【富士芝桜まつり】 毎年4月中旬から5月下旬開催。首都圏最大級の芝桜! 富士山と芝桜の絶景スポット!

今日は、山梨県の「富士芝桜まつり」を紹介します。
毎年四月中旬から、五月下旬開催です。

レジャー記

富士芝桜まつりの会場は、富士五湖の一つ「本栖湖(もとすこ)」の南側。

カーナビに入力する住所は、山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212。名称は「富士本栖湖リゾート」か「本栖ハイランド」。

令和4年度の開催は、4月16日(土)から5月29日(日)。

営業時間は午前8時~午後4時まで。

入場料は、大人(中学生以上)800円〜1,000円。こども(3歳以上)250円です。

大人料金は日にちにより変動するので、訪れる前に公式HPをご覧ください。(ゴールデンウィークや土日は1000円。見ごろ前や見ごろを過ぎたら800円に値下げ)

 

駐車場は約1,500台収容可能で、普通車500円、バイク300円、大型車2,000円の料金がかかります。

公共交通機関で行く場合、河口湖駅から富士芝桜まつり会場行きバスが運行しているそうです。

 

 

私達が訪れたのは2022年のゴールデンウィーク前半。

中央道がすごく混むので、5時起床で神奈川県の自宅を6時前に出発。現地に到着したのは、8時半前でした。

近場の駐車場が満車だったので、離れた第二駐車場へ誘導されました。(駐車待ちせずに、すんなり入れただけでも幸運かな)

 

 

8時半前なのに、チケット売り場は行列!

ゴールデンウィークは、6時・7時に開場するようです。

 

 

大人1,000円、子供250円、普通車駐車場代500円を支払い、入場。

色鮮やかな芝桜が、まるでじゅうたんの様に咲き乱れ、美しかったです!

 

 

ピンク色のオータムローズやスカーレットフレーム、白色のモンブラン、紫色のオーキントンブルーアイなど、「芝桜」にはいろんな種類があるんだなぁと勉強になりました。

 

 

ミニ芝桜富士と、富士山!

 

 

雲一つない晴天で、富士山がハッキリ見えました!

天気の良い日に訪れることができて良かったです!

 

 

富士山アーチをくぐって、展望台へ。

 

 

展望台から見た眺め。

 

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

 

イングリッシュガーデンエリアと、富士山。

 

 

写真を撮るポイントがたくさんあって楽しいのですが、一番の絶景フォトポイントは、竜神池手前の「芝桜のダイヤモンド富士模様」です。

左に映っているのが竜神池。

 

芝桜で、ダイヤモンド富士模様!(富士山山頂を表す白い芝桜から噴き出ている赤い線が太陽)

 

 

会場にはカフェ、土産物販売店の他、たくさんのキッチンカーが来ていました。

 

 

写真左の塔は展望塔になっていて、上がれます。屋上には2人しか立てないようで、30分待ちの混雑になっていました。

 

 

カフェでウサギ型のアイスクリームを食べたかったのですが、すごい混雑だったのであきらめて、コッペパンを買うことに。

 

 

ティラミス味400円、ブルーベリージャム450円、シャインマスカットソース450円、肉みそポテト450円を購入。

桃バター、イチゴジャム、ブルーベリージャム、シャインマスカットソースは山梨県産だそうですよ。

甘いものを食べると疲れが吹き飛びますね。

 

 

次はショップ&ギャラリーへ。

富士芝桜まつり会場は今年度(2022)から、「ピーターラビットイングリッシュガーデン」がオープンしています。

ギフトショップには上の写真のように、ピーターラビットのぬいぐるみと記念撮影出来たり、

ショップの外にもピーターラビットの撮影スポットがつくられていました。

 

 

ショップの奥には、「ピーターラビットのおはなし」のパネル展示。

 

ピーターラビット好きは、ぜひギフトショップを覗いてください。かわいいぬいぐるみや雑貨がたくさんありました。

 

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

最後は出入口付近の土産物屋さんで買い物。

芝桜の苗がたくさん売られていました。

 

 

「農家がつくる本気のわたあめ」が気になったので購入。

 

 

富士芝桜まつり会場で買ったお土産。

「吉田のうどん」は日本一硬いと有名なうどんです。(←お土産の吉田のうどんはぜんぜん固くないです。本場の味を楽しみたい方は、ぜひ飲食店で食べてください。本当に硬いです!)

 

 

山梨土産で桔梗信玄餅は外せません!(一番のお気に入り)

富士芝桜まつり限定のピンク色のきんちゃく袋に入っていて、娘が「小物入れに使うんだー」と喜んでいました。

 

 

サクラあんのおいしい、さくら葉餅。1日500個以上売れているTVでも紹介された人気商品なのだそうです。

 

 

「農家がつくる本気のわたあめ」ですが、買ってから数日放置していたら、しぼんでしまいました~~~。できるだけ早く食べるのをオススメします。

 

 

「桃抹茶」も美味しかった! 試飲させていただいたのですが、見た目は抹茶のような鮮やかな緑色なのに、味はピーチネクターという面白いお茶です。

 

 

 

芝桜まつりは4月中旬から5月下旬までの開催ですが、夏季は「虹の花まつり」が開催されるそうです。

 

カラフルな花畑と日本一の霊峰・富士山との写真が撮れる、とっても素敵なところでした!

 

楽しいお出かけになりますように♪

 

(このレジャー記は2022年のものです)

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

関連記事

富士山周辺の記事です。

料金

中学生以上の大人800円から1000円。

三歳以上の子どもは250円。

時期により料金・開園時間が変わるので、富士芝桜まつり公式HPで必ずチェックしてからお出かけしてください。

 

駐車料金は普通車500円です。