チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

東京都レジャー

【旧台徳院霊廟惣門】 プリンス芝公園にある。東京タワーが綺麗に見えます

投稿日:2016年11月23日 更新日:

東京タワー周辺を取り上げてきましたが、今回で最後です。

散策記

旧台徳院霊廟惣門は、前回の丸山古墳から、北東に位置しています。

 

 

旧台徳院霊廟惣門。重要文化財。

台徳院霊廟の入口でした。建設当時は現在よりも西よりにあったそうです。
台徳院とは、第2代将軍徳川秀忠のことで、死後1年後に竣工したそうです。

 

立派な霊廟は戦災で焼けてしまいましたが、惣門は焼けずに残りました。

勅額門、丁子門、御成門の3棟も焼けずに残ったのですが、1960年に埼玉県所沢市上山口のユネスコ村(現在は狭山山不動寺)に移築されているそうです。

失われた台徳院霊廟は見ることができませんが、10分の1スケールの精巧な模型は、増上寺の宝物展示室にありますので増上寺の記事でご覧ください。(中は写真撮影禁止)

 

 

 

仁王様が立っています。



この像はもともと埼玉県川口市の西福寺にあったもので、1948年に浅草寺に譲渡され、さらに1958年頃に現在の惣門に移されたものだそうです。

 

 

こちらは裏側から見たところ。

 

 


 

惣門は、ザ・プリンス パークタワー東京の敷地にあり、門を進むとプリンス芝公園があります。

 

 

途中右手側に水路跡。

 

 

11月末なのに、プリンス芝公園では薔薇が咲いていました。

円形の芝生だけ立ち入り可能になっていて、レジャーシートを広げてお弁当を食べたり、写真撮影をしたり、子供がボール遊びをしていたり、思い思いの楽しみ方をしていました。
春は桜が綺麗だそうです。

 

 

 

 

プリンス芝公園から見た東京タワー。

→→東京タワーの記事はこちら・・・階段で上がってみた。

→→東京タワー水族館の記事はこちら・・・東京タワー一階にあります。

 

 

やっぱり公園があるのは良いですね。

空が広く見えるので、真っ赤な東京タワーが映えます。

時間がなかったので行きませんでしたが、近くには芝東照宮もありますので、東京タワー、増上寺と共に見て回ってはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

→→東京タワーの記事はこちら

→→増上寺の記事はこちら

近くの宿泊施設

ザ・プリンス パークタワー東京。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-東京都レジャー
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【明治神宮、清正井、宝物殿】 初詣客日本一の御宮で明治天皇を祀る。教育勅語の現代語訳を掲載

今日取り上げるのは、明治神宮です。 東京大神宮、靖国神社、日枝神社、大国魂神社と共に、東京五社のうちの一つです。 私達が訪れたのは、3月21日(三連休最終日)で、明治神宮と清正井・宝物殿・宝物展示室→ …

【府中の森芸術劇場】  乳幼児連れ親子の無料コンサートがある。府中の森公園は紅葉がキレイ

府中市にある「府中の森芸術劇場」で、無料コンサートがあるとのことで、行ってきました。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金4 お得で便利な、旅の予約サイト 見学記 府中の森芸術劇場は …

【よみうりランド遊園地】 バンデッドがオススメ! 関東で唯一立ち乗りコースターに乗れる。夏はプールWAIも楽しめます

さきほど、キドキド(KID-KID)よみうりランド店について書いたので、次はよみうりランドを取り上げます。 2016年3月18日から、日本最大ものづくりが体験できる施設「グッジョバ!!」が追加されまし …

【神代植物公園の、水生植物園(無料)】 ハス、菖蒲、アシ原が見所

深大寺観光の続きです。 【深大寺】お参り後、おそばを食べた私達は、道路を挟んだ隣にある神代植物公園 水生植物園へ行きました。 お寺は「深大(じんだい)」ですが、植物公園は「神代(じんだい)」です。 神 …

【水木しげる ゲゲゲギャラリー】 調布市文化会館たづくり一階。調布市鬼太郎巡り1

前回の続きで、調布市を取り上げます。   調布市の「鬼太郎巡り」はけっこうボリュームがあるので、数回に分けて紹介していきたいと思います。 目次1 散策記1.1 関連記事2 料金3 交通アクセ …