チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

京都府旅行記

【加茂別雷神社(上加茂神社)】 加茂タマヨリヒメが、流れてきた丹塗り矢を寝床に置いたら懐妊した! 縁結びの片岡社はハート絵馬

投稿日:2018年9月4日 更新日:

以前からの続きで、五泊六日の琵琶湖一周+京都小旅行の紹介です。

琵琶湖一周旅【比叡山延暦寺】参拝の後、京都に抜けて【賀茂御祖神社(下鴨神社)】を参拝し、次は加茂別雷神社(上加茂神社)へ行きました。

参拝記

下鴨神社、上鴨神社は共に、葵祭で有名ですね。ユネスコの世界遺産にも登録されている、歴史ある大きな神社です。

加茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、鴨川の下流にあるため「下鴨神社」と呼ばれ、今日取り上げる加茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は鴨川の上流にあり「上加茂神社(かみがもじんじゃ)」とも言われています。

二つの御宮は古代氏族である加茂氏の氏神を祀る神社なので「加茂社」とも呼ばれ、4kmしか離れていません。車なら15分で行ける距離です。

 

駐車場近くで撮った写真。

奥に山が映っているのがわかるでしょうか。(黒い車の上あたり)

あの山は上賀茂神社の北北西2キロにある、標高301.5メートルの「神山(こうやま)」。

山頂の磐座には上加茂神社の神様が降りたと伝わる、神体山(神様が降りてきた山)です。

山、磐座、巨木を神体とするのは、古代からの信仰を思わせますね。(【賀茂御祖神社(下鴨神社)】は境内に磐座があります

 

加茂社は、京都の中でも最古の歴史を持つ古社で、創建年齢はハッキリわかりません。

 

 

巨大な鳥居。

 

 

参道がすごく広々としていて、【賀茂御祖神社(下鴨神社)】とはまた違う雰囲気。

 


 

境内図。

上賀茂神社は、神社境内の東に流れる御物忌川と、西の御手洗が合流する三角形の斜面地に社殿群があり、本殿は「神山」を遥拝する形になっているそうです。

さきほど、鴨川の下流にあるから「下鴨神社」で、鴨川の上流にあるから「上加茂神社」と紹介しましたが、神奈備(かんなび)神山に近いので「上加茂」なのかな・・・? どうなのでしょうね?

 

 

御所桜、シダレザクラが満開。他に斎王桜があったのですが、まだつぼみでした。

 

 

外幣殿(御所屋)。重要文化財です。

 

 

上加茂神社には神馬「神山号」という白馬がいるのですが、毎日いるわけではなく、出社日があります。

神山号に会いたい方は、日曜日と祭日の朝9時半から午後3時にいきましょう。それ以外の日時は、京都産業大学馬術部の馬房にいるそうです。

「神馬」とは神様だけが乗れるもので、「神様にお仕えしている姿を参拝客に見てもらう」ことが仕事の一つ。現在の神馬は以前「メダイヨン」という名前で競走馬として活躍していたそうですよ。

 

 

二の鳥居。

 


 

 

細殿(拝殿)。重要文化財です。

手前の円錐は「立砂(たてずな)」と言い、上賀茂神社の神体山「神山(こうやま)」にちなんだもので、神様が降りてこられる憑代(よりしろ)となるのだそうです。

鬼門、裏鬼門に砂をまいて清める風習は、この立砂が信仰の起源なのだそうです。

立砂のてっぺんには、松の葉がアンテナみたいに刺されていました。

 

 

手水舎。神山のくぐり水をくみ上げたもので、「神山湧水」というそうです。

 

 

下鴨神社の【糺の森(ただすのもり)】も清流が気持ちが良かったですが、上賀茂神社も境内に水が流れ、大変気持ちが良いです。

 

 

 

楼門。重要文化財。

 

 

この奥に国宝の本殿と権殿がありますが、特別参拝者しか見れません。初穂料は大人一人500円。時間は、平日午前10時から午後4時、土日祝日は午後四時半までです。

私達が訪れた時にはすでに窓口が閉まっていたので、外からお参りさせていただきました。

 

祭神は、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのみこと)。「雷を別けるほどの力を持つ神」という意味だそうです。

 

賀茂建角身命の娘の玉依姫(タマヨリヒメ)が石川の瀬見の小川(鴨川)で遊んでいたところ、川上から丹塗矢が流れてきた。

それを持ち帰って寝床の近くに置いたところ玉依日売は懐妊し、男の子が生まれた。これが賀茂別雷命である。賀茂別雷命が成人し、その祝宴の席で賀茂建角身命が「汝の父と思はむ人に此の酒を飮ましめよ(お前のお父さんにもこの酒をあげなさい)」と言ったところ、賀茂別雷命は屋根を突き抜け天に昇っていったので、この子の父が神であることがわかったという。丹塗矢の正体は乙訓神社の火雷神であった。

(山城国風土記より)

賀茂建角身命と、娘の玉依姫(タマヨリヒメ)は、【賀茂御祖神社(下鴨神社)】に祀られています。両殿は国宝です。

 

上加茂神社は、玉依姫(タマヨリヒメ)が生んだ子供が祀られている、ということです。

 

 

加茂社の神紋は、【賀茂御祖神社(下鴨神社)】の記事にも書きましたが、フタバアオイです。

 

 

お参りが済んで、楼門(重要文化財)を出る。

 


 

玉橋。重要文化財。

橋の下を流れるのは御物忌川(おものいかわ)で、玉橋は渡れません。

 

 

片岡橋。重要文化財。

玉橋は渡れませんが、こちらの橋は渡れます。

 

片岡橋を渡った先にあるのが、片岡社。

祭神は加茂タマヨリヒメ。加茂タマヨリヒメは、加茂縣主の祭祀の権を握っていた最高の女性で、上賀茂神社の祭神の母君です。初代天皇である神武天皇の母もタマヨリヒメです。(「神霊の依り代となるヒメ」をタマヨリヒメと呼ぶ)

片岡神社は上賀茂神社の24摂社の中で、第一社になっています。

紫式部も参拝に来た社で、縁結び、子授け、安産、家内安全の御神徳があるそうです。

写真では小さくてわかりづらいですが、この片岡社の絵馬は、ハート形です。

 

 

紫式部が参拝祈願した時にうたった和歌。

「ホトトギス(将来の結婚相手)の声を待っている間は、この片岡の社の梢の下に立って、朝露のしずくに濡れていましょう」

奥ゆかしいですね。

 

 

この岩の上は、加茂祭(葵祭)で、宮司が勅使に神の御意志を伝える「返祝詞(かえしのりと)」をする神聖な場所。

神山と共に加茂信仰の原点となっている場所で、「氣」の集中する場所なのだそうです。

 

古くからある神社の参拝は、なんだかワクワクしますね!

立派な社殿があるから・・・ではなく、磐座や神木といった「憑代(よりしろ)」に、昔から人々が心を寄せてきたと思うと、タイムスリップしたような気分になります。

 

 

この夜、京都に宿泊し(めっちゃ小さい駐車場に車を入れてしまい焦った)、翌朝は「嵯峨野トロッコ列車」に乗りました。

 

関連記事

加茂御祖神社(下鴨神社)の記事です。

→→【賀茂御祖神社(下鴨神社)】 日本の歴史に深く関係しているお宮です

→→【糺の森(ただすのもり)】 下鴨神社の原生林。古代遺跡のある森で、葵祭の名物「申餅」を食べる

→→【河合神社】 鏡絵馬に御化粧をして美人祈願ができる、女性守護の社

→→【鴨長明 方丈記と方丈庵】 「私は詩と音楽が好き!」 家業を継げずに家を出て、行きついた究極のマイホームは一辺3m!

→→【加茂みたらし茶屋】 大正11年創業。みたらし団子の発祥地は、下鴨神社

交通アクセス

京都市営地下鉄烏丸線 北山駅から徒歩約25分。
車で行く場合、有料駐車場があります。通常、30分100円。繁忙期は一回500円。

近くの宿泊施設

京都駅出てすぐです。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-京都府旅行記
-, , ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【伏見稲荷大社】  全国に3万社ある稲荷神社の総本宮。千本鳥居が見事! イナリは、原始キリスト信仰?

引き続き京都について取り上げます。 今日取り上げるのは、稲荷神社の総本社である、伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な …

【嵯峨野トロッコ列車】 オープン車両「ザ・リッチ号」に乗り、トロッコ嵯峨駅から亀山駅へ

関西の台風被害、北海道の地震・・・と天災が続き、関連記事を書いていたため、数日ぶりの旅行記です。   五泊六日の琵琶湖一周旅 で【比叡山延暦寺】を参拝した後、京都に抜けて、一泊二日の京都小旅 …

【金閣寺】 正式名称・鹿苑寺。室町幕府最強の将軍が建て、火の鳥のように復活した寺

京都の市バス1日乗車券でめぐる京都のメジャースポットを紹介してきましたが、次は、金閣寺を取り上げたいと思います。 金閣寺は、世界遺産の一つですね。 関西圏の子供は修学旅行で金閣寺を必ず見ると思います。 …

【野宮神社(ののみやじんじゃ)】 毎年10月第3日曜日に「斎宮行列」が行われる。斎王(斎宮)とは何か

前回からの続きで、一泊二日の京都旅行です。 朝一番で、【嵯峨野トロッコ列車】に乗った後、【竹林の小径】を散策し、野宮神社(ののみやじんじゃ)へ参拝しました。 目次1 参拝記の前に、「斎王(斎宮)」とは …

【河合神社】 鏡絵馬に御化粧をして美人祈願ができる、女性守護の社

前回からの続きで、一泊二日の京都旅行の紹介です。 加茂御祖神社(下鴨神社)の紹介をいくつかにわけて書いてきましたが、この記事が最後です。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ