チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

東京都レジャー

【月刊ムー 40周年展】 全国に散らばる老若男女のムー民が、池袋のパルコへ吸い寄せられた!(と思う)

投稿日:2018年10月31日 更新日:

先日、池袋パルコで開催されていた月刊ムー展に行ってきたので、忘れないうちに記事にしておこうと思います。

この展覧会は一昨日(2018年10月29日)終了しているので、会場の様子を記事で楽しんで頂けたら・・・と思います。

見学記

「月刊ムー 40周年展」の会場は、池袋のパルコ7階。

開催期間は10月12日から10月29日までという、たったの17日間でした。(なぜこんなに短いのだ~。知った時は、残り一週間をきっていて焦った)

入場料は大人700円で、小学生以下は無料でした。

会場入り口。グレイ星人がいました。人間の3歳児くらいのサイズです。

 

 

入ってすぐに目をひくのが、今まで出版された月刊ムーの表紙を壁一面に展示したパネル。

1979年11月の創刊号から、最新号までズラーーーーーーッと一面に並ぶ表紙は、美しく、圧巻!

 

 

表紙を見るのが楽しい! 私は表紙コーナーで20分くらい費やしてしまいました。

 

 

遮光器土偶 (しゃこうきどぐう)。

遮光器土偶と記念写真を撮りたい方は、青森県の木造駅へ行きましょう!

 

 

 

黒又山(くろまたやま。通称クロマンタ)。

 

 

 

流行りましたね、ノストラダムスの大予言。

私はこの時、まだ学生。月刊ムーの存在を知らなかったので、ノストラダムスの大予言はTV番組で見ていました。(あんまり信じていなかった)

 

 

 

オー、スンダランド!

縄文時代の紀国の女王「ナグサトベ」らのルーツかも知れない、幻の大陸!

 

 

 

写真が増えるのでこれくらいにしておきますが、月刊ムーでは、他に、死後の世界、生まれ変わりの話も、よくとりあげているようでした。

→→「超巨大宇宙文明の真相」の動画。宇宙には地球の他に、生命体がいる星がたくさんあり、魂は転生する  の記事はこちら・・・東京都日野市にある高幡不動に生まれ変わり物語がある。私達は、何度も生き死にを繰り返しているかもしれない

 

 

我が家にある月刊ムーは、この2冊だけ。

「なにぃぃぃ、2冊とはどういうことだぁ!? おまえさん、ムー民じゃないだろう!?」と言われそう。

 

私はオカルトやミステリーが好きですが、夫はこの分野に興味がない人なので、本棚でムーを増殖させないように、私なりに気をつかっているのでした。

ちなみに夫は、「月刊トランジスタ技術」という雑誌をたまに買って読んでいたのですが、ある日、書店に訪れると、月刊トランジスタ技術と月刊ムーが仲良く並んで販売されているのを見て、私はニヤリとしたのでした。

 

 


これは表紙のパネルではなく、1979年の11月に初めて創刊された冊子(本物!)。

表紙絵が美しいですねー! イラストレーターの生頼範義さんが書かれたものだそうです。

この時、まだ、私も夫も生まれていないのでした。

 

 

月刊ムー1号と記念撮影できるコーナーがありました。

 

 

なんとなく「そうかな」と予感はしていましたが、漫画の神様である手塚治虫さんは月刊ムーが好きだったようです。

 

たぶん、私が好んで見ていたTV番組のディレクターさんも、ムーの愛読者だったのではないでしょうか?

 

 

写真やイラストに時代を感じますね。

 

 

「ピラミッドは超古代のエネルギー集積装置だったのか」とありますが、「超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」」という本に、ピラミッドは宇宙のエネルギーを捕獲したり、天候を操作したり、ほかの世界の人たちとの通信装置だったと書いていたので、そうだったのかもしれないですね。

 

この「かもしれない」は、とても大切な「ものの見方」であると思います。

宇宙は広大で謎にあふれているので、地球人が知らないこともたくさんあることでしょう!

「ただのオカルトだろう」「科学的に証明されていない」で一笑に付すのは早い!

→→【国立天文台 三鷹キャンパス】 国立天文台の本部を無料で見学。「やっぱり宇宙人っているよね」  の記事はこちら・・・宇宙の広大さを知るなら、国立天文台へ! 地球人が知らないことはまだまだたくさんあると思う。

 

 

 

異形の神々。ページ右下にある「人類と混血した蛇神」の像は、古代オリエント博物館にありました。今も展示しているのかな? 思ったよりも小さくて「あれ?」と思った像です。

 

 

 

ネッシーの背中に乗って記念写真撮影しました。係りの方が撮ってくださって、良い思い出になりました♪

UFOに吸い込まれる牛は、キャトルミューティレーションされるのでしょうか?? (TVで見て恐かったなぁ)

 

 

超能力者の中で、世界で一番有名かもしれない、ユリ・ゲラー。

 

 

ユリ・ゲラーが曲げた本物のスプーン。

 

 

展示会場は狭いのですが、一番時間をとったのがムー閲覧コーナー。ベンチが2つ置かれていて、ムーをじっくり読むことができました。

下に古そうな月刊ムーがあったので、自分が生まれた時に書店に並んでいた本を見ようと手を入れたら、バコッと本の背表紙全体が後ろに引っ込んで驚きました。

実は、下の2段は背表紙のパネルだったんですねー。

パネルを本物と勘違いして手を突っ込むなんて、、、、恥ずかしかったわ! (*≧∀≦)ゞ

 

 

月刊ムーの五代目編集長、三上丈晴さんのデスク。

三上編集長の手相もありました。

仏眼、神秘十字、イケイケ線、オタク線は、私もあります! 三上編集長は、ますかけ線、アブノーマル線、カリスマ線、二重生命線もあるようです!(アブノーマル線なんてあるのね、初めて知ったわ)

 

 

ビッグフットの足型と、自分の足の比較ができます。

・・・息子はビッグフットを知っているのだろうか???(ドラえもんのファンなので、ツチノコ、ネッシーは知っている)

 

 

最後はお土産売り場で、月刊ムーの表紙デザインのバンダナと、2冊の本を買いました。店頭に出ている中で最後の一冊でした。

 

 

あ~~~、奈良県の明日香村の遺跡行きたいなぁ!

手塚さんの「三つ目がとおる」で酒船石は薬品の調合をするために使っていたと書いていて、すごく興味がある!

実家が和歌山県にあるので、次の帰省で寄り道して、奈良県明日香村に行きたいと思います!

 

 

ちなみに、「三つ目がとおる」の主人公である、超天才・三つ目族のプリンス「写楽(シャラク)くん」は最後にこう叫びます。

 

「おれはいまの世界なんか、だいっきらいだっ。やれ勉強だ 就職だ 金だ 出世だ」

 

 

オカルト雑誌「ムー」が、初めは学生をターゲットにしていたこと、漫画家やアーティストに愛されたこと・・・。

 

 

やれ勉強だ、就職だ、金だ、出世だ。いやいや「生きる」っていうのは、こんなもののためじゃない! 世界はもっと不思議にあふれていて、楽しいんだ、夢があるんだ、自分の知らないことに満ちていて、とってもワクワクするんだ!

 

 

そんな魂の叫びが、愛読者(ムー民)を40年間も生み続けてきたのでしょうね。

 

学研ムーよ、これからも永く続きますように!

そして、子供や孫も、ワクワクさせてください!

 

関連記事

私が旅した、不思議なスポットの記事です。

→→【黒又山(クロマンタ)】 「日本でもっとも美しいピラミッド」と言われる謎の山。龍蛇信仰(秋田県)

→→【大湯環状列石】 クマの目撃で立ち入り禁止でしたが、2018年4月末の電気柵設置で、史跡内見学再開(秋田県)

→→【三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)】 日本最大級の縄文集落跡。縄文時代は一万年も続いた(青森県)

→→【大石神ピラミッド】 青森に五万年前のピラミッド!? ピラミッドはお墓ではないらしい(青森県)

→→【キリストの墓、キリストの里伝承館】 青森の謎スポット。戸来(ヘライ)村は「ヘブライ」から来てる?(青森県)

→→【高幡不動尊金剛寺の灌仏会(花まつり)】 関東三大不動で、新選組土方歳三の菩提寺。 生まれ変わり物語がある(東京都)

→→【三上山、御上神社】 近江冨士とも言われる三上山はピラミッド?(滋賀県)

→→【日吉大社 奥宮】 牛尾宮遥拝所から片道30分の登山。金大巌(こがねのおおいわ)は美しい鏡岩だった!(滋賀県)

→→【伏見稲荷大社】  全国に3万社ある稲荷神社の総本宮。千本鳥居が見事! イナリは、原始キリスト信仰?(京都府)

→→青森に浦島太郎の竜宮城があった? 和歌山には桃太郎の鬼ヶ島があった?(沖縄、和歌山、青森)

→→【諏訪大社① 上社前宮】 ご神体は守屋(モリヤ)山。謎の多いミシャグチ信仰。古代イスラエルとのつながり(長野県)

→→【不二阿祖山太神宮】(山梨県)

→→【伊雑宮(いざわのみや・いぞうぐう)】 志摩国一宮、伊勢神宮内宮の別宮で、謎があるらしい(三重県)

→→【名草戸畔(なぐさとべ)】「日本人」は単一民族ではない。土着民と渡来人が、時には争いながらも融合した「和」の国だった(和歌山県)

→→【古代オリエント博物館】・・・蛇と人間の混血の像?がある。(今も展示されているか不明。東京都)

→→【国立極地研究所 南極・北極科学館】 無料でオーロラシアターが見れる。ポールシフトについて(東京都)

→→一万年前、世界は一つの文字でつながっていた・・・かもしれない

-東京都レジャー
-, ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【北海道の命名者、松浦武四郎の一畳敷を見る】 国際基督教大学(ICU)の文化祭で泰山荘見学。湯浅八郎記念館でも特別展開催中

10月は多忙で、ブログの更新がなかなか進みません。 北海道旅行の紹介途中ですが、東京都三鷹市にある国際基督教大学(こくさいきりすときょうだいがく。ICU)で行われている特別展「松浦武四郎生誕二百年記念 …

【旧・サンシャイン水族館】 30年間続いたラッコの展示終了。珍しい屋上の水族館

こちらはリニューアル前の水族館の記事です。リニューアル後の記事は、こちらの記事でご覧ください。   今朝、朝ごはんを食べながらTVを見ていたら、驚きのニュースが! 池袋のサンシャイン水族館で …

【金龍山 浅草寺】 江戸幕府の祈願所だった。東京都内最古の寺で、雷門前は記念撮影スポット!

前回、アミューズミュージアムを取り上げましたので、今日はその隣の浅草寺について書きたいと思います。 過去に何度かお参りに行ったので、夏と冬の写真を併せて載せます。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交 …

調布駅前「鬼太郎マンホール」 調布市鬼太郎めぐり2

前回の続きで、調布市鬼太郎巡りを紹介します。 調布市は、鬼太郎の作者、水木しげるさんが長く住んだ第二の故郷! 目次1 散策記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約 …

【国立科学博物館】 さすが国立の博物館! 展示が豊富で一日じゃ足りないっ! コンパス体験

今日取り上げるのは、大好きな国立科学博物館。 上野にはいろんな見どころがありますが、ここと上野動物園は、お気に入り♪ 「さすが国立!」と感心するほど、展示内容が豊富です。 目次1 見学記1.1 関連記 …