【欄島(あらぎ島)】 江戸初期に開拓された棚田が奇麗!

高野山の観光記事 → 和歌山県最高標高「護摩壇山(ごまだんざん)」を取り上げました。

今回紹介するのは、高野山から南西へ1時間ほど車で移動したところにある、有田郡有田川町の観光を取り上げたいと思います。

有田川町は母の故郷で、有田ミカンの生産で有名です。

散策記

あらぎ島は、大小54枚の水田が扇形の段に形成されている美しい棚田で、日本の棚田百選の一つです。

 

 

こちら、2007年9月の写真。

 

こちらは2014年3月の写真。

おすすめの時期は、夏~秋です。

 

展望台から見るのも綺麗ですが、一段下がった場所から、綺麗な記念写真が撮れます。

2007年に訪れた時は、駐車場も少なく、道路の手すりからしか見れなかったのですが、その後整備されたようで、2014年に訪れたときには展望台が作られていました。

 

あらぎ島は江戸時代初期、山保田の初代大庄屋・笠松左太夫によって開かれた水田です。(開拓前は、山桜の名所だったそうです)

開拓当時の姿がほぼそのまま残っているため、とても貴重なのだそうです。

 

河岸段丘は、有田川の迂回と浸食作用によって長い年月の中でできた自然の造形で、段丘の頂上部分は、縄文時代ごろに有田川が流れていた位置なんだそうです。

 


 

左太夫はそこに2.7km上流の湯川川(有田川の支流)より水路を開削し、水と緑の理想郷を作り上げました。

平成11年には日本の棚田百選に選ばれ、現在は所有者6農家で、「あらぎ島景観保全保存会」を組織しています。

近年は毎年、一般公募を行い、5月に田植え、9月に稲刈りを行っているそうです。

 

一番上段の田、通称「天井田」で収穫された米や餅米でついた餅は、秋篠宮夫妻や悠仁親王に献上されているそうです。

なんでも、秋篠宮妃紀子殿下の父方の曽祖父が旧清水町の出身だそうで、毎年9月6日に悠仁親王の誕生日を祝うため、棚田をろうそくでライトアップするイベントが行われているようです。

 

 

 

高野山からの道のりはこんなかんじ。

あらぎ島近くにある「道の駅 あらぎの里」では、有田川町特産のぶどう山椒(生産量日本一)や、あらぎ島で収穫されたお米などが買えます。売り場はそんなに大きくないです。

 

 

あらぎの里名物は、自家製豆腐とこんにゃくで、中でもこんにゃくうどんはおすすめだそうです。(営業時間  10:00 ~ 17:30)

 

 

私たちは有田川町に住む叔父に、「亀田の柿の種 ぶどう山椒」をもらったのですが、これがめっちゃ美味しい!

ご当地選手権第一位になったのだそうです。

めっちゃ美味しかった!

もうね、ビールにあうのよ、ポリポリ止まらないのよ~!

もう販売されていないようですが、復活してくれないかなぁ。

 

 

 

次は、あらぎ島から有田川沿いに、車で西へ8分進んだ先にある「蔵王橋」を紹介したいと思います。

 

関連記事

有田川町の記事です。

→→二川ダム。1953年の紀州大水害がきっかけで作られた。祖母の話。

→→生石高原。ススキの名所で、弘法大師空海が護摩修行をした笠石がある。 

交通アクセス

高野山から車で行く場合、1時間2分ほどかかります。
あらぎ島の住所は 「和歌山 県 有田 郡 有田 川町 清水 74」。
公共交通機関で行く場合、JR藤並駅で電車を下車し、有田川町の無料巡回バスに乗り、あらぎの里で下車し、800m、12分程歩きます。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

有田川町無料巡回バスのページで詳細を見ていただきたいのですが、土日祝日および行楽期しか運行していません
有田川町内の路線バスは「有田鉄道バス」ですが、HP上から時刻表や路線図が閲覧できない状態ですので、平日のバス運行については0737-52-3034へ、お問い合わせください。
「JR藤並駅から、あらぎ島へ行きたいんですけれども、平日の時刻を教えてください」と聞けば良いかと思います。

車で行く場合、無料の駐車場があります。(あらぎ島展望台近くに2台と、少し離れたところにもう少し広い駐車場)

近くの宿泊施設

しみず温泉あさぎり。2013年にリニューアルした新しい宿。紙すき体験などができます。あらぎ島から2.1km、車で6分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。