【青森観光りんご農園】 3玉300円で、りんご狩りができる。リンゴのもぎ方について

今日紹介するのは、青森観光りんご農園。

青森といえば、日本で一番りんごを作っている県ですね。

その収穫量は、全国の半分以上(約56.1パーセント)にもなるそうです(二位は長野県)。

旅行記

 

青森観光リンゴ園は、青森駅、新青森駅から車で30分程離れた所にあります。

広いリンゴ園には26種類250本のりんごの木があり、私達が訪れた10月半ばは「つがる」と「さんさ」が食べごろでした。

料金はりんご3玉もぎ取り300円(入場料金込みの値段)で、駐車場は無料です。

事務所でりんご狩りを申し込むと、赤いビニールネット、果物ナイフ、プラスチック皿、カゴを貸してもらえます。

 

 

 

りんごの木は梨の木よりも高いのですが、大人はハシゴを使わなくても、だいたいもぎ取れます。

リンゴ園のあちこちに脚立が置かれてあるので、上のほうのりんごを取りたい場合は脚立を使いましょう。

りんごのもぎ取りは、実をクルクルと回すとプチンと取れるので、はさみは必要ないです。

りんごよりも収穫が簡単なのは梨で、実を上に持ち上げただけで、簡単にプチッと取れます。

梨は実を上に持ち上げてプチッ、りんごは実をクルクル回す、と覚えましょう。

 

 

関連記事

青森市の観光記事です。

→→【青森ねぶた祭り】の記事はこちら

→→【青森県観光物産館 アスパム】 青森県内で一番高い建物で、津軽三味線ライブなどが楽しめる

→→【ねぶたの家ワ・ラッセ】 年中、青森ねぶたを見れます。土日祝はハネト体験!

→→【八甲田山雪中行軍遭難資料館】 対ロシア戦を想定した訓練に参加した210名中、199名が死亡。雪山は恐ろしい事を、多くの人に知ってほしい

→→【八甲田ロープウェー】 猛吹雪の八甲田山で、樹氷を見た。冬の八甲田山は過酷だった!

交通アクセス

青森駅前バス停の3番乗り場から、市営バス(田茂木野行き)にのり、観光リンゴ園下車です。乗車時間は30~40分。
遠方から行く場合、新青森駅で新幹線をおりて、新青森駅前から在来線に乗り、青森駅で下車します。

車で行く場合、無料の駐車場があります。

料金について

りんご3玉もぎ取り300円です。入場料金込みの値段です。
予約は必要ありません。
8月1日~11月15日まで開園。
営業時間は8:00~17:00まで。
季節によって、梨、さくらんぼ、もも、栗のもぎ取りも行っているようです。

近くの宿泊施設

ホテルルートイン青森駅前。青森駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。