【名古屋城】 日本三名城。徳川御三家の一つで、金鯱がスゴイ。木造に建て替えるため入城停止中。

今日は、愛知県名古屋市の「名古屋城(なごやじょう)」を紹介します。

旅行記

名古屋城は、国の特別史跡に指定されており、「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」の異名を持つお城で、日本100名城に選定されています。

1609年に、織田信長誕生の城とされる今川氏築城の那古野城(なごやじょう)の跡周辺に、徳川家康が築城。

以降、徳川御三家(水戸、尾張、紀州)の一つとして、尾張徳川家17代の居城となりました。

 

 

 

私達が名古屋城を訪れたのは2016年の冬でした。

名古屋城の美しい外観。

ちなみに、名古屋観光には「メーグル」という観光ルートバスがオススメで、1デイチケットを持っている人は入場料が100円引きになります。

→メーグルの特典はこちらでご覧ください

 

 

お堀。

 

本丸エリアに飾られていた金の鯱(しゃちほこ)。

1959年(昭和34)に復元されたもので、北側に雄、南側に雌。

雄は高さ2.621m、重量1,272㎏で、雌は高さ2.579m、重量1,215㎏なのだそうです。

体を覆う金のウロコは、なんと18金製!

 

金の鯱が美しい名古屋城。

大阪城、【熊本城】とともに「日本三名城」に数えられています。

 

 

名古屋城は戦争で焼け落ちてしまい、その後鉄筋コンクリートで再建されたのですが、2018年から「木造での再建」のため、城内は立ち入り禁止になっています。

 

私達が訪れたのは2016年だったので、中に入れたのですが、ほとんどが撮影禁止エリアであったため、ほとんど写真を撮れませんでした。

この写真は城内にあった撮影OKコーナーの、石膏模型の金鯱。

天守閣5階には、座って記念写真を撮れる金鯱があり、行列が出来ていました。

 

 

戦時中の名古屋城。

名古屋城は1612年(江戸時代)に建てられましたが、昭和20年(1945年)に空襲で焼け落ちてしまいました。

(同じく徳川御三家の【和歌山城】と水戸城も空襲で焼け落ちた。和歌山城と名古屋城は鉄筋コンクリートで再建されましたが、水戸城は再建されていない。戦争って本当に嫌なものですね)

 

空襲で炎上する名古屋城天守の写真。

 

空襲で炎上する前の、初代の金鯱。

慶長大判にして1940枚の金が使われており、今の感覚なら10~20億円もするのだそうです。

・・・といっても、後に藩の財政難で三回も金の純度を下げて作り直したため、ピカピカではなくなり、うろこが半分以下にまで薄くなったため、カモフラージュ&盗難防止のため、写真のように金網を張っていたのだそうです。

「鳥がついばむと形がゆがむ」というから、けっこう薄くなってしまったのですね。金網上部のトゲトゲは鳥よけなのだそうです。

初代の金鯱は、徳川の金鯱の中では最も長く現存した大変貴重なものであったそうですよ。(明治以降四回も盗難の危機にあった!)

 

天守閣から見た眺め。

 

 

次は、復元途中の本丸御殿(尾張藩主の住まい)へ。

2018年から一般公開が開始されたそうですが、私達が訪れた2016年はまだ復元途中であったため、一部分だけ見学することができました。

 

尾張藩主(尾張城の殿様)が住んでいた本丸御殿も、天守閣と同様、昭和20年の空襲で焼けてしまったのだそうです。

2009年から復元に着手し、写真のような見事な仕上がりです。

職人さんって、すごいですねぇ・・・。

 

 

名古屋城に来たら、ぜひ楽しんでほしいのが、「名古屋おもてなし武将隊」。

 

左から、加藤清正(かとうきよまさ)、豊臣秀吉、前田慶次郎。

とても素晴らしいショーでした!

最後に加藤清正役の方と一緒に記念写真を撮ってもらい、すごく良い思い出になりました!

加藤清正は、【熊本城】の記事でも紹介しましたが、秀吉とは母方の親戚関係にある武将で、後に熊本藩主となり、熊本城や名古屋城、江戸城などを手掛けた築城の名手です。

 

清正公石ひきの像。

 

息子の後ろにある巨大な石は「清正石」と言われており、名古屋城で最大の石垣石材。

 

 

名古屋城の木造再建がいつ頃終わるのかわかりませんが、新しい姿を見せてくれる日が楽しみですね。

 

次は、名古屋城からほど近いところにある日本庭園「徳川園」を紹介します。

次の記事はこちら

前回と同じく名古屋市の旅行記です。 今日は徳川園を紹介します。 旅行記 徳川園の起こりは元禄8年(1695年)に、尾張藩二代藩主光友がここに移り住んだことから始まります。 明治期は尾張徳川家の邸宅となり、昭和6年に尾張徳川家[…]

関連記事

→→【名古屋港 南極観測船ふじ】 超大陸ゴンドワナと、謎に満ちた南極大陸

→→【名古屋港水族館】 公開シャチトレーニングがある。ホラーな展示にビビった

→→【トヨタ産業技術記念館】 テクノランドと体験コーナー。豊田佐吉、豊田喜一郎親子の物語

→→【熊本城】 2016年の熊本地震で甚大な被害! 2021年4月に天守閣の復旧工事が無事完了!・・・熊本藩主加藤清正が築いた城。

→→【和歌山城】徳川御三家の一つ紀州徳川家。8代将軍徳川吉宗と、忍者集団お庭番・・・紀州御三家の一つ。

→→大阪城・・・また今度書きます。清正の主君である秀吉の居城でした。

→→【旧・江戸城本丸跡(皇居東御苑・江戸城天守跡)】 265年間も続いた江戸幕府の中心地。江戸は結界で守られていた・・・江戸城は、皇居の隣。焼失したため建物は残っていません。

交通アクセス

名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分。

または、なごや観光ルートバス「メーグル」「名古屋城」 下車すぐ。

料金

大人500円、中学生以下無料。

午前9時~午後4時30分(本丸御殿への入場は午後4時まで)

お得で便利な、旅の予約サイト