【日清カップヌードルミュージアム(横浜)】 子供とチキンラーメン作りを体験! ワールド麺ロードで外国の麺料理に舌鼓

先日、小学生の息子とカップヌードルミュージアム横浜で、「チキンラーメンファクトリー(チキンラーメン作り)を体験してきたので、紹介します。

レジャー記

カップヌードルミュージアムは、神奈川県横浜市と大阪府池田市にあります。

どちらでも、チキンラーメン作り、オリジナルカップヌードルづくりを楽しめます。

 

カップヌードルミュージアム横浜は、みなとみらい駅から徒歩8分です。


私達が以前、カップヌードルミュージアム横浜に訪れたのが、息子が3歳の時だったので、7年ぶりの訪問でした。

入場料は大人500円、高校生以下無料。1年間何度でも入館できるパスポートは大人1500円です。

 

館内で別途料金がかかるものは以下の4つ。

  1. マイカップヌードルファクトリー(オリジナルのカップ麺づくり)、一食300円。
  2. チキンラーメンファクトリー(チキンラーメンを作る。事前予約必要)は、小学生300円、大人500円。
  3. カップヌードルパーク(三歳から小学生以下の遊び場)は、1回30分300円。
  4. ワールド麺ロード(小さなラーメンを食べられる)は、一食300円。

 

 

マイカップヌードルファクトリー(オリジナルカップ麺づくり)と、カップヌードルパーク(小学生以下の遊び場)は以前書いた記事でご覧ください。

マイカップヌードルファクトリーを簡単に説明しますと、

カップに絵を描いたり、色を塗って、

 

スープと具を選んで、

 

袋に入れて持ち帰ります。一食300円。

 

 

左が私のチリトマト、コーン、キムチ、チーズ、エビ。右が息子の塩、エビ、かにかま、卵、ねぎ。

味の組み合わせは、合計5,460通りもあるそうです。

→→【日清カップヌードルミュージアム】 オリジナルのカップヌードル作りが楽しいの記事はこちら・・・この時、息子が小さかったので、チキンラーメンファクトリーに参加できなかっため、オリジナルカップ麺を作って、カップヌードルパークで遊んだ

 

 


 

今回紹介する、チキンラーメンファクトリーは「自分たちでチキンラーメンを作ろう!」のお料理教室です。

参加可能なのは小学生以上。

一日8回あり、各回の定員は48名。

料金は小学生300円、大人500円です。(お土産付きでこの料金はお得です)

これは事前予約が必要なので、「チキンラーメンを作りたい!」という方は、必ず予約しましょう。体験日の三か月前からHPで受け付けています。

定員に空きがあれば当日ミュージアム内で申し込みができますが、土日祝日は大人気なので、事前予約した方が良いです。

 

 

当日申し込み、整理券受け取りはミュージアム三階のカウンター。

 

 

マイカップヌードルファクトリー(オリジナルのカップ麺を作る)の隣が、チキンラーメンファクトリー会場です。

チキンラーメンのパッケージでお馴染みの、オレンジ色と白の配色。

清潔感のある広い調理室でした。

 

 

座席にはエプロンとチキンラーメンの「ヒヨコちゃんバンダナ」が置かれているので、着用して手を洗います。

ちなみにエプロンは返却しないといけませんが、バンダナは持って帰れます。

 

 

説明を簡単に聞き、さっそくチキンラーメン作り開始。(一日8回の開催なので忙しいでしょうね)

二人一組になって、ボウルの中に小麦粉、塩、かん水などを入れ、コネコネ。

こねた後は、めん棒でグイグイおして、コシを出します。(けっこう力がいるので、低学年児と参加する方は、親がやった方が良いかもしれません)

チキンラーメンの材料。

 

めん棒でグイグイ押してコシを出した後は、ローラーのついた機械に生地をはさみ、ひたすら伸ばします。ここでさらにコシが出て、生地がなめらかに、薄くなります。(手が汚れるので、写真が無くてごめんね)

取っ手をクルクルクルクルクルクル・・・とひたすら回すので、交代でやると良いです。

 

厚さ0.7ミリ、長さ2mまで、生地を伸ばしたら、トレイに置いて少しの間、寝かせます。

 

ここで一回目の休憩が入り、チキンラーメンのムービーをみんなで見ました。

 

ムービー終了後、寝かせた生地を製麺機にセットし、刃のついたローラーにかけて麺にしていきます。

 

一枚のペラペラ生地が目の前で麺に変身するのは、とっても面白い!

 

食べやすい長さにハサミでチョキンとカットしたら、スタッフさんに蒸してもらいます。

ここでまた休憩に入り、袋にイラストを書きました。

 

息子の袋。

麺を油で揚げていたのが印象的だったらしい。

 

 

麺を蒸した後は、ボウルに麺と調味液を入れ、手早くかき混ぜます。

プ~~~ンとチキンラーメンの良いにおいがして、お腹が空きます!

 

私達の手作りチキンラーメン、早く食べたい! 

 

 

麺に味を付けたら、丸い型にセットして油で揚げます。

この工程はスタッフさんがしてくれるので、参加者は見学。ガラスで仕切られているので、油が飛んでくることはありません。

 

 

ショワショワショワ~~~~~~!

おいしくなーーーーーれ!

 

これが安藤百福(あんどうももふく)さんが編み出した、瞬間油熱乾燥法(しゅんかん ゆねつ かんそうほう)です。

戦後の物不足の中、たくさんの人たちが一杯のラーメンを求めて長蛇の列を成しているのを見た百福さんは、「栄養価の高い食べ物を、長期間保存し、美味しく、安く食べられる」ことを目指して、一人、小屋でコツコツと開発したのでした。

 

 

ちなみに、館内には再現された研究小屋があって中に入れます。

息子が鍋の前で「瞬間油熱乾燥法だ~~!!」と楽しそう。

 

 

ハイ、できましたっ!

私と息子の、手作りチキンラーメン!

 

粉を混ぜ、ねり、めん棒やローラーでコシを出し、蒸して、裁断して、味つけて、油で揚げて・・・。

お湯をかけて三分で食べられるチキンラーメンは、いろんな行程を経て作られているんですね!

とっても勉強になりました♪

 

 

お湯をかけて食べるのは自宅までお預けですが、カケラはその場で試食できます

チキンラーメンはそのまま食べても美味しい! 画期的ですね~!

 

参加者へのお土産。

大人500円、子供300円の参加費で、

  1. ひよこちゃんバンダナ
  2. 自分達で作ったチキンラーメン
  3. 工場で作られたチキンラーメン
  4. ミニカップ焼きそばユーフォー

以上、4点のお土産つきです!

 

なんてお得で楽しい体験だったのでしょう!!!

 

現在、関東の神奈川県横浜市、関西の大阪府池田市の二つにしかミュージアムがありませんが、楽しかったのでぜひ体験してください!

 


 

お腹が空いたので、ワールド麺ロードへ。

バイクは乗車可能で、良い記念写真スポットです。

 

ワールド麺ロードでは、小さな器に入った8か国の麺料理を食べられます。お値段は一杯300円。

  1. イタリアのパスタ
  2. カザフスタンのラグマン
  3. 中国の蘭州牛肉麺
  4. 韓国の冷麺
  5. ベトナムのフォー
  6. タイのトムヤムクンヌードル
  7. マレーシアのラクサ
  8. インドネシアのミーゴレン

 

 

まずは、席を確保。

東南アジアの屋台をイメージした店内で、机とイスがちょっと貧弱。机の下にはカバンを入れるカゴがあります。

お水はセルフサービスで、給水機まで取りに行きましょう。

 

 

各国の店舗前に券売機があるので、食券を購入してカウンターに提出。

1~2分くらいでラーメンを作ってくれます。

 

 

まずはタイのトムヤムクンヌードル。8種類の麺の中で一番辛いです。

私はタイ料理が好きなので、トムヤムクンヌードルは外せません!(トムヤムペースト、ナンプラー、コブミカンの葉などを買って、自分で作っていたくらい好き。)

 

 

お次は、マレーシアのラクサ。こちらは見た目が辛そうですが、辛くないです。ちょっとスープカレーみたいな味わい。

 

 

韓国の冷麺も食べました。麺がグニグニしているのが特徴です。

 

 

息子は辛いものが嫌いなので、ベトナムのフォーを食べました。優しい味付けで、満足していました。

 

 

八か国の麺料理は一杯300円ですが、入り口すぐにある「チキンラーメン屋台」は、一杯150円です。

 

 

8種類の具から、2種類選べます。

 

 

息子はチャーシューと卵をトッピング。

美味しそうに食べていました。

 

 

「デザートも食べたいよね」と、マンゴープリンも追加。300円です。

時期によりメニューは変わるかもしれませんが、タピオカドリンク、かき氷、杏仁豆腐、カップヌードルアイスクリームなど、10種類のデザートを楽しめます。(2019年夏)

 

 

チキンラーメンを作り、オリジナルカップ麺を作り、展示を見て、カップヌードルパークで遊ぶと、滞在時間がかなり長くなるので、ワールド麺ロードには2回入りました。

少量で安いので、いろんな味を楽しんでください。

お昼ご飯時は混雑しますが、回転が速いので20分待ちで食べられました。(夕方が空いているので狙い目!)

 

 

展示室、カップヌードルパーク、インスタント麺の開発秘話は前回記事にしましたので、併せてご覧ください。

 

 

 

また、東京都稲城市の遊園地「よみうりランド」では、マイU.F.O.ファクトリーがあります。オリジナルのカップ焼きそばユーフォーを作れるので、こちらの記事も併せてご覧ください。

 

 

関連記事

→→よみうりランドグッジョバ!で日清UFO焼きそば作りができる・・・東京都稲城市。
日清カップヌードルミュージアムの近くにある施設です。

 

●横浜の観光記事です。

→→【よこはまコスモワールド】 値段が高い。コスモクロック21のシースルーゴンドラに乗った・・・カップヌードルミュージアムの隣です。

横浜赤レンガ倉庫。 ここには、日本初の業務用エレベーターがあるのよ。

ランドマークタワー足元、ドッグヤードのプロジェクションマッピング

日本丸メモリアルパーク。 総帆展帆(そうはんてんぱん)の様子を見学。

三菱みなとみらい技術館。ミッションラボがオススメ。ワカマルくん引退。

リニューアルしたOrbi Yokohama(オービー横浜)に、アニマルスタジオができました。

【横浜中華街】 日本三大中華街の一つ。日本一、東アジア最大の中華街

→→【横浜異人館巡り①】 港の見える丘公園、旧フランス領事館公邸遺、イギリス館、山手111番館

→→【横浜大さん橋と、くじらのせなか】 入港予定をチェックしていこう

→→【山下公園と氷川丸】 10月のワールドフェスタ・ヨコハマがオススメ

交通アクセス

みなとみらい線「みなとみらい駅」または「馬車道駅」より徒歩8分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩12分
遠方から行く場合、 新横浜駅で新幹線をおります。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

 

車で行く場合、40台停められる駐車場があり、最初の一時間は無料ですが以降30分ごとに250円かかります。

横浜では「観光スポット周遊バス あかいくつ」が走っています。
中華街・元町へ行くCルートと、みなとみらいをまわるMルートにわかれます。(あかいくつHPでルートを確認してください)
今回のカップヌードルミュージアムは、Mルートのあかいくつバスに乗り、「国際橋・カップヌードルミュージアム前」で下車です。
乗車料金は大人100円、子ども50円。
電車とあかいくつバスのフリー切符セット券などもあります。
路線・エリアにあわせていろいろありますので、お好みの切符を選んでください。
観光周遊バスあかいくつHP

料金について

大人500円、高校生以下無料です。
1年間何度でも入館できるパスポートは大人1500円です。

館内で別途料金がかかるものは以下の4つ。

  1. マイカップヌードルファクトリー(オリジナルのカップ麺づくり)、一食300円。
  2. チキンラーメンファクトリー(チキンラーメンを作る)は、小学生300円、大人500円。
  3. カップヌードルパーク(小学生未満の遊び場)は、1回30分300円。
  4. ワールド麺ロード(小さなラーメンを食べられる)は、一食300円。

チキンラーメンファクトリーは事前予約が必要で、体験日希望日の3ヶ月前同日午前10時から、インターネットか電話で受け付けています。

開館時間10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)
火曜日定休日

こちらの施設は、デイリープラスで、割引クーポンを入手できます。

近くの宿泊施設

ナビオス横浜。
カップヌードルミュージアムから500m、徒歩6分。馬車道駅から600m、徒歩7分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。