チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

東京都レジャー

【皇居外苑】 楠木正成像がある。外国人ツアー客のバスがたくさん!

投稿日:2018年3月23日 更新日:

前回の続きで皇居を取り上げます。

皇居の一般参観終了後、外苑を散策しました。

散策記

旧江戸城をざっくり4つに分けました。

  • 東御苑・・・簡単な手荷物検査のみで入れる。
  • 吹上御所・・・天皇陛下の御所や宮殿がある所。
  • 参観・・・吹上御所の南側で、参観可能。申し込み必要。
  • 皇居外苑・・・公園と同じ扱い。いつでもだれでも入れます。

 

今回は、緑で囲ったエリア「皇居外苑」について書きます。

 

外苑の最寄駅は、大手町駅、二重橋前駅、東京駅です。

二つ高層ビルが並んでいますが、間がぽっかり抜けていますね。

下にご注目、東京駅と、行幸通りがあります。

ここはすごく風通しの良いところで、帽子をかぶっている方は飛ばされないようにお気を付けください。

 

東京湾の風が東京駅上を通過し、皇居の豊かな樹々やお堀で空気が冷やされ(クールアイランド)、都心部のヒートアイランド現象を和らげているのだそうです。

 

では、桔梗門から、良い記念写真が撮れる「正門石橋」へ行きましょう。

 

ルートはこんな感じ。お堀沿いにテクテク。

 


 

 

お堀沿いに歩くと、坂下門が見えます。

ここが宮内庁や長和殿に一番近い門で、皇居に出入りする際に最も頻繁に利用されるそうです。

近くには「坂下門の変」の碑があるそうです。

江戸城の門で起こった大事件というと、「桜田門外の変」が有名で、江戸幕府の老中井伊直弼(ヒコニャンで有名な彦根城の主)が水戸浪士により惨殺されたことが有名ですが、こちらの坂下門では水戸浪士による老中安藤信正襲撃が行われたそうです。

井伊直弼惨殺事件が起こったため幕府は用心して、お付きの人を増やしており、老中の安藤は負傷だけで済んだようです。水戸浪士は全てその場で殺されたそうです。

→→桜田門の記事はこちら・・・一般開放されていて、誰でも通れます。

 

 

皇居前の大芝生広場に点在しているクロマツは、約2,000本あるそうです。

この松の向こうは「内堀通り」という大きな車道になっています。

 

 

皇居外苑、皇居周辺は、皇居ランナーで大賑わい。

皇居(旧江戸城)はいくつものお堀に囲まれており、堀沿いの道の歩道には信号がないので、ノンストップでグルグル走れるため人気だそうです。

ただ、皇居周辺の道は大通りで車の交通量がかなり多いため、お堀沿いの歩道は排気ガスで息苦しいです。

走ることで呼吸量が増えるので、あれは健康に良いのかなあ・・・?とちょっと疑問に思います。

 

 

坂下門前から正門石橋へは砂利道ですが、中央の一本だけ固められていて歩きやすいです。車が通れるようにしてあるのかな?

 

 

 

正門石橋に到着!

二つのアーチが美しいです。

奥に見える白い建物は、皇居参観でも紹介した「伏見櫓」です。

正門石橋はこのように美しいので、良い記念写真スポットになっています。

 


 

正門石橋へ近づく。

柵もオシャレですね!

 

 

 

正門石橋と正門。

正月と天皇誕生日の一般参賀者は、ここから入ります。

 

 

一般参観で歩いた正門鉄橋が良く見えました。

一般的に、正門石橋と、正門鉄橋を合わせて「二重橋」と呼ぶそうです。

 

 

 

正門石橋と正門鉄橋を見たら、青ルートをたどって楠木正成(くすのきまさしげ)像を見に行きました。

 

 

内堀通りには説明書きがひっそりと立っていました。

昭和24年から、皇居外苑は一般開放されているそうです。

江戸城は300年間将軍の居城であったことから、特別史跡に指定されているそうです。

 

 

内堀通りを渡って、楠木正成像と楠木レストハウスを目指す。

 

 

やたらに道が広いなぁと思っていたら、楠木レストハウス前はバスの駐車場となっていました。

外国人観光客のツアーかな?

 

 

 

こちら、楠木正成(くすのきまさしげ)像。

 

 

顔側を移すと逆光になってしまいました。

 

 

楠木正成は→楠木正成 ウィキペディアでご覧ください。
鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将で、後醍醐天皇につき、鎌倉幕府(源頼朝が開いた、日本初の武家政権)倒幕にかかわった方です。

天皇家は歴史が長い上に、「万世一系の血脈」の維持のため、非常に複雑化しているのですが、この辺りの歴史(南北朝時代)はかなりややこしいので、興味のある方はお調べください。

 

→→【南朝黒木御所跡と供養塔】の記事はこちら・・・南北朝について簡単に書きました。

 

 

 

南北朝問題は、明治維新にまで関わっていくようです。

南北朝 ウィキペディア

京都の北朝と吉野の南朝の二つの朝廷が並存するという、王権の完全な分裂状態に陥った。
両朝はそれぞれの正統性を主張して激突し、幾たびかの大規模な戦が起こった。
また日本の各地でも守護や国人たちがそれぞれの利害関係から北朝あるいは南朝に与して戦乱に明け暮れた。

 

 

 

 


 

 

次は、楠木レストハウスへ。

皇居のお堀に住まう生き物の展示があります。

皇居のお堀も、他の河川、湖、池、沼と同じように外来種問題があるのだそうです。

 

 

レストハウスにはパネル展示もいくつかありました。

西郷軍が熊本城を砲撃している様子。後ろでは阿蘇山の噴煙。

 

 

大政奉還。中央奥にいるのが、最後の徳川将軍である徳川慶喜。

 

 

 

薩摩藩邸で、勝海舟と西郷隆盛が会見する様子「江戸開城談判」。

 

 

 

王政復古。御簾の中に明治天皇。

 

 

 

 

五箇条の御誓文。

 

 

 

廃藩置県。

御座所の中におられるのは天皇。

 

 

 

天皇が江戸城に到着した様子。

 

 

 

憲法発布式。

スーツとドレス、・・・ずいぶん文化が変わりましたね。

 

 

楠木レストハウスではお土産を買ったり、ご飯も食べれますので、寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

→→【皇居見学】 皇居見学申し込み、見学当日の服装、お土産など

→→【皇居参観の見どころ】 一般参賀とは違うルートから入って宮内庁、長和殿等を見る

→→【旧・江戸城本丸跡(皇居東御苑・江戸城天守跡)】 江戸は結界で守られていた

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-東京都レジャー
-, ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【竹取の湯】 2016年12月17日にリニューアルオープンし、高濃度炭酸泉と岩盤浴ルームが増設

2月は夫のヘルニア入院と手術があり、不安で忙しかったですが、今日から3月! 今月はのんびり過ごせると良いな・・・。   夫は退院してから、一週間自宅療養し、今週から職場に復帰しました。 先週 …

【神代植物公園】 ダリアは10月が見ごろ。バラ園、大温室と共に、大輪の花を楽しんで

続けて、神代植物公園のダリアを紹介します。 交通アクセス、料金などは、神代植物公園 バラ園の記事をご覧ください。 目次1 散策記1.1 関連記事2 近くの宿泊施設3 お得で便利な、旅の予約サイト 散策 …

【府中市郷土の森博物館】ぐるっとパス対象施設。KAGAYAスタジオ「富士の暦」

今日は、府中市郷土の森の「博物館」について書きます。   ここは、大人200円、中学生以下100円の入場料金がかかる「府中市郷土の森」の中にある博物館なのですが、第26回 府中市農業まつりの …

【旧・サンシャイン水族館】 30年間続いたラッコの展示終了。珍しい屋上の水族館

こちらはリニューアル前の水族館の記事です。リニューアル後の記事は、こちらの記事でご覧ください。   今朝、朝ごはんを食べながらTVを見ていたら、驚きのニュースが! 池袋のサンシャイン水族館で …

東京・ミュージアムぐるっとパスを買いました。使用方法、使用可能施設について。

2018年4月から2019年1月31日までぐるっとパス2018が発売されています。     【神代(じんだい)植物公園】の記事を続けて3つ書きましたが、今日は「東京・ミュージアムぐ …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ