【湘南国際村フェスティバル、立石公園、長者ヶ崎など】 三浦半島2デイきっぷ利用レジャー

今日書くのは、2013年5月に「三浦半島2デイきっぷ」を利用して回った五か所についてです。

湘南国際村フェスティバル
立石公園
長者ヶ崎
葉山御用邸前
葉山マリーナ

ひたすら、バス、バス、バス、の一日でした。

レジャー記

三浦半島2デイきっぷを買った私達は、新逗子駅で電車を降りて、バスで湘南国際村へ行きました。

 

「湘南国際村フェスティバル」は、毎年ゴールデンウィークに催されており、ライブやワークショップ、10万株のツツジが見られます。


10万株のツツジ、綺麗!

2013年の湘南国際村フェスティバルは、キマグレンのライブがありました。

整理券配布30分前に到着したのですが、すでにたくさんの人が並んでおり、整理券を手にすることはできませんでした。(残念!)

 

気を取り直して、ワークショップへ。


1個300円で、プラ板キーホルダーつくりをしました。

 

 

 

焼く前は息子の顔を隠すほどの大きさだったのに、加熱すると縮んで直径3cmくらいになりました。

 

クルクル~~~っとトースターの中で丸まって縮んでいく様子を観察するのは、とても楽しかったです。

(右下のピンク色の作品は、夫が作ったハダカデバネズミです。癌にならない生き物で、上野動物園にいます!)

 

 



キーホルダーを作った後は、湘南国際村前に出展されていたお店でご飯を食べました。

写真はアフリカの料理で、味付けご飯にスパイシーな鶏肉が乗っていました。アフリカ料理を初めて食べたのですが、美味しかったです。

様々な催しをしているので、ゴールデンウィークが近づいてきたら、湘南国際村のHPでフェスティバル情報をチェックしてくださいね。

 

ツツジとワークショップ、御飯を楽しんだ後は、バスに乗って立石公園に向かいました。

京急バスHP(途中、葉山大道か長柄交差点で乗換えがあるので、公共交通機関を利用する方は、乗り換え時間について調べてください)

 

車で行く場合、立石公園には普通車62台(無料)停められる駐車場があります。

 


立石公園に到着。

 

 

 


「立石」とは、波打ち際に突き出した、高さ12m、周囲約30mの巨岩の呼び名です。

2,500万年前に海底の地層が固まった凝灰岩らしいです。

古くから景勝地として知られ、初代歌川広重が相州三浦秋屋の里を描いたのをはじめ、その後も多くの画家や写真家たちに愛されてきたそうです。

「関東ふれあいの道」「かながわの景勝50選」「横須賀風物百選」「横須賀市指定市民文化資産」にも選ばれており、昔から三浦七石の一つに数えられています。

 

 

下へ降りてみました。


大きい石が一つだけぽつーんとあるのは、ちょっと不思議な景色でした。

 

 


別の角度から見ると、また違ったふうに見えて面白い。

 

 


ちょっと離れたところからも記念撮影。

 

 


相模湾がキラキラ輝いて奇麗でした。

 

晴れた日には富士山が見えるそうですが、私達を驚かせたのは富士山が見える風光明媚な景色ではなく、波打ち際に漂う多数のゴミでした。

ソースのついた汚い紙皿、使用済みの割り箸、梱包材、惣菜のパック・・・。

そして、立石近くでバーベキューをする4家族・・・。

 

立石近くでバーベキューをしていいのかどうか知りませんが、あまりの汚さにガッカリしました。

ゴミと落書きは観光地の魅力を激減させる負の要素です。

自然や景観は守らなければ価値が損なわれるなぁ・・・と、痛感した日でした。

 

ゴミは持ち帰りましょう! 景観と生態系は、汚さず大切にしましょう!

 


 

私たちは再びバスに乗り、長者ヶ崎へ向かいました。(車で行く方は、駐車場があります)


ゴールデンウィークですから、まだ泳ぐのには早くて、散歩する人がチラホラ。

心地よい五月の風に吹かれて、浜を少し散歩。

 

 

4歳の息子が砂浜にクラゲをお絵かき。


長者ヶ崎からも、晴れた日には富士山が見えるそうです。

 

すっきりとした浜を散歩して気分をリフレッシュさせた私達は、またまたバスに乗り、葉山へ。

葉山御用邸(天皇陛下や皇族方の別荘)を見たかったのです。

御用邸の大きな門の前には守衛さんが一人いらっしゃって、門を遠くから、チラッ・・・チラッと見る私達に、軽く会釈をしてくださいました。
ちょっと気恥ずかしい気分になり、私達も会釈をペコリと返し、そのままバス停へ・・・。
(さすがにカメラは向けられませんでした・・・)

 

私達のように門の外から様子を伺う観光客が、他にもいるのだと思われますが、厳しい目つきで見るのではなく、会釈してくださりちょっと気分がホッコリしました。

 

ちなみに、葉山御用邸の利用時期は、主に2月から3月だそうです。

御用邸の近くには、葉山公園があって散策したかったのですが、ちょっと疲れてきたので散策はやめて、バスで葉山マリーナへ行きました。

 


葉山マリーナにはたくさんのヨットが!
おしゃれ~~~、マリーナ~♪

ここは、日本ヨットの発祥の地だそうです。

3,000円ほどで、裕次郎灯台と江ノ島のほうへ、クルージングを楽しめるそうです。

他にも森戸神社に行きたかったのですが、時間が無く、新逗子駅に戻って終了しました。

ひたすらバスに乗った一日でしたが、三浦半島1デイ・2デイきっぷは、京急バスの指定路線が乗り放題です。

 

上手く使えば、いろんなところに、お得に遊びに行けますよ~♪

 

 

 

翌日は、続けてこの切符で、報国寺、うらり、城ヶ島を楽しみました。

→→報国寺(竹寺)。ミシュラン3つ星の竹寺で抹茶。三浦半島2デイきっぷ②(鎌倉市)

→→城ヶ島を散歩。うらりと三崎港でまぐろを楽しむ。三浦半島2デイきっぷ③

 

関連記事

三浦半島観光記事です。

→→【観音崎灯台】 眺めを楽しんで、魚藍亭のよこすか海軍カレーを食べる。三浦半島1デイきっぷ②

→→【城ヶ島を散歩】 うらりと三崎港でまぐろを楽しむ。三浦半島2デイきっぷ③

→→京急油壺マリンパーク。ショー、カワウソ、チョウザメがオススメ

交通アクセス

湘南国際村へは、京急新逗子駅前の1番バス乗り場より 「葉山大道経由~湘南国際村(逗16)」もしくは 「三浦半島中央道路経由~湘南国際村センター(逗26)」行き利用で約20~30分。
「湘南国際村センター前」下車。
料金は片道350円です。
汐入駅からも行けますが、逗子駅・新逗子駅からのほうが、バスの便が多いです。
車で行く場合、48台停められる駐車場があるようです。

フリー切符

三浦半島1デイ・三浦半島2デイきっぷ
 

三浦半島1デイ・2デイきっぷ公式HPはこちら

京急線金沢文庫~浦賀間・逗子線・久里浜線各駅で自由に乗り降りできます。
1デイパスは品川駅から大人1920円、横浜からは1410円。
2デイパスは品川駅から大人2030円、横浜からは1620円です。
料金比較しても分かるように2デイパスはとてもお得です。

公式HPで注意事項をよく読んで利用してください。

近くの宿泊施設

湘南国際村センター。湘南国際村フェスティバルが行われる建物内のホテルです。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。