【日本平】 お茶つみができる、富士山ビュースポット

前回の続きで、二泊三日の静岡県旅行の紹介です。

三保の松原と、御穂神社を見た後、そのまま車を走らせて日本平に向かいました。

18分、8.3kmのドライブです。

旅行記

日本平(にほんだいら)は、富士山ビュースポットです。

私達が訪れた時はよく晴れていたのですが、富士山に雲がかかったり、とれたり・・・の繰り返しで、てっぺんだけちょろっと見えました。

 

 

・・・わかりますか、富士山。

 

 

ここです。

 

ちょっと雲が横に流れてくれていたら、もう少しいい写真を撮れたんですが、こればっかりは仕方がないですねー。

 

日本平は土産物売り場のほかに、日本平山頂展望台と、日本平ロープウェイで行く久能山東照宮(ロープウェイ料金は往復1000円)があります。

 

 

久能山東照宮は、最初の東照宮とも言われ、徳川家康が亡くなった後、御遺体が埋葬されたところです。

一周忌が済んだ後、遺体は日光東照宮に移されたとも、久能山東照宮のままとも言われており、どちらにあるのかハッキリしたことはわからないそうです。

 

 

私達はこの後、掛川まで行く予定があったので、日本平では景色を楽しんで、お土産を買って、終わりにしました。

日本平は、4月から10月まで茶摘体験ができるんですね。

11月に訪れたので、また次の機会に茶摘を楽しみたいと思います。

 

 


 

 

お茶摘ができるのは、日本平パークセンターから徒歩10分ほどにある、日本平お茶会館で、茶摘一回500円。

お土産は静岡らしく、お茶とサクラエビが多いです。

手作りの石鹸も有名だそうですよ。(アトピーに良いそうです)

 

 

富士山がちょっとだけ見えて良かった。

今度は茶摘に行くからね、ありがとう日本平。

 

 

 

 

次は、高速道路に乗って掛川花鳥園へ向かいます。次が、静岡旅行の最後です!

 

関連記事

→→富士サファリパークの記事はこちら・・・旅の始まりの記事。

→→【三保の松原】の記事はこちら・・・前回の記事。

交通アクセス

今回はレンタカーで行ったのでスイスイ観光できたのですが、公共交通機関で三保の松原から日本平へ行く場合、ちょっと不便です。

まず三保の松原から日本平へ行くバスはありませんので、一度、三保松原入り口からバスに乗ってJR清水駅へ戻ります。(片道360円。一時間に4本から5本バスが出ます)

JR清水駅に着いたら、電車に乗って静岡駅へ向かいます(12分240円)。

静岡駅へついたら、バス停へ向かい、しずてつジャストラインバス「日本平ロープウェイ行き」に乗り、終点「日本平ロープウェイ」で下車です(580円)。

(公共交通機関で行く場合、とても手間がかかるので注意してください)

車で行く場合、無料駐車場があります。

近くの宿泊施設

日本平ホテル。静岡駅、東静岡駅からシャトルバスが出ています。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。