【天気の良い日は、河川敷を家族でサイクリング】 多摩川サイクリングロードが気持ち良い!

時々暑いけれども、風はだいぶ涼しくなり、秋を感じますね。
外遊び、散歩、サイクリング・・・と、過ごしやすい季節になってきました。

今日は、多摩川サイクリングについて、簡単に紹介します。

レジャー記

私たちは、川崎市多摩区に住んでいます。

多摩区は、神奈川県で最北に位置しており、多摩川を挟んだ向こう側は東京都調布市です。

 

 

天気が良いと、川面に雲がうつって、すごく奇麗~♪

 

 

 

高度経済成長期には洗剤でブクブクだった多摩川も、下水処理が進んで、今はこんなに水質が奇麗。
川底が透き通って見えるくらいです。

現在では毎年、数百万尾の天然アユが遡上します。

 

 

川の中におじさんがいるのが見えるでしょうか?


多摩川でアユ漁をしているところです。

多摩川での釣りは許可証がいるので、ご注意を・・・。

 

 

多摩川はすごくゆったりと流れているように見えるのですが、

かなり勾配のキツイ川だそうです。

 


 

 

 

多摩六都科学館の展示パネルより。

現在は堰(せき)でせき止めているので、流れがゆったりとして見えるのかな?

堰は「せせらぎ館」の記事に写真があるのでご覧ください。「二ヶ領 宿河原堰」は、土木学会デザイン賞2010で、最優秀賞を受賞しています。

 

多摩川は、橋をかけても増水の度に流されるので、昔は「渡し舟」が活躍していました。

 

 

河川敷のベンチでお茶を飲んで休憩。蝶々がヒラヒラ飛んで、可愛いんです。

 

 

 

鵜(う)と鷺(さぎ)がいました。(見えるかな?)
多摩川と三沢川には、たくさんの鷺がいます。


カワセミを初めて見た時は感動しました!

山奥の渓流にしかいないと思っていたのに・・・。

青い宝石みたいに奇麗で、うっとりしました。

望遠レンズつきカメラが欲しくなります・・・。←(高いのよぉ~)

 

 

 

多摩川沿いは「多摩川サイクリングロード」があります。


ずーっと続いているわけではなく、途中で切れています。(2017年)

 

 

本が出ていることに驚く。ホント、良いところですよ~。

 

春は桜、秋はススキが美しいです。

 

私たち夫婦は旅行が好きで、「家買うより旅行! 車買うより旅行!」と(マイホーム購入は失敗して売却、車はカーシェアリングで足りてる)、頭の中は「次、どこに行こうかなー」でいっぱいですが、自分たちの近所もけっこう良いところだなーと気づかされます。

 

川崎市多摩区に住んで、まだ二年ちょっとですが、今まで住んだ中で一番気に入っているかも・・・。

 

皆さんも、天気の良い日は近所をサイクリングしたり、散歩したりして、お気に入りスポットを見つけてみませんか?

 

お金もほとんどかからないし、楽しいですよ~♪(*´▽`*)

 

 

関連記事

多摩川と関係のある記事です。

→→稲田公園  おさかなポスト  タマゾン川にしないための対策・・・外来生物が増えて、多摩川はタマゾン川と呼ばれていた! 現在は、アユがたくさん遡上する豊かな川に復活。

→→稲田堤たぬきや。多摩川見ながら昼ビール。菅の渡しについて。・・・多摩川は暴れ川で、橋をかけても流されたため、「渡し」がありました。河川敷の居酒屋「たぬきや」も紹介。