【下町風俗資料館】 昔の駄菓子屋さんで、良い写真が撮れる

上野をずっと取り上げてきましたが、今回で最後です。

見学記

下町風俗資料館は不忍池の南東にあるので、【上野動物園】【国立科学博物館】、上野公園や【アメヤ横丁】の散策のついでに寄れます。

 

小さな資料館なので、1時間もあれば十分です。

 

私達が訪れたのは12月3日の土曜日だったのですが、お客さんは少なめでゆったりと楽しむことができました。

 

お客さんのほとんどは年配者でした。昔が懐かしくなるんでしょうね~。

 

ここはけっこう穴場で、7歳の息子が「上野動物園と同じくらい楽しかった!」と言っていました。

 

見るもののほとんどが「初体験」ですから、そりゃ楽しいでしょう!

私も楽しかったヨ!

 

 

ここはフラッシュ、三脚、セルカ棒の使用は禁止ですが、展示物の大半は自由に写真撮影ができます!

 


 

入り口入ってすぐにあるのが、大正時代の電話。

7歳の息子は使い方がわからなかったようですが、私は「となりのトトロ」でサツキちゃんがこんな電話機で電話をするのを見たので、ばっちりわかりました~。

左側にかけられた筒を耳に当てて、真ん中にあるロウトみたいなところに話しかけるのです。

 

 

人力車。
実際に使われていたものです。

 

 

昔はソロバンで計算していたので、さぞかし頭を使ったでしょうね・・・。

 

 

大正時代の下町の通路。狭い!
なんだか隣近所の声がよく響きそうだな~~~と思いました。
こんなに近いんだから、今よりも近所付き合いが濃かったでしょうね。

 

 

 

昔の駄菓子屋。奥に小さな部屋があって、上がることが出来ます。


ここがですね、良い写真を撮れるのです!

 

一階の展示では、子供達が一番楽しそうにしていました。

 

 


 

 

銅壷(どうこ)屋の長屋。
さまざまな調度品や生活道具は、実際に使われていたものだそうです。

 

 

一階の奥には小さな稲荷神社があって、おみくじが出来ます。

 

 

私が引いたくじ(左)。

おみくじの文字が昔すぎて解読不可能・・・。

近くにあるファイルに、現代文で書かれたおみくじを見ることができます。

 

それにしても、同じ日本語なのに「読めない」というのは、時代の移り変わりなんでしょうかね?

 

 

 

二階には、昔遊びコーナーがあります。
ベーゴマ、けん玉、おはじき、パチンコゲームなどなど。

 

近くに係員さんがいるので、わからないことがあったら教えてもらえます。

 

ここがですね~~、思ったよりもかなり楽しくて、30分近く遊んでしまいました。

 

私のお気に入りはコリントゲーム!

棒でビー玉をはじいて、良い点数の穴に入れるやつです。地味に面白くて、息子と大戦。ビー玉をはじくだけなので、2歳の娘も楽しそうでした。

 

もっと遊びたかったけれど、この後、上野動物園に行く予定だったので早めに切り上げました。

 


 

二階の展示は、時期により変わります。

昔の銭湯の番台もあるようですが、私達が訪れた時は特別展「娯楽の聖地 浅草 ―華やかなる130年―」をしていたので番台はありませんでした。

 

 

 

正直なところ、昔の銭湯の番台に座りたかったのですが、特別展で「凌雲閣(りょううんかく)」の模型を見れたのはラッキーでした。

 

「帝都物語」の映画に出てくる建物です。

明治期から大正末期まで東京・浅草にあった12階建ての塔で、約52メートルの高さがありました。
凌雲閣は10階まで煉瓦造りで、11・12階は木造。
関東大震災で建物の8階部分より上が崩壊し、後に陸軍工兵隊により爆破解体されました。(地震による崩壊で10人くらいの人が亡くなった)
ちなみに、浅草寺の五重塔(木造33m。東京大空襲で焼失)は無傷だったそうです。

 

 

跡地は後に映画館の浅草東映劇場ができたそうですが、現在はパチンコ店になっているらしいです。

浅草寺の記事はこちら(都内で最古の寺)

 

 

 

陵雲閣には日本初の電動式エレベーターが設置されましたが、故障が頻発したのと、安全性の問題があるとかで、途中から使用禁止になったそうです。

 

 

昔の「花やしき」の写真もありました。
花やしきは、日本で一番古い遊園地です。
左にそびえている塔が、「陵雲閣」です。

 

 

 

なにげに面白かったのがコレ。
「100年前の立体写真」。

右のケースにいろんな写真が置かれているので、めがねの台にセットして覗き込むと、微妙な感じに立体的に見えます。

 

「う~~ん、これは、なんだか惜しいなっ! もうちょいだな~」

と思えるような、立体写真です。

 

 

この言葉で表現しづらい「ビミョーさ」を、ぜひ体験してください

 

 

下町風俗資料館では、第一日曜日に紙芝居、第二日曜日に伝統工芸の職人技が見られるそうです。

また、第四土曜日は「こども土曜塾」というのが開催されていて、昔のおもちゃを作ったり出来るそうです。

下町風俗資料館のHPはこちら

 

 

 

ぐるっとパスを握り締めて、上野動物園に行くついでにプラッと入ったのですが、思っていたより面白かったです。

 

またぐるっとパスを買う機会があったら、次も上野動物園とセットで入りたいです。

 

大人2000円で二ヶ月間有効の「東京ミュージアムぐるっとパス」で入れる施設は、東京・ミュージアムぐるっとパスを買いましたの記事にまとめてありますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

次は、葛西臨海水族園を取り上げます。

こちらも、東京ミュージアムぐるっとパスで入れる施設です。

 

 

関連記事

上野公園内の記事です。

→→上野動物園。世界三大珍獣が見られる、日本最古の動物園。

→→国立科学博物館の記事はこちら

→→不忍池辯天堂(不忍池の弁天堂)。天海が琵琶湖の竹生島と宝厳寺になぞらえて建てた。

→→アメヤ横丁の記事はこちら・・・上野公園出てすぐ。

交通アクセス

JR上野駅(しのばず口)     徒歩5分
京成上野駅            徒歩3分
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、専用の駐車場がないので、付近の有料駐車場を利用することになります。
下町風俗資料館は、不忍池の南東にあります。

料金について

大人200円、小中高生100円。
毎週土曜日は台東区在住・在学の小中学生とその引率者は入館無料。
開館時間・・・午前9時30分~午後4時30分 (入館は午後4時まで)
月曜休館。
展示替えのため、2017年1月16日(月)~20日(金)は休館です。

東京・ミュージアムぐるっとパス対象施設です。

近くの宿泊施設

三井ガーデンホテル上野。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。