【慈尊院】 空海の母と関わりの深い寺で、乳房型の絵馬がある

続けて九度山町の観光を取り上げます。

今日取り上げる慈尊院(じそんいん)は、九度山・真田ミュージアムの最寄駐車場となっている「道の駅柿の郷くどやま」から徒歩10分、800mほどです。

 

以前、高野町の観光を取り上げ、弘法大師空海についていろいろ書きましたが、慈尊院は空海の母(玉依御前)とかかわりの深いお寺です。

 

高野山の大門、伽藍、金剛峰寺、奥の院とともに、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部に指定されています。

参拝記

ちょっと見にくいかもしれませんが、九度山町は高野町の北にある町です。

マップの赤ピンが高野山の伽藍などがあるあたりで、青ピンが慈尊院(じそんいん)、丹生官省符神社(にうかんじょうぶじんじゃ)、丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)です。

 

この青ピンの三つは、高野山の壇上伽藍奥の院などともに、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録されています。

 

 

 


慈尊院正門。

門から境内の周囲3方約250mにわたり囲っている塀は「築地塀(ついじべい)」と言い、和歌山県一の古さ(室町期)と壁の厚さがあるそうです。築地塀は県指定有形文化財指定。

この正門の向かい側で、柿の路上販売がありました。
4玉300円。
美味しかったです。

和歌山県は日本で柿の生産量一位を誇るのですが、九度山町は和歌山県においても「ひと味違う」と言われるほどの富有柿の名産地です。
柿が美味しい時期に行けて良かったー。

 


柿のCM。
何度見ても良いわぁ~。 関東で放送してくれないかなー。

 


 

慈尊院参りは、まずは弥勒菩薩様へ参るそうです。

 

 

こちらが本堂(弥勒堂・廟堂)。重要文化財、世界遺産。
本尊の木造弥勒仏坐像は国宝です。

 

弘法大師空海は高野山参詣の要所にあたる九度山に、高野山の表玄関として伽藍を作りました。

高齢となった弘法大師空海の母「玉依御前」は、息子が開いた高野山を一目見ようとやってきましたが、当時の高野山は女人禁制であったため、麓にあるここに滞在し、本尊の弥勒仏坐像を信仰したそうです。

空海の母は835年に死去しましたが、そのとき空海は弥勒菩薩の霊夢を見たので、廟堂を建立し自作の弥勒菩薩像と母公の霊を祀りました。

空海の母が弥勒菩薩を熱心に信仰していたため、入滅(死去)して本尊に化身したという信仰が盛んになり、慈尊院は女人結縁の寺として知られるようになり、女人の高野山参りはここということで「女人高野」とも呼ばれているそうです。

 

 

 

国宝に指定されている本尊。(九度山町の観光パンフレットから写真を借りました)

堂内に安置されている御本尊の弥勒仏坐像を拝めるのは、21年に一度とされています。(空海の命日が21日であることにちなむ)。

弥勒堂は鎌倉時代のもので、弥勒菩薩像は平安時代のものだそうです。

 

 

 

 

本堂(弥勒堂・廟堂)前には、こんなふうに乳房型の絵馬がいっぱい奉納されていました。

 

 

 

こちらは、本堂の向かい側にある拝堂で、祈祷申込やお守り授与をしているところです。

弘法大師の母公と、弥勒菩薩を祀る霊廟に乳房型絵馬を捧げ、安産・授乳・育児、病気平癒を願う乳房の民間信仰だそうです。

なかなかオッパイ型の絵馬は見ないですよね。
珍しいと思います。(それにしても良い形してますね~)

 


こちらは先ほどのおっぱい型巨大絵馬と同じところにあったもの。
左側の女性は弘法大師空海の母公で、右が弘法大師空海。

「高野より母を尋ねて月に九度」

空海は一ヶ月に9度(正確に9度というわけではなく、それだけ頻繁にということの例え)、20数kmに及ぶ山道(高野山町石道)を下って母を訪ねてきたので、この辺りは「九度山」という地名になった、と言われているそうです。

 

 

 

こちらが本堂(拝堂)。

北側が祈祷申込所で、南側から入れます。
中は撮影禁止で、高野山案内犬のゴンの新聞記事がたくさん張られていました。

 

高野山案内犬ゴン・・・昭和60年代に、慈尊院近くに住みついていた紀州犬と柴犬の雑種の白い雄野良犬。誰が教えたわけでもないのに、不思議なことにその犬は高野山への参詣者の道案内をするようになった。約1200年前の弘法大師の時代にも高野山の案内犬がいたという伝説があり、このゴンは「弘法大師の案内犬の再来・生まれ変わり」「お大師さんの犬」などと呼ばれ親しまれた。

 

 

ゴンの話は、童話として出版されています。ゴンは2002年に亡くなりました。

 

 

 

弘法大師像。

 

 

 

門を入って右手側にある大師堂(護摩堂)。

 

 

 

 

大師堂(護摩堂)の奥には、大規模な三間多宝塔があります。
1624年に再建されたもので、県指定有形文化財指定。
御本尊は、胎蔵界大日如来。脇仏に、胎蔵界四仏。
室町時代後期の三重塔から、江戸時代前期に多宝塔に作り変えられたそうで、貴重な建造物だそうです。

 

 

 

拝堂の奥にあった蓮華の噴水。

 

 

 

噴水には「高野山曼荼羅」のプレートがありました。

高野山は、八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地で、「まるで蓮の花のような地形」をしていることで有名ですね。

慈尊院は左上で、葉っぱの形で表されています。

境内には他に、みろく石、みくじ石、弁財天と稲荷明神、空海の母が腰掛けたと言われる石椅子などがありますので、参拝に行かれる形は探してみてください。

 

 

私はこの後、慈尊院の南側にある丹生官省符神社(にうかんじょうぶじんじゃ)へ行きました。

この神社も、世界遺産の一つで、弘法大師創建の社と言われています。

 

関連記事

弘法大師空海に関係する記事です。

→→丹生都比売神社(世界遺産)。丹生都比売神を祀る神社の総本社で、水神・水銀鉱床の神

→→高野山の記事はこちらから・・・大門や奥の院など。

→→生石(おいし)高原の記事はこちらから・・・空海が修行した山。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、南海高野線九度山駅で下車し、徒歩25分(2km)です。
(和歌山駅から行く場合、橋本駅で南海高野線に乗り換え、九度山駅で下車。料金は1100円、一時間半の乗車時間)
遠方から行く場合、 新大阪駅で新幹線をおります。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

歩くのが不便な人は、九度山町を巡回するバスがあります。乗車料金は100円、子供50円。
平成28年1月24日(日)~平成29年1月7日(土)のうち土日祝および特定日(計123日間)の運行で、九度山駅前~九度山町役場~真田庵前~道の駅柿の郷くどやまを巡回します。
赤いバスで六文銭がついています。
九度山駅巡回真田バスHP

道の駅柿の郷くどやまで巡回バスを下り、慈尊院まで徒歩10分、800mです。

車で行く場合、参拝者用の駐車場がありますが、台数が少ないです(10台未満くらい)。
近くの旧体育館跡地駐車場か、道の駅柿の郷くどやまに駐車するのをおすすめします。
真田ミュージアム駐車場案内

フリー切符

九度山・真田ミュージアム開館期間中、真田・九度山切符が発売されています。こちらはミュージアムの入場券引換券つきです。
真田・九度山切符

各私鉄がフリー切符を出していますので、「○○電鉄 九度山フリー切符」で検索してください。
フリー切符は、必ず注意事項をよく読んでお使いください。

近くの宿泊施設

中川旅館。九度山駅から徒歩数分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。