チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

和歌山県旅行記

【熊野那智大社の別宮「飛瀧(ひろう)神社」と、御神体「那智大滝」】 日本三名瀑の一つ

投稿日:2016年11月9日 更新日:

間に、三重県の花の窟・花窟神社(世界遺産)と、獅子岩、鬼ヶ城の記事が入りましたが、また和歌山に戻ります。

 

熊野本宮大社(世界遺産)の記事はこちら
大斎原と熊野川(世界遺産)の記事はこちら
玉置神社(世界遺産・熊野三山の奥宮)の記事はこちら
神倉神社(世界遺産)の記事はこちら
熊野速玉大社(世界遺産)の記事はこちら

と熊野三山のお参りをしてきましたが、最後は熊野那智大社です。

 

那智大社には見所がいくつかあるので、
・別宮の「飛瀧神社」と、御神体「那智大滝」(世界遺産)
・那智山 青岸渡寺(世界遺産)
・熊野那智大社(世界遺産)
・大門坂(熊野古道・中辺路の一部)と夫婦杉
の、順番に記事にしていきたいと思います。

 

私達は車で飛瀧(ひろう)神社鳥居近くの有料駐車場にとめたのですが、無料駐車場を利用したい方、熊野詣の雰囲気をより味わいたい方、時間のある方は、大門坂の南に大門坂駐車場があるので、こちらで車を止めたり、バスを降りたりして散策するとよいかと思います。
(歩行距離2.5km、所要時間1時間くらい)

参拝記

周辺の位置関係はこんな感じです。

一番南にある大門坂駐車場は無料ですが、それより北側の駐車場はほぼ有料です。

お土産屋さんの駐車場は500円前後、那智大社と青岸渡寺へは通行料800円の防災道路を通ります。

 

バスを利用してまわる方は、那智山の往復割引乗車料金券で乗れば、大門坂駐車場~那智山の間はフリー区間なので乗り降り自由。

 

車で行く場合、一番安上がりなのは、大門坂の南にある無料駐車場です。

 

私達は、飛瀧(ひろう)神社鳥居近くにある土産物店の有料駐車場にとめました。
一回500円で、駐車券をお店に持っていったら、アイスクリームが割引になるそうです。

 

 

 

那智の滝は巨大なので、車道からこんなにはっきり見えます。

 

 

 

熊野那智大社の別宮「飛瀧(ひろう)神社」の鳥居。

 

 

 

記念写真コーナーがあって、一枚1100円で買えます。(自分達のカメラでも撮影してくれます)

このあたりから、細かい飛沫が心地よかったです。

滝の飛沫に触れることによって、延命長寿の霊験があるそうですよ。

 


 

 

 

那智の大滝は、熊野那智大社の別宮「飛瀧(ひろう)神社」の御神体です。

昔、神武天皇(初代天皇)がこの大瀧を神と祀られ、大穴牟遅神(おおなむぢ。スサノオの子孫でオオクニヌシの別名。出雲大社の御祭神でもある)の、御神体と仰がれました。

 

那智の滝は直下133m、銚子口の幅は13m、滝壺の深さは10m、平時の水量は毎秒約1トン程度。

 

栃木県日光の「華厳の滝」、茨城県奥久慈の「袋田の滝」とともに、日本三名瀑の一つで、一段の滝としては落差日本一を誇ります。(華厳の滝はまた今度紹介します)

 

 

宇多天皇をはじめ、百十余度の御幸があり、花山法王は二の滝の断崖上に庵を設け、1000日間も山にこもりました。


山伏、修験者の開祖である役行者(えんのぎょうじゃ)が滝行をして以来、修験道の道場となったそうです。

 

・・・といっても、この大滝でみんな修行をしたわけではなく、60余りの滝のうち、瀧篭修行の行場として扱われた48の滝の総称を「那智の滝」というそうで、この大滝は「一の滝」とも呼ばれています。

 

毎年7月9日と12月27日には、古来からの神事にのっとり、神社(飛瀧神社)の御神体としてこの滝を崇め、「御滝注連縄張替行事」が行われ、大晦日にはライトアップが行われるそうです。

 

 

毎年7月14日に行われる扇祭(那智の火祭)は有名ですね。

一度見てみたい・・・。

 

 

那智の大滝と、隣接域の那智原始林は共に、世界遺産で国指定天然記念物です。

滝の右手側の原始林で、南方熊楠(みなかたくまぐす)が粘菌の採取を行ったそうです。

 

 

 

大香炉。
夫の左後ろから、お瀧拝所へ入れます。大人300円、小中学生200円です。
那智の大滝には本殿も拝殿もありませんが、300円納めれば、お滝拝所舞台と祈願所に行けます。

 

 

 

こんな近くで大瀧にお参りができます。

 

 

 

飲めば長生きできるとされる滝壺の水(延命水)が頂けます。
持って帰りたい方は、お守授与所にとっくりがあります。(500円)

 


 

神盃を持って買える場合、一枚100円。

 

 

 

まん丸おめめのかわいい龍神様。

 

 

 

左に、もう一箇所、お水取りが出来るところがあります。
こちらはエキゾチックな龍神様。

 

 

 

お滝拝所舞台。

 

 

 

かなり近いです。
飛沫が気持ちいいです。

 

 

 

 

 

那智の滝は、マグマの壁です。現在、関西に活火山はありませんが、大昔はけっこう活発に活動していたんですね。

 

 

 

祈願所。

 

 

 

絵馬札と、護摩木が並んで表示されているのは、神仏習合の名残です。

 

 

香炉もあり、護摩線香は1束100円でした。

香炉には、八咫烏マークが刻まれていました。

 

 

 

お参りが済んだ後、飛瀧神社お守授与所で、日本神話の絵本3冊セットを買いました。(1000円)

 

花の窟、花窟神社(世界遺産)の記事で、この絵本からあらすじを載せました。

 

小さな注連縄は、那智の大滝にかかっていた大注連縄の一部です。

神職が命綱もつけずに張り替えるそうで、注連縄として使われたものを、災難除札と一緒にして授けて頂けます。

 

 

裏には、
「この注連縄は那智大滝の落ち口にかけられている実際の注連縄に使用されたさらしで奉製しております。那智大滝のご神徳にあやかりあなたの難が除かれますように御祈願いたしました。」
とありました。

 

 

もう一つ映っている、カラス天狗の鈴は厄除けの鈴であり、怠け癖の気を追い払ってくれる・・・と書いていたような。

 

ダラダラと宿題がはかどらない時があるようなので、息子に一つ・・・と、赤色の紐の鈴を頂きました。

 

 

この後、飛瀧神社鳥居近くの階段道を通って、那智山 青岸渡寺と三重塔へ行きました。

 

関連記事

熊野三山の全ての祭神を祀る熊野の別宮的な存在。ここに参詣し、三山を遥拝して、山中の熊野まで行かずに引き返す人々もいたそうです。和歌山県田辺市。
闘鶏神社の記事はこちら

熊野三山の記事はこちら
熊野本宮大社(世界遺産)の記事はこちら
大斎原と熊野川(世界遺産)の記事はこちら
玉置神社(世界遺産・熊野三山の奥宮)の記事はこちら
神倉神社(世界遺産)の記事はこちら
熊野速玉大社(世界遺産)の記事はこちら
飛瀧神社と那智大滝(世界遺産)の記事はこちら
青岸渡寺(世界遺産)の記事はこちら
熊野那智大社(世界遺産)の記事はこちら

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、紀伊勝浦駅で下車し、熊野交通バス那智山行きに乗り、「滝前」で下車、徒歩5分。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

バスは熊野交通バス 那智山方面行き時刻表をご覧ください。那智山(勝浦駅~那智山~勝浦駅)の往復割引乗車料金1000円です。大門坂駐車場~那智山の間はフリー乗降できます。勝浦駅前出札窓口営業時間内(8:00~17:00)で販売。購入当日限り有効。

車で行く場合、観光バスの駐車スペース横に数台分と、近くの土産物店の有料駐車場があります。(500円)

フリー切符

熊野三山や熊野古道の散策に便利な、熊野交通フリー切符があります。
発売価格 おとな:3,000円  こども:1,500円
有効期間 発売日を含む3日間
熊野交通バスに限り、三日間何度でも乗り降り可能。

近くの宿泊施設

民宿 美滝山荘。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-和歌山県旅行記
-, ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【吉原の中言神社(なかごとじんじゃ)】 名草山の北に位置する、中言神社の総本社。名草彦、名草姫(ナグサトベ)を祀る

前回の続きで、神武天皇と名草戸畔(ナグサトベ)伝承の紹介です。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予約サイト 参拝記 古事記と日本書紀にある話から、 …

【熊野本宮大社(世界遺産)】 全国に約3千社ある、熊野神社の総本社

秋薔薇が見ごろだったため、神代植物公園(東京都調布市)と、東京・ミュージアムぐるっとパスの記事が入りましたが、再び和歌山県の紹介に戻りたいと思います。   今日からしばらく取り上げるのは「熊 …

和歌山電鉄貴志川線の一日乗車券で、いちご電車、おもちゃ電車、たま電車に乗ろう!

今日はネコの駅長「たま」で全国的に有名になった和歌山電鉄貴志川線について書きたいと思います。   伊勢神宮内宮の御神体で三種の神器の一つ、八咫鏡(ヤタノカガミ)の前につくられた日像鏡と日矛鏡 …

【本州最南端 潮岬(しおのみさき)】 本州最南端の碑と、潮岬観光タワーがある

前回の橋杭岩(はしぐいいわ)から、車で20分くらい走らせると、本州最南端の潮岬です。 日本の最南端は沖ノ鳥島ですが、「本州」で限定すると、和歌山県の潮岬(しおのみさき)になります。 ちなみに、本州最北 …

【紀三井寺】 関西一の早咲き桜で有名。西国三十三ヵ所巡りの第二番札所

前回まで和歌浦の観光を取り上げましたので、今日は和歌浦の妹背山にある観海閣から見える、「紀三井寺(きみいでら)」を紹介しようと思います。 私が最後に紀三井寺へ行ったのは2007年でした。 目次1 参拝 …