チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

兵庫県旅行記

【あわじ花さじき】 駐車場・入場料が無料の、高原のお花畑

投稿日:2017年11月9日 更新日:

前回の続きです。
国生み神話のおのころ島伝承の一つ【絵島(えしま)】と、南隣にある【大和島】を見た後、あわじ花さじきへ行きました。

旅行記

【絵島(えしま)】からあわじ花さじきへと向かう途中、淡路島公園への駐車待ちをしている長~~~い車列を見ました。

 

私「え、なんでこんなに待ってるの? 淡路島公園って人気なのかな? 看板のニンゲンノモリって何?」
息子「道の駅あわじで見たんだけど、クレヨンしんちゃんのテーマパークがあるみたいだよ」
夫「ニンゲンノモリじゃなくて、ニジゲンノモリじゃないのか?」
私「ニンゲンノモリって書いてたよ」
息子「うん、ニンゲンノモリって書いてた」

と、車内でしゃべったのですが、夫が正解で「ニジゲンノモリ」でした (^_^;)

 

下調べ不足でそのまま通り過ぎたのですが、このニジゲンノモリとは、淡路島公園の中に、今年(2017年)の7月15日にオープンしたばかりの施設で、クレヨンしんちゃんのテーマパークと、手塚治虫さんの火の鳥の世界観で遊ぶナイトウォークがあるようです。

 

手塚さん! 火の鳥!

 

テ・ヅ・カ!  テ・ヅ・カ!! ♪

└(o゚∀゚o)┘ ♪

 

手塚治虫さんのお墓参りに行くくらい熱烈な手塚ファンの私としては、行きたかったです~~~!!!

 

 

私は手塚さん狙いだけれども、息子は確実にクレヨンしんちゃんなんだろうなぁ。

 

クレヨンしんちゃんは一人2400円(2つのアトラクション代)で遊べるようで、火の鳥ナイトウォークは大人3300円、子供1200円のチケット料金がかかるようです。
・・・けっこう高いな。

ニジゲンノモリ公式HPはこちら

 


 

ニンゲンノモリなのかニジゲンノモリなのかブツブツ言いながら車を進めまして、あわじ花さじきに到着。

 

 

駐車場無料、入場料無料です。

 

 

 

高原の花畑で、見晴らしがとても良かったですが、急に雲が出てきて肌寒く・・・。
絵島はガンガンに晴れてたのになぁ。

 

 

 

 

コスモスが見ごろ♪

 

 

 

こちらはブルーサルビア。

 

 

丘の下の方に何かの動物を発見。

 

 

 

馬かと思ったのですが、近寄ってみたら牛でした。

近くに誰もいなかったので、
「ンモォォォォ~~~~」
と鳴きマネをしてみたけれども、牛は無反応で、代わりに鳥が飛び立ちました。(・・・なぜ?)

 


 

 

牛とは反対側の丘を下った方が、コスモスが満開だったのですが、突然雨がパラパラと降ってきたので、売店へ急ぐことに。

 

 

 

ポツポツパラパラパラ・・・な小雨がけっこうな本降りになり、大急ぎでお花の階段を駆け上がる。

狭い売店は雨宿りのお客さん達でギュウギュウ。

 

 

ギュウギュウ(牛牛)。


「ンモォォォ~~~、狭いっ」

 

窮屈だし雨宿りの時間がもったいないと判断したので、一人車へ戻り、売店で雨宿りする家族を拾って次の目的地へ出発。
けっこう本降りだった雨はますます酷くなり、ワイパーを高速にしなくちゃならないほどでしたが、車を走らせて5分ほどで止みました。

「残念だったねぇ。もう少しお花見たかったねぇ」
と、夫。

 

あわじ花さじきの後は、明石海峡公園で遊ぼうかなぁと思っていたのですが、お天気が怪しかったので、雨天でも大丈夫な「野島断層保存館 北淡震災記念公園」へ行くことにしました。

 

あわじ花さじきからは車で12分。

 

1995年(平成7年)1月17日に起こった「兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)」で現れた、地震断層のずれをありのままに保存しているところです。

 

 

 

 

関連記事

→→【絵島(えしま)】 淡路島の北東にある小島で、日本最初の国土「オノコロ島」伝承地の一つ

→→【大和島】 オノコロ島伝承の、絵島のすぐ南にあります

→→【明石海峡大橋】 本州と淡路島を結ぶ、世界最長のつり橋。道の駅あわじに寄る

交通アクセス

前回の絵島、大和島からタクシーで15分ほど。
バスで行く場合、淡路交通でお調べください。
車で行く場合、駐車場は無料です。

料金について

無料。

近くの宿泊施設

ウェスティンホテル淡路。明石海峡公園のすぐ近く。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-兵庫県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【須磨海浜水族館】 ダイオウイカのするめと、なんだか怪しいカッパのミイラ

今日、スーパーでするめを見て、 「あ、そういえば須磨水族館で、ダイオウイカのスルメを見たなぁ~」 と思い出しました。 そこで、兵庫県の須磨海浜水族館を取り上げたいと思います。 目次1 旅行記1.1 関 …

【おのころ島神社】 夫婦神が国生みをした「日本発祥の地」と言われる丘にある

前回の続きで、淡路島旅行記です。 一日目の最後は、イザナギノミコト終焉の地と言われる伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)で、翌日は南あわじ市の「自凝島(おのころしま)神社」へお参りに行きました。 目次1 参 …

【阪急宝塚駅→→宝塚大劇場→→手塚治虫記念館への道】 ワクワクするよ~、この道は!

前回、「漫画の神様 手塚治虫ファンである理由」の記事を書いたので、今日はその続きです。 宝塚市の「手塚治虫記念館」を取り上げたいのですが、近くに「宝塚大劇場」があり、通りがとても楽しいので、ちょっと書 …

【宝塚市立 手塚治虫記念館】 手塚ファンの聖地!! 学生の頃に書いた絵が上手過ぎ!

前回、宝塚大劇場前の道のことを取り上げ、今回は手塚治虫記念館です。 宝塚大劇場と、手塚治虫記念館は、徒歩3分くらいしか離れていません。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 …

【大和島】 オノコロ島伝承の、絵島のすぐ南にあります

前回の続きです。 イザナギノミコトとイザナミノミコトが、天の沼矛(ぬぼこ)を海に差し入れ、「こをろこをろ」とかき混ぜて矛を上げたら、滴り落ちた潮が積もり重なって島となったとされる「オノコロ島」伝承地の …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ