チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

北海道旅行記

【函館観光その2】 函館ハリストス正教会、八幡坂(チャーミーグリーンの坂)、元町公園、旧函館区公会堂へ

投稿日:2018年9月21日 更新日:

前回からの続きで、2007年の、3泊4日北海道旅行の紹介です。

旅行記

前回張った函館駅周辺マップをもう一度貼ります。

【函館朝市、はこだて明治館、金森赤レンガ倉庫】を見た後、函館ハリストス正教会、八幡坂、元町公園へと行きました。

 

 

写真を出すのが遅れましたが、金森赤レンガ倉庫周辺では、人力車での観光もできるようです。

 

 

では、函館ハリストス正教会へ行きましょう。

金森赤レンガ倉庫から、ハリストス正教会までは徒歩5分ほどです。

この頃(2007年)は、後にブログをするだなんて全く思っていなかったため、良い写真を撮っていなくて申し訳ないのですが、函館聖ハリストス正教会は大正時代に建てられたもので、重要文化財に指定されている美しい教会です。

ちなみに「ハリストス」とは、「キリスト」をギリシャ語読みしたもので、この協会はキリストの復活を記念する聖堂です。

 

 

「信じるか信じないかはあなた次第です」と、Mr.都市伝説 関暁夫(せき あきお)さんのセリフを使わせてもらいますが、青森の新郷村(旧・ヘライ村)にキリストの墓があるのはご存知でしょうか。キリストはゴルゴダの丘で磔になって死なず、日本に渡って死んだという話があります。

→→【キリストの墓、キリストの里伝承館】の記事はこちら・・・青森の謎スポット。戸来(ヘライ)村は「ヘブライ」から来てる?

 

 

ビザンティン建築・ロシア建築の影響を受けた美しい教会。

拝観は一人200円で、月曜日~金曜日は午前10時~午後5時、土曜日は午前10時~午後4時、日曜日は午後1時~午後4時が拝観時間となっているようです。
冬季は不定休になるようなので、ご注意ください。

 

 

次は、すぐ近くの八幡坂(はちまんざか)へ。後ろの山は【函館山】です。

この坂を上りきったところに函館八幡宮があったことから「八幡坂」と名付けられましたが、ここは「チャーミーグリーンの坂」として有名です。

 

 

子供の頃、お母さんが愛用していた洗剤「チャーミーグリーン」。

 

 

「チャーミーグリーンを使うと~~~、手をつなぎたくな~~~~るぅぅ♪」のCM撮影地として、八幡坂が使われました。


CMはこちら。20秒のところで出てくるのが、八幡坂。

 

 

夫は「チャーミーグリーンのCM、知らないなぁ」とか言っていたような気がします。

私と手を繋いでスキップ・・・ではなく、ピンク色の袋を片手に持ち、坂をテクテク上る夫。

ピンク色の袋の中には、この前に訪れた【はこだて明治館】で買ったオルゴールと写真たてが入っていました。

 

 

 

かなり勾配がきついです。

 


 

八幡坂から6分ほど歩くと、元町公園。

眺めの良い公園でした。

ここは明治から昭和25年まで、箱館奉行所や開拓使がおかれていた所です。公園内には函館奉行所跡、旧北海道庁函館支庁庁舎があります。

現在は観光案内所が入っているので、マップをもらったり、わからないことを尋ねると良いと思います。

 

 

元町公園のすぐ後ろ(函館山側)にあるのが、水色の壁と黄色い枠がオシャレな「旧函館区公会堂」。

大人300円、子供150円の入館料がかかり、二階のバルコニーからの眺めが良いようです。

千円で20分間だけドレスを一着貸してくれ、良い記念撮影ができるようです。

 

明治43年に造られたコロニアル・スタイルの木造建築で、国の重要文化財に指定されています。札幌の豊平館と並んで、明治期の洋風建築として注目されていたようです。

また、昭和26年から昭和31年まで、函館地方海難審判庁が置かれ、台風により転覆して多くの死者を出した「洞爺丸(とうやまる)事故」の海難審判の会場ともなったそうです。

→→【函館山】の記事に、洞爺丸事故と青函トンネルについて書きました・・・日本最大の海難事故で死者は千人を超えた。この事故が大きなきっかけとなり、青函トンネルが建設され、北海道と本州(青森)は海底トンネルでつながった。

 

旧函館区公会堂を外から眺めて、元町公園を少し下ったところに、ペリー提督来航記念碑。

ペリーは歴史で習いましたね。幕末に、黒船で神奈川の浦賀にやってきた、アメリカの軍人です。

武装した黒い船が「開国せよ」とやってきたものだから、鎖国を続けていた日本は大パニック!

 

ちなみにアメリカの船が初めて日本にやってきたのはペリー率いる黒船ではなく、その62年前に和歌山へ来た冒険商船のケンドリック船長らでした。

→→【海金剛、日米修交記念館】の記事はこちら・・・初めてアメリカ船が日本に来航した事件。「なんだあの船は!」と驚きながらも交流を持とうとした、江戸時代の和歌山県串本町民。黒船来航程大きくないけれど、ちょっとハラハラする物語

 

 

 

最後は、ペリー像から道を挟んだ所にある、函館市旧イギリス領事官。

現在は開港記念館として一般に公開されています。

ここも入館料金が必要で、大人300円、子供150円です。

先ほどの黄色い枠がオシャレな旧函館区公会堂も合わせると、合計600円かかるので、この二つに入りたい方にお得なのが4館セット券。函館市旧イギリス領事館・旧函館区公会堂・函館市北方民族資料館・函館市文学館に入れ、大人500円と、かなりお得です。

 

 

私達はこの後「五稜郭(ごりょうかく)」を見て、札幌へ移動する予定だったので、これら歴史的建造物は外から見るだけで終わりましたが、ゆっくりと中に入って見学するのも楽しいと思います。

 

 

函館朝市からここまで、2kmくらい歩きました。

帰りは末広町駅から函館市電に乗り、五稜郭(ごりょうかく)の最寄り駅である杉並町駅へ。料金は240円、乗車時間30分。

路面電車、息子がいたら喜んだだろうなぁ~。(まだ結婚前なので、息子はいない)

 

 

杉並町駅で市電を下り、函館バスに乗って、五稜郭へ行きました。(JR五稜郭駅からもバスが出ています)

 

 

 

関連記事

→→【函館観光】 函館駅から歩いて、函館朝市、はこだて明治館、金森赤レンガ倉庫を散策・・・前回の記事。

→→【函館山の夜景】の記事はこちら・・・前々回の記事です。日本三大夜景の一つ。

交通アクセス

私達は函館駅から、朝市や金森赤レンガ倉庫などを経由し、元町公園まで2km歩きましたが、函館駅から八幡坂などに行く場合、函館駅前駅から函館市電車に乗り、末広町で下車です。

車で行く場合、元町観光駐車場が近いです。1時間まで200円、30分毎100円加算。

料金

函館ハリストス正教会は大人200円。

函館市旧イギリス領事館と、旧函館区公会堂は大人300円。この二館に、函館市北方民族資料館・函館市文学館がついた「四館セット券」は大人500円でお得です。

近くの宿泊施設

フォーポイントバイシェラトン函館。函館駅出てすぐ。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-北海道旅行記

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【モエレ沼公園】 入場無料。世界的な芸術家イサム・ノグチ氏が、ゴミ処理場跡地を美しい公園に変えた!

前回の続きで、五泊六日北海道旅行 四日目の紹介です。 午前中に小樽観光を終え、車で一時間ほど離れた札幌へ移動しました。 前回の札幌旅行(サッポロビール園など)が結婚前だったので、11年ぶりの札幌でした …

【十勝岳展望台】 白金温泉から車で10分、青い池からは車で15分。雄大な景色を楽しめます!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 六日目の紹介です。 北海道の旅行最終日! 朝一で白ひげの滝を見た後は、車で10分ほど離れた十勝岳展望台(とかちだけてんぼうだい)へ行きました。 目次1 旅行記1. …

【青い池】 火山災害対策で偶然できた池が、美瑛町を代表する観光地になった。訪れるなら朝がオススメ!

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 五日目の行程の紹介です。 午後から美瑛町を観光し、【ぜるぶの丘・亜斗夢の丘】、【ケンとメリーの木、北西の丘展望公園】の次は「青い池」に行きました。 目次1 旅行記 …

【川村カ子トアイヌ記念館】 日本最古のアイヌ博物館です。大自然と共に生きるアイヌの教え

前回からの続きで、五泊六日北海道旅行 五日目の行程の紹介です。 朝から【神居古潭(かむいこたん)】、【雪の美術館】とまわり、午後は同じく旭川市内にある「川村カ子ト(かわむら かねと)アイヌ記念館」へ行 …

【金毘羅火口災害遺構散策② 桜ヶ丘団地】 2000年4月1日の金毘羅山噴火による熱泥流の威力がわかる災害遺構

前回の続きで、北海道五泊六日旅行・2日目の紹介です。 2000年4月1日に噴火した金毘羅山の噴火遺構の一つで、熱泥流に襲われた【安らぎの家】の次は、桜ヶ丘団地の紹介です。 目次1 旅行記1.1 関連記 …