【国立西洋美術館】 東京で初めての世界文化遺産。外にあるロダンの彫刻は無料で撮影

先ほど、東京都台東区上野の、【国立科学博物館 大英自然史博物館展(ロンドン自然史博物館展)】について書いたので、その隣の「国立西洋美術館」について簡単に書きます。

見学記

国立西洋美術館は、上野駅出てすぐです。

 

国立西洋美術館は館内施設整備のため、2020年10月19日から2022年春(予定)にかけて全館を休館しています。

 

国立西洋美術館。重要文化財。

「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産として、2016年に、国立西洋美術館を含む7か国17資産で構成される世界文化遺産に登録されました。(東京で初めての世界文化遺産

 

中に入るのは有料で、大人500円、大学生250円、高校生以下無料です。

月曜日が休館日で、開館時間は9時半から17時半。

金曜日・土曜日は21時まで開館しているそうです。

毎月第二、第四土曜日と、11月3日は、常設展のみ無料で入れるそうです。

 

 

 

・・・わりと入館料金が安いですね。

魅力的なのですが、上野へ行く時はたいてい子供と一緒なので、いつも素通りしています。

大英自然史博物館展へ行く時も、一度は前を素通りしたのですが、気になって敷地へ入ってみました。

 

 

美術館の前庭でひときわ目を惹くのは、ロダン「地獄の門」。

 

 

 

地獄の門を斜めから見たところ。

 

 

ロダン「考える人」。有名な作品ですよね。

 

 

 

ロダン「カレーの市民」。

 

 

 

首に縄を巻いています。

 

 

 

ロダン「アダム」。

 

 

 

ロダン「エヴァ」。

 

 

ブールデル「弓をひくヘラクレス 」。

 


国立西洋美術館 前庭彫刻一覧
で、説明が読めるので、興味のある方はご覧ください。

 

 

無料で彫刻を見た後、すぐ近くにある国立科学博物館の特別展「大英自然史博物館展」へ行きました。

 

次の記事はこちら

今日は、東京都台東区上野の、国立科学博物館で開催している「大英自然史博物館展」について書きます。 見学記 大英自然史博物館展(ロンドン自然史博物館展)の、記念すべき世界初の巡回は、東京上野から開始。会期は2017年6月11日までです。 […]

(この旅行記は2017年です)

 

関連記事

上野公園内の記事です。

→→国立科学博物館の記事はこちら

→→上野動物園の記事はこちら

→→上野東照宮の記事はこちら

→→上野恩賜公園の記事はこちら

→→不忍池辯天堂(不忍池の弁天堂)の記事はこちら

近くの宿泊施設

ホテルサンルートステラ上野。上野駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト