室内に虫がいる時の対処。マルカメムシやクモなど、虫を外へ逃がす方法。

  • 2015年11月13日
  • 2018年9月27日
  • 雑記

先ほどの記事では、相手がハチだったので殺虫剤を使いましたが、危険じゃない虫のほうが圧倒的に多いです。

 

室内でよく見かける虫と言えば、蜘蛛ですね。

見た目がちょっとアレなんで、苦手な方は多いんじゃないかと思います。

私はアレを見ると、ロボットコンテストを思い出します。

なんか、ロボットみたいじゃないですか、蜘蛛って。

 


 

危険じゃない昆虫は、殺虫剤で殺さないで、できるだけ逃がしてあげましょう。

家の中では不快害虫でも、お外に出れば立派な益虫なのです。

蜘蛛は蚊やハエを食べてくれます。

大きなアシダカグモは、ゴキブリを食べてくれます。

 

また、虫は鳥のえさであったり、花粉を媒介したり・・・・と、人間の好き嫌いで殺生してはいけないものだと思います。

 

でも、コワイですよね、虫。

 

我が家の虫捕獲手順を紹介したいと思います。

必要なものは、たったの二つ。
①ガチャガチャカプセルの片側
②四つ折にしたチラシ紙
これだけです。

 

現在手元に手ごろな虫がおりませんので、昆虫役はガチャガチャで出てきたサワガニ君にしてもらいます。

IMG_6244.jpg

IMG_6252.jpg

IMG_6253.jpg

IMG_6254.jpg

IMG_6255.jpg

IMG_6256.jpg

IMG_6257.jpg

 

 

簡単でしょ?

 

達者で暮らせよ~。

 

 

関連記事

→→虫っておもしろいのね。モンシロチョウと寄生蜂の関係、巧妙なアリの社会