チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

青森県旅行記

【ねぶたの家ワ・ラッセ】 年中、青森ねぶたを見れます。土日祝はハネト体験!

投稿日:2017年6月11日 更新日:

続けて青森駅近くの観光スポットを取り上げます。

今日、紹介するのは「ワ・ラッセ」。

ハネト体験ができる土日祝に訪れるのがオススメ!

 

旅行記

アスパムから海沿いに、青森ベイブリッジの方へ移動すると、赤い建物が見えてきます。

これが、「ワ・ラッセ」。


ワ・ラッセの後ろに映っている白い建物は「Aファクトリー」で、飲食店や土産物店が入っています。

Aファクトリーは2010年12月、ワ・ラッセは2011年1月に開業しました。

 

 

青森に初めて来た時(2007年)は、「駅前なのに寂れているなぁ」と思ったのですが(ごめんね~)、あれよあれよと楽しい施設が出来て驚きです。

 

 

ねぶたの家「ワ・ラッセ」に、私達が訪れたのは、開業して半年後の2011年7月でした。

ミュージアム入り口。大人600円、高校生450円、小中学生250円かかります。

 

 

 

 

 

 

ワ・ラッセ展示紹介の前に、アスパム裏の「ねぶた小屋」の写真を貼ります。青森ねぶたは立体的な作りで、正面も背面も凝っていてカッコいいです。

このままでも十分カッコ良いのですが、

 

 

 

 

点灯すると、カッコ良さがアップ!

 

 

ワ・ラッセで展示されていた、青森ねぶたの写真を何枚か貼っていきますね~。




いや~~、めっっっっっっちゃカッコいいわぁ!!!!!!

 

 

青森ねぶたのお囃子はこちら。


もうコレ聞くだけで、体が熱くなる~!

 

 

「ワ・ラッセ」では、土日祝日のみですが、ハネト体験が出来ます。

 

生のお囃子でピョンピョン跳ねると、めっちゃ楽しいです!

 

青森県民じゃなくても、血が騒ぎます!

 

オススメ~~!

 

「ラッセーラーラッセーラー! ラッセーラッセーラッセーラ!!」

 

 

でもこれね、気合入れてピョンピョンすると、5分ももちません!

高く跳ねた方が断然カッコイイのですが(男子高校生はパワーがあってスゴイヨー)、無理せず軽くステップする感じで、お気軽に体験してみてはいかがでしょうか。

 


 

 

津軽藩ねぷた村の展示パネルを貼りますが、「ねぶた(ねぷた)」は、青森県内にこんなにたくさんあるのです。


知らんかったわぁ。

 

結婚するまで「ねぶた」というと青森市のねぶたしか思い浮かばなかったのですが、弘前市の「弘前(ひろさき)ねぷた」と、五所川原市の「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)」の3つが、青森三大佞武多です。

 

去年(2016年)、三つ見て来たのですが、どれも良かったですよ~♪

 

青森ねぶたを体験できるのは、ワ・ラッセ。
弘前ねぷたを体験できるのは、津軽藩ねぷた村
五所川原立佞武多を体験できるのは、立佞武多(たちねぷた)の館です。

三つとも、施設を持っているので、「お祭りの時期に行けないわぁ」という方でも、雰囲気を何となく知ることができます。

 

 

 

 

金魚ねぶた。かわいい♪

本来は灯籠として作られたものですが、お土産としても手ごろな値段で買いやすいです。
丈夫なビニール製品のもありますが、やっぱり和紙がオススメ。

 

 

楽しく記念撮影♪

針金で形を作って、表面を紙で覆います。

やっぱり光が入ると綺麗だな~~。

昔はロウソクでしたが、今は電気を使っています。

 

 

 

一番右が、青森ねぶた師 北村隆さんの作品。第6代ねぶた名人です。

ねぶたを製作する人は「ねぶた師」と言われていますが、北村隆さんは「ねぶた大賞(田村麿賞)」の受賞回数が12回で最多記録保持者です。

娘の北村麻子さんもねぶた師で、2017年度に紅葉狩を制作し、ねぶた大賞を受賞しました。唯一の女性ねぶた師です。

 

 

青森ねぶた祭りは、毎年8月2日〜7日まで開催されています。

 

 

8月2日〜6日が青森駅周辺の夜間運行で、7日は昼間運行+夜に海上運行と花火大会が催されます。
青森ねぶた祭り 公式HPはこちら

 

 

 

青森ねぶた祭りDVDはネットで買えます。

好きだんず~~!  ねぶた、たげ好きだんず~~~!!

 

 

・・・ちなみに、青森市と言えば、ナマリがきつくて何を言っているのかわからない「津軽弁」。(八戸などの東部は南部弁をしゃべる)。

 

青森市で生まれ育った夫は、なぜかしら、ほぼ津軽弁をしゃべりませんが(どっちかというと関東弁かな?)、青森の観光地で言葉に困ることはほぼありませんので、ご安心を・・・。

 

初めて夫のおばあさんとしゃべった時は、3割くらいしか意味がわからず、愛想笑いしまくりだったけど(鍋は、ナヴィと発音)、毎年のように帰っていると耳が慣れてくるのか、おばあさんが合わせてくれているのか、わりと意味がわかるようになってきた。

 

 

次は、ねぶたの流れで、去年(2016年)の青森ねぶた祭りの様子を紹介したいと思います。

関連記事

弘前ねぷたの記事です。
津軽藩ねぷた村の記事はこちら・・・年中、弘前ねぷたが見れる施設。
弘前ねぷた祭りの記事はこちら・・・青森三大ねぷたの一つ。運行台数80台!

 

五所川原立佞武多の記事です。
立佞武多(たちねぷた)の館の記事はこちら・・・年中、立佞武多が見れる施設。
五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭り① の記事はこちら・・・出陣がスゴイ。
五所川原立佞武多祭り②の記事はこちら・・・青森三大ねぷたの一つ。高さ20mの巨大立佞武多がスゴイ~。

交通アクセス

新青森駅で新幹線を降り、JR奥羽本線に乗り換え、一駅離れた青森駅で下車。
青森駅から徒歩1分。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、最初の1時間210円 ⁄ 以降の30分毎100円の有料駐車場があります。
ねぶたミュージアム(ワ・ラッセ)観覧者は駐車料金が1時間無料です。

料金について

大人600円、高校生450円、小中学生250円(青森市内の小中学生は証明するものがあれば無料)。
ワ・ラッセと八甲田丸との2施設セット券は、大人900円、高校生600円、中学生450円、小学生250円。
2施設にアスパムを加えた3施設セット権は、大人1300円、高校生900円、中学生700円、小学生500円。
開館時間、イベントは公式HPで確認してからお出かけしてください。
ワ・ラッセ公式HPはこちら

近くの宿泊施設

ホテルルートイン青森駅前。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-青森県旅行記
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【青荷温泉 ランプの宿】 館内の照明はランプのみ! 初めて天の川を見た!

前回、ランプの宿 青荷温泉への無料送迎バスが出ている虹の湖公園を紹介しました。 今日は、ランプの宿について書きます。   目次1 宿泊記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 …

【立佞武多(たちねぷた)の館】 青森三大佞武多の一つ「五所川原立佞武多」の展示施設

青森ねぶたの紹介が終わったところで、次は青森市の左隣にある五所川原市の「立佞武多(たちねぷた)の館」について書きます。   青森三大ねぷた(リンクで、過去の祭りページにとべますのでご覧くださ …

【三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)】 日本最大級の縄文集落跡。縄文時代は一万年も続いた

前回、小牧野遺跡(こまきのいせき)を取り上げましたので、今日はそれよりも古い時代の遺跡「三内丸山遺跡」を紹介したいと思います。   青森駅、新青森駅にも近く、整備された遺跡なので交通アクセス …

【津軽藩ねぷた村】 年中、弘前ねぷたが見れる。「喧嘩ねぷた」がコワすぎ!

前回、弘前ねぷた祭りについて書きましたので、今日は津軽藩ねぷた村を紹介します。   青森三大ねぶた(ねぷた)は、それぞれ年中楽しめるように展示・体験施設を持っています。 「青森ねぶた」は、ね …

【五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭り①】 山車の出陣は、ぜひ見てください!

前回の続きで、青森三大佞武多の一つ「五所川原立佞武多」を取り上げます。   祭りは毎年8月4日から8日までで、立佞武多の館に展示している大型立佞武多の他、町内・学校・愛好会などで作られる中型 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ