【多摩川春のアユまつり】 稚鮎の放流と、ブラックバスの解体ショー

今日は、多摩川春のアユまつりが行われたので紹介しようと思います。

もともとは、登戸駅近くの二ヶ領宿河原堰横の魚道前(せせらぎ館近く)で行われていたそうですが、駐車スペースがないとかで、菅稲田堤の多摩川(稲田公園おさかなポストの近くの河川敷)で行われました。

多摩川で取れたアユやブラックバスの試食があったり、稚アユの放流をしたり、ゴミ拾いをしたり楽しかったです。

興味のある方、来年参加してみてはいかがでしょうか。

見学記

10時に稲田公園おさかなポスト前に集合した後、みんなで堤防を越え、河川敷に移動しました。

こんなふうに、とても賑わっていました。
遠いところでは、青梅市から来た方もいたようです。

 

 


おさかなポストの会の、山崎充哲(やまさき みつあき)さん。
山崎さんは、おさかなポストの会を立ち上げた方です。

→→稲田公園 おさかなポストの記事はこちら
 

 

まずは、川遊びでのお約束についてのお話でした。

川で遊んでサンダルが流れてしまい、それを追いかけて入水しておぼれてしまう子供がいるそうです。

もしもサンダルが流されてしまったとしても追いかけない、水辺で遊ぶ時にはライフジャケットを着用しましょう、とおっしゃっていました。

 

3つ+1のやくそく
①ひとりでかわにいかない
②にごったかわに ちかづかない
③みずにおちても あわてない

困った時は大人を呼ぶ、生き物には優しくしよう、も付け加えておっしゃっていました。

 

 

 

 

 


未就学児、小学校低学年、小学校高学年の3つの列にわかれ、1人ずつ稚鮎の入ったバケツをもらいます。

稚鮎は1人につき2匹。

思ったより大きかったです。4センチ、5センチはあったかな。

みんなで「おおきくなーれ」と声をかけながら、一斉に多摩川へ放流しました。

 

 



稚鮎の次は、鯉の放流です。
鯉は大きいので、2人から3人がかりで運び放流しました。

 

 


でも鯉はすんなり流れず、鯉の滝登りを見せてくれました。

 

 


放流のあとは、みんなで記念撮影し、議員さんの挨拶を聞き、ゴミ拾いをして、ブラックバスの解体ショーを見ました。

 

アユは歯がないのですが、ブラックバスには小さな鋭い歯がたくさんあり、魚を逃すことなく飲み込んでしまうそうです。

(このブラックバスは、料理され、希望者が試食しました。白身で美味しそうでした)

 

 


会場では、飲み物の販売(ペットボトル飲料とラムネ。一本150円)と、焼きそば250円、山崎さんの著書の販売、アユの塩焼き1匹700円での販売がありました。

小さなアユとブラックバスの天ぷらは基本無料ですが、ボランティアで行っているので、できれば材料費だけでも寄付してくださいとのことでした。

 

 


やまちゃん焼きそば。250円。

朝6時に起きてみんなで作ったそうです。

太麺で、しょっぱすぎない優しい味で美味しかったです。

2パック購入してペロリと食べちゃいました。

 

 

多摩川春のアユまつりは、毎年5月の開催ですが、次は7月に多摩川で泳ぐ催しがあり、10月はみんなで釣りをする行事もあるそうです。

 

 

昔は洗剤の泡でブクブクだった多摩川。

かなり、綺麗になりましたね。

放流したアユ、大きくなると良いな〜。

 

 

関連記事

多摩川に関係のある記事です。

稲田公園  おさかなポスト  タマゾン川にしないための対策

稲田堤たぬきや。多摩川見ながら昼ビール。菅の渡しについて。

二ヶ領せせらぎ館    二ヶ領用水と多摩川について学べるところ

天気の良い日は、河川敷を家族でサイクリング。多摩川サイクリングロード。

交通アクセス

JR南武線稲田堤駅で下車し、北へ進むと多摩川へ抜けます。
春のアユまつりは、稲田公園の道路(堤防)を越えた河川敷で行われました。
開始時刻は10時。
参加費用は無料。
持ち物はゴミを入れるスーパーの袋。
他に、汗拭きタオル、帽子、飲み物を持っていくのをオススメします。