チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

東京都レジャー

【府中市郷土の森 梅まつり】 約60種類、1,100本の梅の木が見られる

投稿日:2018年3月10日 更新日:

鳴門の渦潮の前に、府中市郷土の森の梅まつりについて紹介します。

2018年の梅まつりの会期は3月11日までだったのですが、梅の見ごろが続いているということで3月18日まで延期開催されることになりました。

明日、3月11日(日曜日)は、11時半から「府中芸能あらかると」が行われ、太鼓や子供神輿、お囃子などが行われるそうです。

レジャー記

府中市郷土の森は、駐車場無料です。公共交通機関で行く場合、分倍河原駅からバスに乗り、郷土の森前で下車です。

 

郷土の森への入場料は、大人200円、子供100円、幼児無料です。

私たちは昼前に到着したのですが、入場まで20分くらい待ちました。

いつもはすぐ入場できるので、かなりにぎわっていて驚きました。

後ろで並んでいたおじいさんが「去年は車で来たんだけど、駐車場がいっぱいだったから停められなくて、そのまま帰ったんだよ」とおっしゃっていました。

梅まつりはすごい人出なので、できれば公共交通機関で行くのをオススメします。

 

 

 

訪れたのは3月4日で、旧島田家住宅では雛壇展示がありました。

真ん中の雛壇の最上部が豪華でビックリ! 宮殿みたいな雛壇もあるんですねぇ。

 

 

 

3月4日で終わってしまいましたが、野点茶会が催されていて、点てたてのお抹茶が600円でいただけるようでした。

息子が抹茶好きなので、頂こうかなと思ったのですが、「大人な雰囲気」だったので、やめておきました。

美しい梅の下でのお抹茶、さぞかし美味しいでしょうね。

 

 

府中市郷土の森では、約60種類、1,100本もの梅が咲いています。

園内は広いので、散策には一時間くらいかかります。

 

 

 

いくつか、梅の写真を貼っていきますね。白、赤、桃色と、様々な梅の花が咲き誇って、鮮やかで、良い香りがしました。









初めて見た梅「輪違い」。同じ枝に、白梅と紅梅が咲いている野生種で「思いのまま」とも言われているそうです。

 


 

同じ枝に、紅梅と白梅。・・・わかるかな?

ぜひ現地に行って、よく観察してくださいね♪

 

 

 

朝鮮梅「臥龍梅(がりょうばい)」。

伊達政宗が、今から400年前の朝鮮出兵時に朝鮮から持ち帰り、初代仙台藩主となった後もこよなく愛した梅(天然記念物)の子孫です。

背の低い梅の木で、枝が横に広がるように伸びているので、背の高い梅の木よりも花を観賞しやすいです。

余談ですが、伊達政宗の終焉の地は、東京の日比谷公園です。こちらもまた後日、紹介したいと思います。

 

 

こちら、府中市制施行60周年記念樹「大宰府の梅」。

平成27年2月に、福岡県の大宰府天満宮から寄贈された梅の若木が二本植えられています。

写真は「鹿児島紅梅」。

 

 

こちらも太宰府天満宮から贈られた「大和牡丹」。

 

 

太宰府天満宮のご神木である梅の木は「飛梅」と言い、和歌と学問の神様「菅原道真公」が無実の罪で、京都から大宰府へ左遷される時に詠んだ歌、

「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅花(うめのはな) 主なしとて 春を忘るな」

の梅で、主の道真を慕って、京都から大宰府まで一夜で空をかけてきたのだそうです。

 

樹齢千年を超える飛梅・・・、見てみたいなぁ。白梅だそうです。

 

 

北野天満宮の記事はこちら・・・京都市にあります。菅原道真を祀る天神社・天満宮の総本宮です。社紋は、菅原道真が愛した梅。こちらにも見事な梅園があります。

 

 

 

正門から一番遠いところにある、ロウバイの小径。

 

 

蝋梅(ロウバイ)は、中国原産の落葉低木で、ものすごく甘い匂いがします。二月下旬が一番香るので、三月は見ごろを少し過ぎていたため、匂いがちょっと控えめでした。

ロウバイ園は、近くにあるサントリー武蔵野ビール工場の協力により作られているようです。

→→サントリー武蔵野ビール工場の記事はこちら・・・事前予約が必要ですが、無料でビールの試飲ができます。

 

 

 

お腹が空いたので、郷土の森名物の「ハケ上団子」。飛騨高山直送の団子で、目の前で焼いてくれます。一本80円。

 

府中市郷土の森は、立川断層の上にあり、ハケとは崖のことを意味するそうです。断層(崖)=ハケの上の団子屋「ハケの茶屋」は、園内旧町役場の横にありますが、梅祭り中は特設テントでも名物団子を食べられます。

一緒に買った芋ドーナツは、川越市からの出張店舗のようで、中にサツマイモアンが入っていました。川越観光もまた後日、紹介したいと思います(後日紹介ばっかりでゴメンね~~)。

 

 

旧三岡家長屋門の先にある「ふるさと体験館」では、梅にちなんだ飾り作りが行われていました。時期により工作は変わるので、公式HPを見てお出かけしてください。

ふるさと体験館の体験教室項目はこちら

 

 

見て可愛い、嗅いで気持ちの良い梅の花。

おしべの先の花粉の粒粒が、とってもカワイイ。

 

 

 

お土産売り場で買った「特選 梅ようかん」。

府中市郷土の森でとれた梅を使用しているそうです。

しっかりと「梅」の味がして、美味しかったです♪

 

 

 

 

明日、3月11日はお祭りが行われます。

 

楽しいお出かけになりますように♪

 

関連記事

府中市郷土の森の記事です。

→→府中市郷土の森博物館の記事はこちら・・・郷土の森入場料だけで入れます。プラネタリウムは2018年5月2日にリニューアルオープンします。

→→府中市郷土の森 アジサイ祭りの記事はこちら・・・アジサイも奇麗です。夏季は水遊びもできます。

→→府中市郷土の森公園(交通遊園)の記事はこちら・・・郷土の森の、道路を挟んだ向かい側にあります。無料で釣り、格安ゴーカートを楽しめます。夏季は大賀ハスが奇麗です。

→→サントリー武蔵野ビール工場の記事はこちら・・・郷土の森から徒歩20分ほど。事前に予約が必要ですが、ビールの試飲ができます。

 

→→熱海梅園の記事はこちら・・・静岡県熱海市の梅園。こちらも奇麗でした。

交通アクセス

アクセスは、京王分倍河原駅で電車を下車し、駅前のバス乗り場から分52・府52の路線バスに乗車するか、ちゅうバスに乗って行きます。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

路線バスも、ちゅうバスも1時間に2本ずつしかないのですが、10~15分ずれて運行しているので、府中市郷土の森博物館方面のバスは、1時間に4本あると考えて良いです。
路線バスは180円(ICカードなら175円)。郷土の森正門前下車です。
ちゅうバスは100円。南町2丁目下車徒歩6分です。

路線バスは郷土の森博物館前にバス停がありますが、ちゅうバスのバス停は離れているのでご注意ください。

→→路線バス分52・府52の時刻表はこちら(ちゅうバスより80円高いですが近くて便利)

車で行く場合、200台停められる無料駐車場があります。

料金について

博物館の入館料金は大人200円、中学生以下100円。
プラネタリウムは大人400円、中学生以下200円。
4歳未満は無料です。

東京ミュージアムぐるっとパス対象施設です。ぐるっとパスは2ヶ月間有効のチケットブックです。

開館時間は午前9時から午後5時。入館は16時まで。
休館日は月曜日。
ロッカーは100円で、お金が返却されるタイプです。

近くの宿泊施設

府中アーバンホテル別館。分倍河原駅の隣「府中駅」南口から徒歩1分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-東京都レジャー
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【府中の森芸術劇場】  乳幼児連れ親子の無料コンサートがある。府中の森公園は紅葉がキレイ

府中市にある「府中の森芸術劇場」で、無料コンサートがあるとのことで、行ってきました。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 お得で便利な、旅の予約サイト 見学記 府中の森芸術劇場は …

【日枝神社】 皇居・江戸城の鎮守で、裏鬼門(南西)を守っている

明日、初詣に行く方もいるかと思うので、東京五社の中で唯一まだ記事を書いていなかった赤坂の「日枝(ひえ)神社」について書きます。   私が参拝したのは10月の一番最後の祝日で、結婚式や七五三で …

【アミューズミュージアム 布文化と浮世絵の美術館】 もったいない! 布の大切さを知る

前回記事にした印刷博物館で歌川国芳の武者絵を見た後、メトロに乗って浅草まで行きました。 区間にもよりますが、メトロを4回乗るなら、メトロ24時間乗車券がお得で、券売機にて600円で発売されています。 …

東京・ミュージアムぐるっとパスを買いました。使用方法、使用可能施設について。

2018年4月から2019年1月31日までぐるっとパス2018が発売されています。     【神代(じんだい)植物公園】の記事を続けて3つ書きましたが、今日は「東京・ミュージアムぐ …

【浅草周辺観光】 浅草地下街、浅草演芸ホール、花やしき、スカイツリー

前回、金龍山浅草寺について取り上げたので、その続きで浅草周辺のことを少し書いておきます。 目次1 散策記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイ …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ