【渡月橋(とげつきょう)、キモノ・フォレスト】 嵐電(らんでん)嵐山駅を出てすぐ。嵐山観光の定番

前回からの続きで、一泊二日の京都旅行の紹介です。

朝一番で【嵯峨野トロッコ列車】に乗り、【 竹林の小径】を散策、【野宮神社(ののみやじんじゃ)】に参拝し、最後に渡月橋へ向かいました。

旅行記

渡月橋(とげつきょう)紹介の前に、嵐電(らんでん)嵐山駅のキモノ・フォレストについて紹介します。

嵐電嵐山駅(らんでん あらしやまえき)は、ピンク色の四角で囲ったところ。京福電気鉄道嵐山本線です。

渡月橋を渡った南側に、もう一つ嵐山駅があるのですが、そちらは京福電気鉄道ではなく「阪急電鉄の嵐山駅」です。

 

 

大賑わいの、嵐電嵐山駅。商業施設「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」が入っているので、いろいろ楽しめるようです。

 

 

私達は商業施設ではなく、裏側にある「キモノ・フォレスト」へ寄りました。

2013年7月に嵐電嵐山駅がリニューアルオープンした際にできたもので、京友禅の柱が600本立っています。

手がけたのはデザイナーの森田恭通(もりたやすみち)さんで、京友禅の柄から32種類選び、高さ2mほどのアクリルの柱に入れました。

 

「お~、奇麗やなぁ~♪ どの模様が好き?」といろんな柄に見惚れながら歩きました。

ぜひ、お気に入りの柄を見つけてください。

夜になるとライトアップされ、幻想的な空間になるそうです。

 

 

奥には龍の玉がありました。「龍の愛宕池」と言うそうです。

嵯峨嵐山というと、世界遺産に登録されている臨済宗のお寺「天龍寺」が有名です。私たちは時間の都合で参拝しませんでしたが、法堂(はっとう)天井の雲龍図はすごい迫力だそうです。

 

 


 

キモノ・フォレストを見た後は、お腹が空いたのでお昼ご飯を食べることにしました。

 

 

湯葉が有名なようで、たくさんのお店がありました(湯葉懐石がけっこう高い)。

私達は、昼食の予算を一人1,500円以下と決めていたので(琵琶湖一周+京都旅の、五泊六日旅行なので、食費を抑えねば!)、お蕎麦屋さんに入りました。

夫はニシンそば、私は湯葉の入ったおそばを食べました。美味しかったです。

 

 

満腹になったところで、桜を愛でながら大通りを南へテクテク。

 

 

 

渡月橋(とげつきょう)に到着。

 

 

渡月橋は桂川(かつらがわ)にかかる橋です。旅番組や、旅行パンフレットでも、嵯峨嵐山観光の定番となっているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

渡月橋は全長155メートルで、写真で見ると歩行者だけしか通っていないように見えますが、車も通れる頑丈な橋です。

 

 

渡月橋から見た桂川。浅い川です。

 

 

台風21号の被害がすごい・・・の記事にも書きましたが、2018年の9月4日に四国・関西を直撃した台風21号の強風で、渡月橋の欄干が約100メートルにわたり倒れてしまいました。

 

 

こちら、昔の渡月橋。葛飾北斎が書きました。

現在の渡月橋は、幅11m、車道は2車線ですから、ずいぶん大きくなりましたね。

 

 

渡月橋を見たところで、嵯峨嵐山観光はおしまい。

観光駐車場に戻ったらビックリ! 平日の昼過ぎでしたが、すでに満車になっていました。8時ごろに停めた時はスカスカだったのになぁ。

嵯峨・嵐山観光で、駐車場を利用する方は、早めに車を停めた方が良いです。

 

この後、私たちは鞍馬寺(くらまでら)へ向かいました。

20kmくらい離れており、車での移動ならば50分ほどかかります。

 

 

関連記事

嵯峨野・嵐山の観光記事です。

→→【嵯峨野トロッコ列車】 オープン車両「ザ・リッチ号」に乗り、トロッコ嵯峨駅から亀山駅へ

→→【嵐山・嵯峨野  竹林の小径】の記事はこちら

→→【野宮神社(ののみやじんじゃ)】の記事はこちら・・・前回の記事。

交通アクセス

キモノ・フォレストは、京福電気鉄道嵐山駅(嵐電嵐山駅)の裏側。

渡月橋は、嵐電嵐山駅から徒歩5分。

車で行く場合、付近の有料駐車場を利用することになります。平日でも昼頃には満車になるので、朝から行動するのをオススメします。

近くの宿泊施設

旅亭 嵐月。嵐山駅、渡月橋のすぐ近くです。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。