チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

東京都レジャー

【国立極地研究所 南極・北極科学館】 無料でオーロラシアターが見れる。ポールシフトについて

投稿日:2016年5月7日 更新日:

少し前の記事で名古屋旅行の南極観測船ふじについて取り上げたので、忘れないうちに、南極・北極科学館を書きたいと思います。

私達が訪れたのは2013年1月でした。

見学記

南極・北極科学館は、国立極地研究所の敷地にある、無料で入館できる資料館です。

 

敷地には、2013年に東京タワーの足元からここへ移された、タロウ・ジロウ像があるので、ぜひ探してください。

 

 

 

こちら、東京タワーの足元に飾られていた時の写真。

 

 

「南極・北極科学館」のオススメポイントは、無料であること!

そんなに大きな施設ではないので、1~2時間もあれば十分です。

あっさり見る人は1時間もかからないかもしれません。

 

 

こんなふうに、南極観測隊員の服を着て、ペンギンのパネルの前で記念撮影できます。

右側の赤色が冬用の服で、左側のオレンジ色の服が夏用の服です。

ブーツが重くてびっくりします。

 

 

南極に住む生物のホルマリン標本。

 

 

 

昭和基地の模型。
1957年、東オングル島に4棟の山小屋のような建物を建てたのが昭和基地の始まりです。

現在は、60棟を越す建物が立ち並ぶ、世界有数の科学基地になりました。

衛星回線で、現在の昭和基地の様子が見られます。

 


 

昭和基地から南極点まで観測旅行に行った雪上車。
旅行距離は往復5182kmにもなり、世界一だそうです。

 

 

 

私たちが訪れた時は、雪上車の中に入れたのですが、2017年冬に訪れた時には、立ち入り禁止になっていました。

これよりも古い時代の雪上車の展示が、名古屋旅行の南極観測船ふじの中にあります。

 

現在の雪上車はオレンジ色のSM100型といわれているものだそうで、マイナス100度でも劣化しない鉄やマイナス60度でも弾性を失わないカタピラをしようしており、マイナス60度でも走行可能なんだそうです。

マイナス60度・・・・マグロを冷凍保存している大型冷凍庫の温度ですね。

 

 

 

館内には南極観測と、北極観測のフリーペーパーがあり、自由に持ち帰ることができます。(2017年に訪れた時は、無くなっていました)

写真は南極観測のフリーペーパーのものです。

こうやって見ると、南極大陸の大きさがよくわかりますね。(日本列島の約37倍!)

 

 

日本の基地は、昭和基地、あすか基地、みずほ基地、ドームふじ基地です。

南極の平均気温は昭和基地でマイナス10.5度。
最低気温は、ロシアボストーク基地で観測されたマイナス89.2度。
氷の厚さは平均1860m!(すごいなー)

最大の氷の厚さは、4776m(えええ、4km以上の厚さの氷って想像できます??)

降水量は南極点で年間50mmと、砂漠並み。

最も古い地質は、約38億年前のもの。(昭和基地の東方約600kmに位置するナピア岩体)

代表的な火山はエレバス山(3794m)と、デセプション島。デセプション島はペンギンの繁殖地として知られており、観光スポットとして人気だそうです。

噴煙を上げるエレバス山の写真は、観測船ふじの中にもありました。

 

南極には、地球の生い立ちを解明するたくさんのヒントが眠っているので、いろんな国の研究者が、今日もいろんなことを調べています。

 

南極観測船ふじの記事でも触れましたが、南極には超大陸ゴンドワナの証拠が見られるのです。

 

昭和基地がある場所は、2億年ほど前は南インドやスリランカとすごく近かったそうで、ルビーやサファイアなどの宝石鉱物が見つかっているそうですよ。

 

他に、地球の環境変動を知る指標の役割も担っており、気球にゾンデという計測機をつけて、各高度の大気を計測しているそうです。

 


 

オーロラシアター前のテレビで撮った写真。

オーロラには、放射状に見えるコロナ状オーロラと、針(ロウソク?)が並んだように見える針状オーロラの他に、この写真のようなカーテン状オーロラがあります。

オーロラシアターは6分間の映像です。

直径4mの全天ドームスクリーンに、南極や北極圏で観測したフルカラーのオーロラ映像を流してくれます。

数倍に早送りをした映像で、上映内容は毎月変わるそうです。

映像が流れている間の、途中退席・途中入場はできません。
このオーロラシアターが、けっこうオススメです。

 

はぁ~、綺麗だわぁ、死ぬまでに直に見たいわ~、と夢が膨らみます。

(海外旅行になるから、旅費や言葉の壁が気になる・・・。ツアーもあるので調べてみるといいかもしれませんね。)
HIS 海外旅行(オーロラツアーも取り扱っているようです)

 

 

 

オーロラは、太陽から放出される電子(オーロラ粒子)の流れが、大気圏に突入する際に引き起こされる放電現象です。
オーロラのメカニズムにはまだまだ謎が多く、全てが解き明かされたわけではないそうです。

 

 

昭和基地がある場所は氷が分厚く、南極観測船が接岸できないことが多いほど、氷の分厚い不便なところにあるのですが、実はオーロラ観測にとって理想的な場所
オーロラは南極と北極を中心にそれぞれ発生し、オーロラ帯というのがあるそうですが、昭和基地はこのオーロラ帯の真下にあるそうです。

さらに、昭和基地はアイスランドのオーロラ観測拠点と、南北両極同時のオーロラ観測を続けており、このような観測が行えるのは世界でこの一組だけなのだそうです。

 

 

北極についても簡単に触れておきますが、2011年3月、北極の上空で南極のオゾンホールに匹敵するオゾン層の破壊が起こり、その原因は人間活動による温室効果ガス増加にともなう、北極上空の低温化が誘引と考えられているようです。

 

 


 

ちょっと脱線しますが「北極・南極」と聞いて、私が思い浮かべてしまうのが、ポールシフト(極移動)です。

 

→→「地球は磁極のポールシフトで磁場を失うことにより、太陽風に晒され水と大気を失った火星と同じ状態を200年間経験するだろう」 — NASA火星探査メイヴン計画主任    In Deepより

西暦 2000年を越えた頃から、磁極の移動距離が急速に上がっているそうです。

In deep様のサイトはとてもわかりやすいので、興味をもった方は読んでください。

世界中で大干ばつ、洪水、寒波、熱波、地震、噴火のニュースをよく聞くようになりましたが、その原因の一つとしてこのポールシフトが考えられているそうです。

 

 

映画が好きな方にオススメするのが「ピラミッド5000年の嘘」。

これがですね、すごく興味深いです。

 

エジプトの「ギザのピラミッドとスフィンクス」は王様の墓ではなく2万6000年周期で一回転する巨大な地球の時計である、というのです。

軌道要素に含まれる歳差運動は、気候への影響を及ぼして周期的災害(大洪水・大火事)を引き起こし、それらの記述が、聖書や、ヒンドゥー教の聖典、ギリシャやマヤ文明などで見られるそうです。

現在はマヤ文明の「第五の太陽の時代」で、大地と空気、火と水、動きと生命の集大成であり、この太陽の時代が終わる時、神が大地震を起こすと伝えられている・・・、ちょっとこわいですね。

地球には謎の古代遺跡がたくさんあり、幅およそ100kmの円周上に並べることができるそうです。

ペルーのパラカス、ナスカ オリャンタイタンボ、マチュ・ピチュ クスコ、サクサイワマン、パラトアリのピラミッド、ギザのピラミッド、ヨルダンのペトラ遺跡、アルジェリアのタッシリ・ナジェールの岩絵、エジプトのアメン神殿、イラクのウル遺跡、イランのペルセポリス、モヘンジョダロ、インドのカジュラホ、ミャンマーのピイ、タイのスコータイ、アンコールワット、イースター島・・・。

時代は異なるが、大半は太古の廃墟跡に作られており、これらの遺跡ラインは赤道とは30度傾いたラインにあり、この円周上に赤道を重ねて北極点に相当する位置を探すと、磁極の中心「磁北極」にピタリと一致します。

地球上における磁北極の位置は一定しておらず、一年間に40キロ近く動いているのですが、近年、この移動速度が速まりつつあり、懸念されているらしいです。

つまり、長さ4万キロ、赤道から30度傾いた古代遺跡の円周は、歳差運動と磁極の動きを知らせている古代人からのメッセージであるかもしれない・・・。

ポールシフトが進み、大気と共に宇宙からの放射線を遮る地磁気が消えれば、地殻の大変動が引き起こされたり、地球が太陽光線で焼かれてしまう可能性があるそうです。(古文書に「炎による破滅」の記述があるのが不気味)

 

 

映画は、「地球上に残されている古代の不可解な建造物は、周期的な地球の大変動で壊滅し、地上から消えた古代文明のものであり、それらは現代社会の我々に地球の歳差運動と迫り来る脅威(ポールシフトと周期的大災害)を教えているのかもしれず、危険を回避する手だてがあるからこそ古代から警告を発してくれているに違いない」、と締めくくられます。

 

 

・・・地球や私達の未来は、どうなるんでしょうね。

 

ただ一つ思うのは、「今を精一杯生きる」ということです。

 

やりたいことをやる、というよりは善意と調和に満ちた生き方をする、というかんじでしょうか。

 

 

過去を追うな。
未来を願うな。
過去はすでに捨てられた。
未来はまだやって来ない。
だから現在のことがらを、
現在においてよく観察し、
揺らぐことなくどうずることなく、
よく見きわめて実践すべし。
ただ今日なすべきことを熱心になせ。
誰か明日の死のあることを知らん

お釈迦様の言葉です。

 

そうだなぁ・・・、いつ何があるかもわからないものなぁ・・・。(災害より、事故や病気のほうが身近)

当たり前のように来る毎日が、ひょっとしたら当たり前じゃないのかもしれない・・・。

当たり前のように隣にいてくれる人が、ある日、そうじゃなくなるのかもしれない・・・。

そんなふうに考えたことありますか。

 

私達を生かしてくれている地球(今日もバリアを張っている)、生み育ててくれる親、思い出を共にする兄弟、友達、仲間、親戚・・・。

感謝して、感謝して・・・、毎日無駄にすること無く、大切に生きていきたい・・・。

 

 




南極大陸には、超古代文明のピラミッドがある・・・・かもしれないらしい。

 

元ロシア軍人が「南極ピラミッド」を暴露!  トカナ
In Deep 米国海軍少将バード提督のすばらしき北極旅行日誌
In Deep  南極の氷の地底から検出された「直径480キロの存在」

 

 

・・・ナゾの南極大陸ですね・・・。

 

 

関連記事

南極観測船の記事はこちらです

→→南極観測船ふじの記事はこちら・・・名古屋港。現役を退いて資料館になっています。

→→横須賀軍港と、二代目しらせの記事はこちら・・・二代目しらせ(現役!)の母港は、横須賀港。

 

 

日本にもピラミッドがあるらしい。

→→黒又山(クロマンタ)  「日本でもっとも美しいピラミッド」と言われる謎の山。・・・秋田県鹿角市。日本で一番きれいなピラミッド。

→→大石神ピラミッドの記事はこちら・・・青森にある5万年前のピラミッド? ピラミッドはお墓ではなく、エネルギー受信、更新装置、降雨装置だったかもしれない。

交通アクセス

多摩モノレールの高松駅で下車し、徒歩10分です。
国道43号線沿いに、裁判所前方面へまっすぐ進むと、左手側に見えてきます。(裁判所の隣です)
大きな道沿いにあるので、道に迷うことはないと思います。

電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、国立極地研究所の駐車場があるそうです。

料金について

入館料は無料。
開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日 10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
休館日:日曜日、月曜日、祝日、年末年始

館内は飲食禁止。
撮影は自由。
オーロラシアター内での撮影は不可です。

近くの宿泊施設

立川ワシントンホテル。高松駅から2駅離れた多摩モノレール立川南駅より徒歩1分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-東京都レジャー
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【上野動物園】 世界三大珍獣が見られる、日本最古の動物園。東日本でパンダが見られるのはココだけ!

前回、上野こども遊園地が廃業してしまったことを書きましたが、上野動物園でもこども動物園の触れ合いイベント中止や、モノレールの運休などありましたので、続けて書きたいと思います。 最新情報は、上野動物園H …

【府中市郷土の森 アジサイ祭り】 旧府中尋常高等小学校を見て水遊びを楽しむ

前回アジサイについて取り上げたので、府中市で行われている「郷土の森博物館」のアジサイ祭りを紹介します。 私達が訪れたのは、2016年6月半ばの日曜日でした。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通 …

【ソニー・エクスプローラサイエンス】 500円でそこそこ楽しめる

続けてお台場を取り上げます。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト レジャー記 ソニー・エクスプローラサイエンスがあるの …

【国営昭和記念公園】 花、イベント、プールなど、一年中楽しめる広大な公園

今日取り上げるのは、東京都立川市・昭島市の国営昭和記念公園です。 昨日取り上げた横浜のこどもの国と同じく、昭和記念公園も元軍施設(立川飛行場、立川基地)であったところで、広大な公園なので、一日がかりで …

【下町風俗資料館】 昔の駄菓子屋さんで、良い写真が撮れる

上野をずっと取り上げてきましたが、今回で最後です。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト 見学記 下町風俗資料館は不忍池の南 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ