【明石海峡大橋】 本州と淡路島を結ぶ、世界最長のつり橋。道の駅あわじに寄る

前回からの続きで、一泊二日の淡路島旅行記です。

教科書にも載っている【五色塚古墳】を見た後、明石海峡大橋を渡って淡路島へ行きました。

旅行記

本州と淡路島を結ぶ、世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」。

開通した年に渡ったものの、もう記憶がだいぶ薄れているので、「あれー? こんなに大きかったっけ?」とびっくりしました。

景色を楽しみたい人は、左車線を走りましょう!

 

 

私は運転席でひたすら前を向いていたので、「海がきれいだね~」とはしゃぐ息子と夫がうらやましかったぁぁ~!

明石海峡大橋の普通車の通行料金は2370円ですが、ETCなら割引が効いて900円とお得です♪
カーナビに2370円と表示されたときは、「えーっ、そんなに高いのー!?」と驚きましたが、ETC様様です。
私たちのようにマイカーを持っていない人も、ぜひETCカードを持ちましょう!

 

淡路島側へ渡ると左手側に観覧車が見えますが、道の駅ではなく淡路SAで、目的地の「道の駅あわじ」は、SAから車で7分ほど走ったところにあります。前回の五色塚古墳から、道の駅あわじまでは車で35分くらいです。

 

 

 

「道の駅あわじ」は、明石海峡大橋の足元にあるのです♪

 

 

 

 

こんなふうに、良い記念写真が撮れるのでオススメ!

建設当初は全長3,910 m、中央支間1,990 mだったのですが、1995年の阪神・淡路大震災による地盤のずれで、全長が1 m伸びたそうです。

 


 

重石として使われた巨大な鋼製シンカーや、

 

 

 

 

明石海峡大橋のメインケーブルの断面を模写して作られたベンチなどがあります。

 

 

 

ベンチの説明。
地球七周半分ってすごいですねぇ。

 

 

 

 

道の駅と言えば、お土産とグルメ。

開通年に父に連れてきてもらったときに、竹ちくわとタコ飯を食べたのですが・・・、どこで食べたのかなぁ。
道の駅あわじじゃなかったのかもしれない・・・。

海鮮丼がお手頃価格で美味しそうだったのですが、ホテルの朝食ブッフェで満腹だったため、何も食べずにお土産を買いました。

 

 

 

淡路島の名物はいろいろあるのですが、中でも「玉ねぎ」が有名です。
糖度9.6だったかな? 2kgで500円でした。

 

 

 

一泊二日の淡路島旅行で買った土産物。

道の駅あわじだけでなく、いろんなところで少しずつ買いましたが、鳴門ワカメ、たまねぎ、鳴門金時、レモン、タコ飯あたりを押さえておけば、十分かと思います。

ワカメは珍しい「灰わかめ」を買ってみました。

ワカメの保存と言えば、乾燥か塩蔵ですが、灰をまぶしたワカメって初めて見たなぁ。

 

追記・・・水洗いしたら、水が墨汁みたいに真っ黒になりました! 塩蔵の方が洗う手間が少ないかも。灰ワカメの先っちょを水に浸したら、ワカメペンとして使えます(笑)。

 

 

無料休憩所の壁には、方言の紹介がありました。

 

 

 

ボンジョルデー。

方言って楽しいですねぇ♪

「19年前に竹ちくわを食べたのってどこだったっけ???」

わからないまま再び車に乗り込み、絵島に向かいました。

 

古事記に出てくる国生み神話で、日本最初の国土「オノコロ島」伝承地の一つとされているところだそうです。

 

 

関連記事

→→五色塚古墳の記事はこちら・・・兵庫県最大の前方後円墳でパワースポット。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。