チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

山梨県旅行記

【不二阿祖山太神宮】 交通アクセスと、カーナビの設定について

投稿日:2016年6月20日 更新日:

前回の続きです。

北口本宮冨士浅間神社をお参りした後、私達は不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)を目指しました。

北口本宮冨士浅間神社から、不二阿祖山太神宮間では、6kmくらい離れており、車だと23分くらいです。

参拝記

不二阿祖山大神宮は、謎に満ちた神社です。

謎に満ちた不二阿祖山太神宮のポイントになるのは「宮下文書(富士古文書)」と、富士王朝(ウガヤフキアエズ王朝)です。

 

 

ウィキペディアより、宮下文書(みやしたもんじょ)とは・・・

「富士山の北麓、山梨県富士吉田市大明見(旧南都留郡明見村)の旧家、宮下家に伝来する古記録・古文書の総称。富士古文書、富士古文献などとも称される。
神武天皇が現れるはるか以前の超古代、富士山麓に勃興したとされる「富士高天原王朝」に関する伝承を含み、その中核部分は中国・秦から渡来した徐福が筆録したと伝えられている。
だが、その信憑性については疑いがもたれており、いわゆる古史古伝の代表例に挙げられる」

 

 

ウィキペディアより、ウガヤフキアエズ王朝とは・・・

「日本に、かつて存在したという古代王朝であるが、通常は実在したとは考えられていない。」

 

 

 

不二阿祖山大神宮公式HPはこちらです。

(2017年1月19日追記・・・以前まで、HPの情報量が少なかったのですが、現在は見ごたえのあるHPになっていますので、ぜひご覧ください)

 

こちらにも詳しく載っています。
月刊ムー公式Web 不二阿祖山大神宮

 

 

 


 

 

 

前置きが長くなりましたが、2016年の初夏に、自分が見聞きしてきたことを書きます。

 

 

私達は、タイムズ カーシェアの車(比較的新しいフィット)のカーナビに、「不二阿祖山太神宮」と入力したところ、崇敬会本部に行ってしまいました。

総本部。(崇敬会本部)

 

あれれ? 鳥居が無い・・・。

神宮じゃないのね・・・。(カーナビの選択はここしかなかったのになぁ)

(2017年1月19日追記・・・ナビ専用住所が、公式HPに記載されていました。山梨県富士吉田市大明見3537だそうです)

 

 

崇敬会本部の向かい側は、のどかな蓮池・田んぼが広がる明美湖公園でした。

ほんとにのどかな良い所で、夫と子供達にしばし散策してもらい、その間に車内でスマホのグーグルマップとカーナビでルート検索。

 

不二阿祖山太神宮近くの建物で、カーナビに引っかかったのは「河口湖インターハイツ」というペンションでした。

 

とりあえずカーナビに「河口湖インターハイツ」と入力し、出発。

河口湖インターハイツを通り過ぎて道なりに行くと、やがて十字路に出ます。そこそこ大きい見通しのよい十字路です。

それを左に曲がります。

車一台しか通れないような細い道ですが、対向車とすれ違えるポイントがいくつかあるので、さほど困りません。

長さ15mくらいの小さな橋を渡った道の先に不二阿祖山太神宮の無料駐車場があり、そこから徒歩2分くらいで神社です。

 

参道は、まだ階段を作っている途中でした。

 

 


 

 

 

手水舎。迫力のある5本指の竜神様です。

 

 

 

仮の社務所で一部500円で販売されていた「不二山の太神宮 水神様写真集」のページより。

手水舎の水に、竜神様が映っているのがわかるでしょうか。

仮の社務所には、この小さな冊子のほかに、一部500円の「主の光」という小冊子もあり、オーブが写り込んだ不二阿祖山太神宮の写真がたくさん掲載されていました。

ちなみに仮の社務所では、瓦一枚500円の協賛金を納めることができます。(希望者のみです。すすめられますが、強制ではありません)

瓦の協賛金を納めると、御神水の入ったペットボトルがいただけました。

 

 

 

ペットボトルの中の水「真名井(まない)の御神水」は、ここから取られたものです。

 


地下50mから湧き出るお水だそうで、冷たくて美味しかったです。

「不二阿祖山太神宮の再建を進めておりますので、このお水を持ち帰りたい方は、感謝の初穂料、もしくは瓦一枚の御協賛をお願い申し上げます」、とありました。

 

 

 

三柱鳥居。男性は左側を通り、女性は右側を通るそうです。

 

 

 

土の宮。

・主祭神
元主一大御神様(元旦神) 別名 元主天御中主大御神様
御親元主国万造主国常立大御神様

・配神
天照主日大御神様
天照主月大御神様
伊都能売大国魂大国主大御神様
(五男三女大国魂大国主大御神様)
皇祖、人祖の神々様・八百万神々様


土の宮の手前に、お参りの仕方のボードがありました。

神社の関係者が近くにいる時は、お参りの先導をしてくださいます。

 

不二阿祖山太神宮の神様は、宇宙のおおもとの神様(もとすはじまりおおみかみさま)だそうです。

現在、日本で一番尊いお宮は伊勢神宮内宮とされており、太陽神である天照大神が祀られていますが、こちらはそれよりもさらに大きい宇宙のおおもとの神様を御祀りしているんですよ、とおっしゃっていました。

「アマテラス様ばかりになって、モトス様は忘れ去られてしまった。今、再建されているけれども、2、3回途中で再建が頓挫してしまった。今、出すべきではない、と言うことで出せなかったけれども、今は出せる時代になった。
八紘一宇(はっこういちう)の精神で、人類を一つにまとめるべく、今、表に出して、おおもとの神様に立ち返ろうとしている。」

と、仮の社務所の方が解説して下さりました。

 

 

 

土の宮の手前には、このような穴が。
この左の穴は、長野県と山梨県の境にある金峰山(きんぷさん)に繋がっていて、金峰山は宇宙と繋がっているんだそうです。
この穴(行場)に入ると、魂が覚醒されるんだとか。

写真に写っている、白い扇風機の羽みたいな石(スワスチカ)は、白い卍。
階段を挟んだ対になる位置に、赤い卍があります。

白い卍は、水の回転。右回りの右卍。
赤い卍は、火の回転。左回りの左卍だそうです。

紅白・左右まわり卍で、陰陽を表しているそうで、現在は左卍。暗闇から太陽の光がさす時代、開ける時代なんだそうです。

 

・・・以上、仮の社務所の方から聞いた話のメモ書きを記しましたが、詳しく知りたい方はぜひ、現地へお参りに行ってください。

「宮司さんがとっても詳しいんですけれども、私で申し訳ないです」とおっしゃっていたので、こちらの不二阿祖山太神宮公式HPに連絡先がありますので、問い合わせをしてみるのもよいかと思いますし、不二阿祖山太神宮 facebookで、情報を発信しておられるようなので併せてご覧ください。

 

 

宇宙のおおもとの神様を祀る古代の御宮、不二阿祖山大神宮は現在再建途中です。

→→再建の意義と、ご奉賛のお申し込み方法はこちらのページにあります

 

 

 

 

 

不二阿祖山太神宮のお参りの後、私達は静岡県富士宮市の白糸の滝、音止の滝を目指しました。

 

 

関連記事

→→富士山五合目の記事はこちら・・・不二阿祖山太神宮のご神体は、富士山です。

→→富士山本宮浅間大社の記事はこちら・・・浅間神社の総本宮で、富士山の裏鬼門を守っている御宮。ご神体は富士山。

→→北口本宮冨士浅間神社の記事はこちら・・・富士山の鬼門を守る神社で、富士登山北口の起点。元は諏訪神社だった。ご神体は富士山。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、富士山駅か月江寺駅からタクシーに乗っていく必要があります。

ナビ専用住所は、山梨県富士吉田市大明見3537です。

近くの宿泊施設

河口湖インターハイツ。不二阿祖山太神宮から750m、徒歩11分。

 

富士山ステーションホテル。富士山駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-山梨県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【山中湖、花の都公園】 富士五湖で最大の湖。花の都はヒマワリが美しい!

前回の続きです。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 フリー切符4 料金について5 近くの宿泊施設6 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 富士山五合目の散策後、富士山駅から「ふじっ湖号 …

【北口本宮冨士浅間神社】 富士山の鬼門を守る神社で、富士登山北口の起点

6月12日(日)に、タイムズ カーシェアでフィットを14時間借りて、山梨県と静岡県にお参り&遊びに行ってきました。   ①北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市) ②吉田の火祭りと諏訪神社に …

【富岳風穴(ふがくふうけつ)】 昭和初期まで、天然の冷蔵庫として利用されていた熔岩窟

前回からの続きです。 河口湖オルゴールの森を見たあと、河口湖駅へ戻って西湖周遊(グリーンライン)のバスに乗り換え、富岳風穴(ふがくふうけつ)をめざしました。 富岳風穴は、鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ) …

【河口湖、大石公園、河口湖紅葉祭り】 10月末はコキアが見ごろ

続けて、河口湖周辺の観光を取り上げます。 河口湖遊覧船アンソレイユ号と、カチカチ山ロープウェイを楽しんだ私達は、河口湖周遊レトロバスに乗車し、大石公園へ向かいました。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 …

【北口本宮冨士浅間神社の、諏訪神社】 富士講の開祖と吉田口登山道

前回の続きです。 「北口本宮冨士浅間神社はもともと諏訪神社だけだった」、ということから同境内にある諏訪神社と、吉田の火祭り、北口本宮冨士浅間神社の東宮、西宮などについて取り上げたいと思います。 目次1 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ