チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

和歌山県旅行記

【白良浜(しららはま)と円月島】 ハワイのワイキキビーチよりも綺麗だと思う

投稿日:2016年10月21日 更新日:

続けて白浜町の観光を取り上げます。

今日、紹介するのは白良浜(しららはま)と円月島(えんげつとう)。

白良浜はハワイ・ワイキキビーチと友好姉妹浜であるところで、石英の砂からできている真っ白な砂浜です。

円月島は、正式には「高嶋」と呼ばれる島で、中ほどにぽっかりと穴が開いています。

写真は2008年5月のものと、2016年10月のものです。

レジャー記

こちら、2008年5月に撮った白良浜。

まだ泳ぐのには少し寒いと思うのですが、海水浴客がチラホラいました。
海開きは5月3日で、本州で最も早いそうです。

 

 

 

ここからが、8年後の、2016年10月三連休の朝7時過ぎに撮った写真です。



白良浜周辺には旅館がたくさんあるので、早朝から散歩を楽しむ人がいました。

 

 

・・・というふうに5月と10月にしか訪れていないため、7月8月の海水浴シーズンはどれほど混雑するのか知りません。

 

「白良浜 海水浴」で画像検索したら、なかなかすごい写真が出てきたので、興味のある方はご覧ください。

 

毎年60万人を超える海水浴客が訪れ、7月30日と8月10日の2回、花火大会が行われるそうです。

 

綺麗な砂浜を静かに楽しみたいわぁ・・・という方は、夏季シーズンを外すのをオススメします。

 


 

10月の朝7時過ぎ、散歩をしている人は20人未満でとっても静かでした。

波の音だけが、ザザザ・・・ザザザ・・・。

 

 

 

石英の砂からなる白い浜辺。

ホント、真っ白!

 

ウィキペディアで調べて驚いたのですが、砂の流出と、浜周辺の開発により背後地からの砂の供給が途絶えたため、砂浜が痩せる問題がおこっており、1989年からオーストラリアの砂を搬入する養浜事業が行われているそうです。
これは大変驚きました・・・。(今は、100%和歌山産ではないのね)

明治から大正にかけては、ガラスの原料として白良浜の砂が採掘され大阪に運ばれていたそうです。

 

 

(ウィキペディアにはナゾの一文が・・・)

砂の成分である石英そのものは、花崗岩に含まれるごく当たり前のものであるが、付帯する金属などのためにそれほど白い砂にはならない。オーストラリアなど、大陸内部の砂丘で長時間に渡ってさらされた砂であってはじめて、これほどの白さが実現するようである。それでは元々の白良浜の砂はどうやってここに堆積したのかについては、諸説ある[要出典]がはっきりしていない。

 

 

波打ち際が綺麗~!

砂浜が白いので、海の青色が引き立ちます。

 

人が多く訪れる夏季はどれほど荒れるのかしりませんが、10月に訪れた時はゴミなど落ちておらず、とても綺麗な砂浜でした。

 

 

白良浜は、ハワイのワイキキビーチと友好姉妹浜です。

 

ワイキキビーチはハネムーンで行きましたが、ズバリ白良浜のほうが綺麗だと思いました。

 


 

2008年3月のハワイ・ワイキキビーチ。

やっぱりハワイはあたたかい。3月でも半袖で過ごせますし、海水浴もできます。
初めての海外旅行で不安だったのですが、みなさん親切だったので楽しかったです。

 

 

こちら、ワイキキビーチの砂浜。

白良浜みたいに白くないけれど、綺麗な砂浜でした。

左側は私の足跡で、右側は夫の足跡(形が全然違う~)。

面白いのが遺伝。息子の足は夫似で、娘の足は私似です。(顔は、息子が私似で、娘は姑似)

 

 

 

話を白良浜に戻しますが、道路のほうに遊具があります。

 

 

タコさん滑り台。

 

 

 

 

遊具の近くには、白良湯あり、7時から入浴できます。
入浴料金大人420円。

 

 

白良浜は、海の磯臭さが全くなく、ハワイみたいだなぁ~と思えるのですが、浜沿いに北へ進むと岩場になり、磯臭さが出てきます。

 

 

 

地層。

 

 

 

もっと北側へ行くと、円月島が綺麗に見えます。

南北130m、東西35m、高さ25mの小島です。

 

 

海岸沿いは散歩道になっていたようですが、2016年10月は通行止めになっていました。

 

 

落石があったようです。

海沿いを歩いて円月島まで行けると良いのですが、保護ネットなどをかぶせてからじゃないと、散歩道は再開されないでしょうね・・・

円月島までは、バスに乗って良くのが便利かなぁ・・・と思います。(運賃150円。車で行く場合、有料駐車場あり)

 

 

 

ウィキペディアから拝借した円月島(高嶋)の写真。

直径約9mの海蝕洞から夕日が見えたら、とても綺麗でしょうね・・・。

毎日穴の中に夕日が沈むわけではなく、春分・秋分の時期に限られるそうです。

夏は6時30分頃、冬は4時30分頃ごろに日が沈むそうです。
円月島 夕日について知恵袋

 

 

円月島といえば、グラスボート。
最後にグラスボートに乗ったのは、今から20年前の高校生の時だったでしょうか。

船に乗る前に記念写真を撮ってくれます。
乗船料は大人1500円。(バスの一日乗車券を提示すれば1000円)
船の底がガラスになっていて、海女のショーや、魚が見れます。

 

・・・が、酔いやすい方は注意!
かなり酔いますたらーっ(汗)

 

私は、走行する車内でスマホ画面や本を見ていると気持ち悪くなってしまうのですが、グラスボートはかなりきついものがありました・・・。

 

揺れている中、何かを注視すると「オエーッ・・・」とする方は、ちょっとやめておいたほうが良いかもしれません。

 

 

次は、白浜エネルギーランドを紹介します。

白良浜から徒歩3分くらいのところにあります。

 

関連記事

→→アドベンチャーワールド。世界最多のパンダ繁殖実績があるところで、パンダ飼育数日本一!・・・白浜観光で一番の人気だと思う。

→→【白崎海洋公園】の記事はこちら・・・日本のエーゲ海と言われるところ。和歌山県。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、白浜駅で電車を下車し、バスに乗って白良浜で下車します。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

バスの運賃・乗り換えは明光バスHPでお調べください。
前回の海中展望塔・崎の湯からの運賃は150円です。

車で行く場合、白良浜周辺駐車場があります。

フリー切符

白浜観光に便利な「とくとくフリー乗車券(バス)」があります。
一日フリー券大人1100円、二日有効券は1500円、三日有効券は1700円です。(子供は半額)
フリー切符特典として白浜エネルギーランド、三段壁洞窟は100円引き、円月島グラスボート乗船券が500円割引になります。
詳細は明光バスHPでご覧ください。

近くの宿泊施設

白浜館。白良浜のすぐ近く。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【アドベンチャーワールド(2)】 サファリワールドケニア号、遊園地、イルカショーについて

前回の続きでアドベンチャーワールドを紹介します。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 近くの宿泊施設3 お得で便利な、旅の予約サイト レジャー記 前回はパンダのことばかり取り上げましたが、アドベンチ …

【橋杭岩】 日本最大級ともいえる「宝永大地震」の津波の威力を知ることができる

前回取り上げた、本州最南端の水族館「串本海中公園」から、車で20~30分走らせると、橋杭岩(はしぐいいわ)があります。 目次1 散策記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な …

【熊野速玉大社】 熊野三山の一つ。御神木「ナギ」の木、牛王符。熊野と沖縄には繫がりがある?

前回からの続きで、熊野詣でです。 神倉神社にお参りをして、車で8分ほど離れている熊野速玉大社へ行きました。 徒歩なら10~15分くらいです。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 フリー切 …

【くどやま芸術祭】 2016年10月2日まで開催

続けて九度山町の観光を取り上げます。 九度山・真田ミュージアムのあと、開催されていた「くどやま芸術祭」に寄りました。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、 …

私がオススメする和歌山土産。ゆず最中、かげろう、100%温州みかんジュース、和歌山ラーメン。

まだまだ和歌山市内の観光スポットを取り上げるのですが、土産物を数多く揃える黒潮市場をさきほど取り上げたので、おすすめの土産物を紹介したいと思います。 断っておきますが、数あるお土産の中で「私が好きなも …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ