【神代植物公園・大温室】 2016年5月リニューアルオープン

続けて、神代植公園について取り上げます。
前回はバラ園の写真を載せましたが、今日は大温室を紹介します。

交通アクセス、料金などは神代植物公園バラ園の記事でご覧ください。

散策記


大温室は、バラ園の向かい側にあります。

2016年5月にリニューアルオープンしました。

神代植物公園に訪れたのは初めてだったので、旧・大温室がどんなふうだったのか知らないのですが、工事期間が2年間もあったので、けっこう変わったのではないでしょうか。

 

 


大温室マップ。

 

 

 


こんな、黒っぽい葉の珍しい植物がありました。

そういえば、なぜ植物の葉は、太陽の光を最も吸収できる黒ではなく、緑色なんだろう・・・と思ったこと、ないですか??

疑問に思った方、In Deep 植物が「緑色」であり続ける理由がわかった!をお読みください。

 

「植物と人間は一体のもの」
植物の「人間との共存の中での完全性」を示す色が緑だった・・・。

 

やっぱりね、「地球は人間だけのものじゃないよ~。生かしてもらっているんだよ~」、と思います。

 


 

その黒い葉っぱの右側には、「メディニラ 火の鳥」。

 

 

 

熱帯スイレンが、綺麗な花を咲かせていました。

 

 

 


スターウォーズのダースベーダーにそっくりな花、「アリストロキア・サルバドレンシス」。
実物は花をつけていませんでしたので、写真を載せておきます。
花は直径約4cm、花の寿命は一週間程度で、食虫植物らしいです・・・。

 

 

 


サルの顔に見える花、ドラクラ族。 こちらも実物がなかったので、写真を載せておきます。

標高1500~2500mの、湿度の高い雲霧林に自生。
サルのような顔ですが、花の様子が吸血こうもり、ドラキュラを思わせることから「ドラクラ族」という名前が付いたそうです。
・・・でも、こうもりよりは、サルに見えますね~。
「モンキーオーキッド」のほうがしっくりきます。
大温室では、十数種類栽培しているそうです。

 

 

 


志村けんさんの「アイーン」みたいな花、「パフィオペディラム」。
名前の由来はギリシア語で、女神のサンダル。英名はレディース・スリッパ。 東南アジアに70種類あり、すべてワシントン条約により保護されているので、繁殖させた株以外の輸入・取引はできません。

静岡県の修繕寺虹の郷(また後日紹介します)にも、たくさん咲いていました。
珍しい花なので、「アイーン」しながら、記念撮影してみてはいかがでしょうか。

 


 

珍しいランの花が咲いたそうです。ブルボフィルム・メドゥサエ。

確かにメデューサみたい・・・。

 

 

 

ベゴニアもけっこうありました。

ベゴニアは、花の色・大きさ、葉の大きさ・色・形が千差万別なんだそうです。確かにこうやってみると、同じ種類には見えないですね。

ベゴニアが好きな方は、三重県のなばなの里に「ベゴニアの館」があります。これでもかというほどベゴニアだらけでオススメです。

→→なばなの里   チューリップ祭りとイルミネーション。ベゴニア館。お得なチケットについて

 

 

 


パパイアの実。
タイ料理屋で食べたソムタム(青いパパイヤを使ったサラダ)、辛かったな~。

 

 


サボテンもいろんな種類がありました。
サボテン好きな人は、静岡県に「伊豆シャボテン王国」があります。また後日紹介しますが、サボテンだらけです。

 

 

おいしそ! 大福丸。きな粉をまぶした草餅みたい。

 

 


なんだろう??  不思議なサボテン・・・。
てっぺんにピコピコピコーンとロウソクのようなものが立っているし・・・。

奇抜なバースデーケーキに見えました。
面白いですね、なぜこんな姿に進化したんだろう

 

 

 


こちら、小笠原諸島の植物。

岩石だらけの大地でも、適応して生きているのがよくわかります。

 

 

植物は、本当にたくましいですね。

 

寒いところ、暑いところ、雨がたくさん降るところ、カラカラに乾燥したところ、潮風を受けるところ、海抜何千メートルという高地で育つもの・・・。

 

昨夜、「インターステラー」というDVDを見たのですが、地球の環境破壊が進んで砂嵐だらけになり、人類は飢えと窒息で滅亡していく運命なので、生存可能な他の惑星を探す・・・というSF映画でした。

植物が生息できない環境(砂漠化)になると、人間も生きていられないんだな・・・と思いました。

 

砂漠化について
・砂漠になりそうな地域を数えますと、地球上の約4分の1に相当。
・国連の調査では、毎年約6万平方キロメートルもの大きさで砂漠化が進行しているという報告。
・サハラ砂漠では毎年150万ヘクタールもの勢いで砂漠化が進んでおり、中国では砂漠化が北京にまでおよんでいる。

「植物と人間は一体のもの」・・・確かにそう思いますね。

 

助け合って生きているのだと思います・・・。

 

 

大温室の最終展示は食虫植物でした。


写真はハエトリグサ。
思ったよりも小さいです。
葉の大きさは10円玉の半分くらいの大きさでしょうか。

 

 


左端に息子の手がちょこっと映っているので、サイズの比較になるかと思いますが、ミニ水筒サイズの大きなウツボカズラがあり、驚きました~。

 

 

大温室には1300品種の植物の展示があり、熱帯スイレン、ベゴニアも人気だったのですが、やはり「食虫植物」は気味悪さと珍しさもあってか、大人気でした。

 

 

 


ハエトリグサに限らず、植物に触れるのは禁止です。

 

 

 

長くなったので、次の記事では今が見ごろの「ダリア」の写真を載せようと思います。
→→ダリアの記事はこちら
 

関連記事

→→都内唯一の植物公園「神代(じんだい)植物公園」のバラ園   関東有数のバラ園で、10月末まで見ごろです。

→→「神代(じんだい)植物公園」水生植物園

近くの宿泊施設

調布クレストンホテル。
調布駅北口より、徒歩1分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。