに、人によってこんなに違ってくるなんて。

 

 

「人」は「霊止(ヒト)」とも言うそうです。

肉体は霊魂を止める入れ物にすぎないとするならば、三段壁という一つの場所で、雄大な景色を楽しむ人、愛を深める人、競技として飛び込む人、絶望して身を投げる人・・・と分かれてくるのは、生きるエネルギーというか「霊魂が人間の本体である」というのも、うなずけるような気がします。

 

 

霊止(ヒト)とは、不思議ですね・・・。

 


 

私はNHKのドキュメント72時間や、フジテレビのザ・ノンフィクションなど、他人の人生の片鱗を見るのが好きです。

 

それというのも、人それぞれ自分にしかないドラマを生きているんだなぁ、苦しんでいるのは自分だけではないんだなぁ、顔も名前も知らない世界中の人たちは、悩み苦しみながら生きる仲間なんだなぁ・・・、と教えてくれるような気がするからです。

 

短い番組なのですが、生きる悲しさ・苦しさの中に、ひたむきな美しさと温もりが見え、神様は私達一人一人を見守り、愛してくださっているんだ・・・と思えます。

 

 

ザ・ノンフィクションのエンディングテーマは「サンサーラ」。サンサーラとは、サンスクリット語で輪廻をいう。
ウィキペディア サンサーラ

「真理を知らない人は皆、苦悩を免れない。終わりなき輪廻の中で彼らは様々な方法で苦しむ。そのため束縛や誕生へ導く道をよく考えている賢者は自ら真理を探し求め、全ての生きものに優しくあるべきである。」

 

 

 

 

「私達は、学ぶため、霊的に進歩して完全に近づくためのステップとして、自ら望んで生まれてきた。我々は完全になるまで何度も生まれ変わらなければならない。なぜならわずかでも不完全であるものは受け入れない大精霊と再び一緒になるのがゴールであるから。そのため、宇宙の法則は自殺を禁止している。」
(私のオススメ本です)

 

 

 

登校拒否、鬱病、ガン、自殺未遂、中絶、不妊、離婚、DV、引きこもり、美容整形、殺人の被害者と加害者、前科者と付き合い悩んだ人、カルト教団に属してしまった人・・・。

 

自分自身・親戚・知人を見て思いつく限り書きましたが、同じ人生を送っているヒトは誰もいない。

 

みんな、今日も、自分の人生を精一杯生きて、命を燃やしている。

 

 

私は身内に自殺者が居ます。

 

自分の乗っている電車が、人身事故に遭遇したこともあります。

 

苦しみはその人にしか分かりませんが、生きていてほしかった・・・。

 

自分自身、消えてしまいたいと思ったことも何度かある・・・。(実をいうと、私は高校生のころ、消えてしまいたくて、一人で電車に乗ってここへ向かっていました。電車内でぽつーんと座っている姿が気になったのか、どこかのおばあさんが優しく声をかけてくださり、飴をくれました。私は、そこで暗い気分が少し晴れて、途中の駅で下車し、引き返しました)

 

 

けれども、生きていて良かった・・・。(ここに載せた写真は、結婚して3か月後に撮った写真です。ツライ日もあれば、笑顔で過ごせる日もある。高校生の頃、一人でここに向かって、間違いを起こさないで良かったと、今でも心底思います。)

 

 

 

「あなたが虚しく過ごした今日という日は、きのう死んでいったものが、あれほど生きたいと願ったあした」
(趙昌仁著 カシコギ)

 

悲しい想いを胸に抱る人が、どうか救われますように。

 

 

 

 


三段壁で「いのちの電話」を運営している牧師・藤藪庸一さんに密着した映画が、2019年1月19日に公開されました。

 

藤藪庸一さんの著書はこちら。

 

 

 

三段壁の奥まで行くと、崖の下の洞窟を見れます。

 

 

 

近くにある建物のエレベーターで、洞窟まで降りることができます。
洞窟は有料です。

 

 

長くなるので、次の記事へ続きます。

関連記事

→→【千畳敷(せんじょうじき)】 過去、最も怒りに震えた景勝地に、8年ぶりに訪れてみた・・・すぐ近くです。

→→【アドベンチャーワールド】の記事はこちら

→→【白良浜(しららはま)と円月島】 ハワイのワイキキビーチよりも綺麗だと思う

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、白浜駅で電車を下車し、三段壁行きの路線バスに乗車します。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

バスの運賃・乗り換えは明光バスHPでお調べください。
白浜駅から三段壁までのバス運賃は470円、アドベンチャーワールドから三段壁は310円です。

車で行く場合、近くの無料町営駐車場に停めます。

フリー切符

白浜観光に便利な「とくとくフリー乗車券(バス)」があります。
一日フリー券大人1100円、二日有効券は1500円、三日有効券は1700円です。(子供は半額)
フリー切符特典として白浜エネルギーランド、三段壁洞窟は100円引き、円月島グラスボート乗船券が500円割引になります。
詳細は明光バスHPでご覧ください。

料金について

崖の上に立つのは無料。
三段壁洞窟に下りる場合、中学生以上の大人1300円、小学生650円。
AM8:00~PM5:00(最終入場 PM4:50)

近くの宿泊施設

湯快リゾート 南紀白浜温泉 ホテル千畳。三段壁から800m。徒歩10分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【大門坂と夫婦杉】 美しい熊野古道と言えば、ココ。熊野那智大社まで、徒歩1時間くらいです

熊野詣の最後の記事です。 目次1 散策記1.1 関連記事2 交通アクセス3 フリー切符4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト 散策記 バス停留所は「大門坂駐車場前」です。 大門坂駐車場の端 …

【紀三井寺】 関西一の早咲き桜で有名。西国三十三ヵ所巡りの第二番札所

前回まで和歌浦の観光を取り上げましたので、今日は和歌浦の妹背山にある観海閣から見える、「紀三井寺(きみいでら)」を紹介しようと思います。 私が最後に紀三井寺へ行ったのは2007年でした。 目次1 参拝 …

【高野山「奥の院」】 弘法大師空海、入定の聖地。日本三大霊山の一つ

ずっと高野山について書いてきましたが、今回の記事が最後です。 【高野山の総門「大門」】、【壇上伽藍(だんじょうがらん)】、【高野山 金剛峰寺(こんごうぶじ)】と続き、奥の院の紹介です。   …

【生石高原】 ススキの名所で、弘法大師空海が護摩修行をした笠石がある

前回からの続きです。 二川(ふたがわ)ダムの北側に、生石(おいし)高原があり、これからの季節はススキが綺麗ですので書きたいと思います。 写真は2014年3月のものです。(秋じゃなくてごめんね・・・) …

【南紀白浜 とれとれ市場】 海産物・お土産がそろい、食事もできる

ずっと白浜町の観光について書いてきましたが、今回の「とれとれ市場」で最後です。 私達が最後に訪れたのは、2008年でした。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 フリー切符4 近くの宿 …