【犬山城(いぬやまじょう)】 天守が国宝指定された5城のうちの一つ。最近まで個人所有の城だった。

前回からの続きで、愛知県旅行の紹介です。

今日は犬山城(いぬやまじょう)を紹介します。

旅行記

ずっと名古屋市の観光を紹介してきましたが、今日紹介する犬山城(いぬやまじょう)は名古屋市の北部にある犬山市です。

 

犬山城へのアクセスは、犬山駅から徒歩18分ほど。

 

温泉もあるようです。

 

犬山城の入場料は大人550円、小中学生110円。

 

築城されたのは天文6年(1537)で、織田信長の叔父、織田信康によって木之下城より城郭を移して築いたそうです。

江戸時代には尾張藩の付家老の平岩親吉が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城としました。成瀬正成は、前回紹介した大須観音(おおすかんのん)を現在地に移した方です。

犬山城は長らく個人所有(成瀬家)の城であったため、調査が進みませんでしたが、2004年4月1日付から設立された財団法人犬山城白帝文庫の管轄となり、調査が進むようになったそうです。(最近まで個人所有だった城は犬山城だけ)

江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつであり、天守が国宝指定された5城のうちの一つです。(他は姫路城、松本城、【彦根城】、松江城)

 

 

天守閣からの眺め。穏やかな木曽川。

犬山城の立地がとても良かったので、信長、秀吉、家康が欲しがり、小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いにおける西軍の重要拠点となりました。

 

 


明治4年(1871)廃藩置県で愛知県の所有となり、天守以外のほとんどの建物が取り壊されました。
犬山城は、鉄砲が伝来する前に建てられた古い城で、面白い仕掛けがたくさんあるお城なのだそうです。

 

 

近くには犬山神社。

犬山神社では、犬山城の歴代城主の御霊を祀っているそうです。

 

 

次は、熱田神宮(あつたじんぐう)を紹介します。

 

次の記事はこちら

今日は、愛知県名古屋市の「熱田神宮(あつたじんぐう)」を紹介します。 参拝記   熱田神宮に参拝したのは2016年1月でした。 熱田神宮は大昔、伊勢湾に突出した岬上にありましたが、周辺の干拓が進んだ現在は、[…]

 

(この旅行記は、2016年です)

 

関連記事

→→【彦根城】 全国に5つしかない国宝の天守の一つ。井伊直弼の居城だったけれども、「ひこにゃん」の方が有名・・・滋賀県。国宝です。

→→松江城・・・長野県。後日書きます。国宝です。

→→【名古屋城】 日本三名城。徳川御三家の一つで、金鯱がスゴイ。木造に建て替えるため入城停止中。

→→【名古屋港水族館】 公開シャチトレーニングがある。ホラーな展示にビビった

→→【トヨタ産業技術記念館】 テクノランドと体験コーナー。豊田佐吉、豊田喜一郎親子の物語

交通アクセス

犬山駅から1.5km。徒歩で18分。

料金

大人:550円

9:00-17:00(入場は16:30まで)

お得で便利な、旅の予約サイト